SSまとめ速報ちゃんねる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSまとめ速報ちゃんねる

面白いSSを毎日更新します!

ベルトルト「君の願いが、叶ったよ……エレン」

おすすめ記事▼【2017年度版】ぼくがオススメする名作SS10選
2: 2013/11/12(火) 14:25:30 ID:R..1dAT2
エレン・イェーガー
彼の母親の死について、僕は知っている

僕が蹴り上げた門の破片が彼の家にぶつかり、倒壊した家は彼の母親の足を潰した
母親が逃げられなくなり――その場に巨人が現れ、その人を捕食


僕が知っている
その人の死に際の情報を纏めると、たったの二行

僕が奪った、何万分の一の命


「可哀想だと、思ったよ」

今、考えてみても
この言葉は、妥当だと思う

だって他に、どう思えばいいと言うのだろうか
3: 2013/11/12(火) 14:27:05 ID:R..1dAT2
いや、僕の感想なんていらない

僕にとって、膨大な罪の欠片でも
彼にとっては、実の母親の死だ


己の無力さを実感したエレンは、巨人への恐怖を乗り越えて
巨人に立ち向かう事を選ぶ

だから



「お前たちが苦しんで死ねるよう、努力するよ」


巨人である僕に向けられた、その言葉は
筋が通っていると思った
4: 2013/11/12(火) 14:28:32 ID:R..1dAT2
その時の事を、僕は思い出しながら地面に横たわる


戦った
僕は戦って、戦い続けた

僕は「超大型巨人」と名付けられた人類の敵に扮し、攻撃を加え
人類は抵抗し続けて、懸命に生きる為に僕を殺そうとした


結果、僕は多くの人類を葬った後に
もう指先の一本も動かしたく無い程に疲弊した体を、ぴったりと地面に添える事となったのだ


色んな箇所から蒸気が出て、僕の体の破損状態を伝える
その割には、蒸気の上がる量がひどく少ない――僕の体の疲弊状態が分かる

そんな僕の目の前に
エレンが破損したブレードを手に、辛うじて立っていた

顔から、頬から、腕から、足から
血が流れている彼は、憎しみを灯した瞳でこちらを睨んでいる



――あぁそんな憎々しげに見なくても、君の気持ちは分かっているよ

体同様に、砕かれた心で淡々と思った
5: 2013/11/12(火) 14:30:32 ID:R..1dAT2
エレンは立っている
僕は伏せている


たったそれだけで
どちらに軍配が下ったのか、わかるだろう


――僕は、死ぬのかな

霞がかった思考は、どんな展開をも受け入れてくれる
僕は今、そんな状態だ


エレンは、一方の手のブレードを杖代わりに体を支え
フラフラになりながらも……一歩一歩と、こちらの方へと体を進めてきた

ふぅ、ふぅぅ
と音を立て、吐き出される息にすら彼の感情があって

なおかつ、向けられている瞳にも殺意が籠っているので
これから僕がされる事は、容易に想像できる


――僕は、彼に惨殺される

出来るだけ惨めに
むごったらしく、バラバラに
6: 2013/11/12(火) 14:31:59 ID:R..1dAT2

――あぁ、これで終わりか

僕はもう、体の痛みすら感じない
頭の中にある血液が、流れすぎてしまったのだろう

あれ、でも巨人の体って肉体が再生するんだから
血も再生するはずなのに、なんでだろう

瞳全体は霞んで、体力も抜け落ちてしまったのに
無駄な思考はゆっくりと回転する


でも、何故か
エレンだけはしっかりと見えた

見えると言っても、足元だけだったり
ブレードの先がチラチラ見えると言う程度だったが


それでも彼の存在だけは、揺れる脳みその中で認識できていた

ざりっと地面を踏みしめる音が、目の前でする
僕の視界の中に、彼の足が揃った

現実味の無い風景は、まるで気が抜けた風景を見る様に無感動だったが


そんな僕が、現実に引き戻される瞬間がついにやってくる
7: 2013/11/12(火) 14:34:14 ID:R..1dAT2
頭の天辺を掴まれ、無造作に持ち上げられた髪の毛
僕の全体重が掛かり、頭皮が痛い


「……ぐっ」

体重が掛かり、頭が痛いのに
体重を軽減させる為、筋肉を動かそうとしているのに

僕の体は自分の意思でピクリとも動かせなかった


そんな僕の前で、エレンは僕に向けて声を放つ


「よぉ、散々皆を殺してくれたな――裏切り者」

僕を嘲笑する様に彼は笑う
今更だが、裏切り者と言う言葉が……僕の心に突き刺さる

そんな僕の髪の毛を持ち上げ、彼は自分の顔の前に運ぶと
ゆっくりと、その唇を動かし始めた


まるで、昔見た猿の人形の様だ
両手を動かして、ネジが回る限り狂った様にシンバルを叩