SSまとめ速報ちゃんねる

SSまとめ速報ちゃんねる

面白いSSを毎日更新します!

轟焦凍(5)「家出する」

f:id:ureshino3406:20161121180855j:image

轟「母さんがおかしくなったのはおまえのせいだ」

轟「こんな家今すぐ出てってやる!」ダッ

エンデヴァー「焦凍!」

エンデヴァー「……馬鹿息子が」

使用人「よろしいのですか?」

エンデヴァー「放っておけ。どうせすぐに戻ってくる」

エンデヴァー「あいつは俺の子だからな」

隣人「あら坊ちゃん、一人でお出かけ?」

轟「……はい」

隣人「ひどい火傷。大変だったわね、あの母親のせいで……」

轟「母さんを悪く言うな!」

隣人「ご、ごめんね」

隣人(あんな目に遭っても母親のことを慕っているんだわ。可哀想に……)

轟(家を出たのはいいけど、どこに行こう?)

轟(……とりあえず、駅に行ってみよう)

ザワザワ…

轟(人が多いな)

子供「パパー! ママー! はやくはやく!」

轟(とくに家族連れが多い)

轟(……)
お茶子父「次の電車に乗ろう」

お茶子母「また来ような、お茶子!」

お茶子「うん!」

轟(旅行に来てたのか)

轟(最後に家族で出かけたのはいつだろう)

轟(そもそも、みんなで遊んだことなんか……)

轟(……いや、おれには関係ないことだ)

お茶子「あ!」フワフワ

お茶子「風船が浮いちゃった。かいじょ、かいじょ」ピタ

お茶子「お母さん、風船もどってこないよ?」

お茶子母「あら、手を離しちゃったんやね」

お茶子父「また買ってやるから」ヨシヨシ

お茶子「うん……」ウツムキ

轟「……」

轟(これくらいの高さならいけるな)パキパキ

お茶子「氷だ!」

轟「ちょっと待ってろ」ヨジノボリ

轟「ほらよ」スッ

お茶子「ありがとう!」

お茶子母「よかったね、お茶子!」

お茶子父「小さなヒーローだな!」

clap clap

お茶子「お礼にアメあげる!」スッ

轟「……ああ」

轟(ほめられるって、変な感じだ)
ガタンゴトン…

轟(ここで降りよう)

轟(初めて来る町だ。ここでは誰もおれのことを知らない……)

飯田「兄さん! おかえりなさい!」

轟(飯田……テレビで見たことある。確かヒーロー一家だ)

飯田兄「ただいま、天哉」ニコニコ

飯田「今日、学校では何があったんですか?」キラキラ

轟「……」

轟(おれの家とはぜんぜん違う)

轟(……別に、うらやましくなんかない)

ガタンゴトン…

勝己「無個性のデクが! 調子のんな!」ボカッ

デク「いたいよぉ」グスグス

悪ガキ「だっせー!」ケラケラ

勝己「デクなんかほっといて、遊びに行こうぜ!」

悪ガキ「さんせー!」ダッ

デク「うぅ……」イテテ

轟「立てるか?」スッ

デク「うん、大丈夫……」

轟「イヤならイヤだと言えばいいんだ。なさけないやつだな」

デク「うん……僕は弱いから」

デク「でも僕の大好きなヒーローは、苦しいときにもずっと笑っているんだ」

デク「僕もそんなヒーローになれたらなあ……」

轟(ヒーローか……)

轟「バカにされたくないなら強くなるしかない」

轟「でも、そんなに甘いもんじゃないぞ」

轟「死ぬほどつらい目に遭うかもしれないんだ」
轟「なのに……」

轟「それなのに! お前は、おれは、なんで……」

デク「……」

デク「どうして、泣いてるの?」

轟「え……?」

轟「ちがう」ゴシゴシ

デク「でも……」

轟「泣いてなんかない!」ダッ

デク「うん……?」

ガタンゴトン…

轟(寒くなってきたな)

ポツポツ ザーザー

轟(急に降り出した! どこかで雨宿りしよう)

上鳴「うぇーい! 雨だ雨だー!!」

轟(バカなやつ)

ピカッ ゴロゴロ

轟「危ないぞ。カミナリが鳴ってる」

上鳴「え、何でオレの名前知ってるんだ?」

轟「え?」

ドーン

上鳴「うわあああああ!!!!」ビリビリ

上鳴「」ドサッ

轟「おい! 大丈夫か!?」

上鳴「なーんてね!」ムクッ

轟「!?」

上鳴「電気……効かない体質なんだよね、オレ! 電気だけに!」

轟(何言ってんだこいつ)

轟「なあ、ヒザすりむいてるぞ」

上鳴「えっ!? うわホントだ! 痛ぇ!」

轟「止血しといてやる」パキパキ

上鳴「冷てっ! サンキューな」

上鳴「お礼にこれやるよ。ドッキリマンチョコのレアなやつ」

轟「いらない」

上鳴「いらなくてもやる!」

轟「……ああ」

轟(ヘンなやつ)
ガタンゴトン…

八百万(図書館で本を読んでたら遅くなってしまいましたわ)

八百万「あら?」

轟(カミナリはおさまったけど、しばらく止みそうにないな)

八百万「どうしてこんな雨の中、傘も差さずに歩いているのですか?」

轟「……傘、持ってないんだ」

八百万「それは困りましたわね。少し待ってください……」

八百万「はい、どうぞ」スッ

轟「いい。大丈夫だ」

八百万「風邪を引いてからでは遅いですわ」

轟「……分かった。ありがとう」

轟「お礼に家まで送る。一人じゃ危ないだろ」

八百万「ずいぶんと大人びた方ですこと!」

轟「おまえに言われたくない」

ガタンゴトン…

轟(風が強くなってきた)

ゴウゴウ ビュービュー

轟「ぐっ……しまった!」

轟(傘が飛ばされた……!)ダッ

轟「あ」ズルッ

轟(川の流れが速い! 水を凍らせないと……)

轟(だめだ……俺の力じゃ足りない!)

轟(流され、る……)

??「危ない!」

轟「!?」

轟「ん……」パチ

梅雨「気が付いたようね」

轟「あんたが助けてくれたのか……?」

梅雨「ええ。こう見えて泳ぎは得意なのよ」

轟「こう見えてって、どう見てもカエルだぞ」

轟「でも、ありがとう。お礼にドッキリマンチョコのレアシールをやるよ」

梅雨「いらないわ」

轟「じゃあこのアメをやる」

梅雨「ありがとう」
ガタンゴトン…

轟(すっかり暗くなってきた)

轟(寒い……)ブルブル

轟(炎を使えばあったかいかもしれない)

轟(いや、もう使わないって決めたんだ)ブンブン

轟(とりあえず、今日寝るところを探そう)

轟「へっくし!」

轟(寒くない、寒くない……)ブルブル

?「風邪ひくぞ」

轟「だれだ!!」

?「別に怪しい奴じゃない。お前も良く知ってるはずだ」

轟「おれもよく知ってる……?」

?「そんな恰好じゃ寒いだろ」ボウッ

轟「炎だ……」

?「どうかしたか?」

轟「おれ、炎は嫌いなんだ。嫌なやつが使ってるから」

?「……」

轟「でも、この炎はあったかいから好きだ」

轟「ありがとう、おかげでもう寒くない。お礼に……」

轟「ごめんな、今これしか持ってないんだ。ドッキリマンチョコのレアシール」スッ

?「ありがとな」

轟「……なあ」

?「なんだ?」

轟「また会えるかな?」

?「ああ、必ず」

?「今日はもう遅いから、早く家に帰れよ」

轟「……うん」

ガタンゴトン…

轟「……ただいま」ガチャ

エンデヴァー「遅かったな」

轟「……」

轟「おれはおまえを許さない」

エンデヴァー「それがどうした?」

轟「おまえなんかすぐに超えてやる。今に見てろ」

轟「NO.1ヒーローになるのはおれだ」

エンデヴァー「当たり前だ。そのためにお前をつくったんだからな」

轟「でも、おまえの汚い炎は使わない」

エンデヴァー「……なんだと?」

轟(あの人みたいな、あったかい炎がいつかおれにも……)
十年後 現在

轟「……」

上鳴「おっ! それドッキリマンチョコのレアなやつじゃねーか、懐かしーな」

上鳴「俺もそれ集めてたんだよなー、誰かにあげちまったけど」

上鳴「あれ、誰だったっけ……? 見たことないやつだったな」

轟「上鳴、これやるよ」

上鳴「え? いやいいって! 今更いらねーし」

轟「いらなくてもやる」

上鳴「お、おう……?」

上鳴「なんだあいつ?」

切島「お、懐かしいなそれ」

上鳴「切島もこれ集めてたのか?」

上鳴「そういやお前、ガキの頃どんな感じだったんだ?」

切島「え?」

切島「……」

切島「まあ、人生いろいろあるよな!」

上鳴「はぁ? 何だそりゃ? 余計気になるじゃねーか」

切島「絶対教えねえ!」


おしまい

jump-sokuhou.hatenadiary.com

jump-sokuhou.hatenadiary.com

jump-sokuhou.hatenadiary.com

jump-sokuhou.hatenadiary.com

jump-sokuhou.hatenadiary.com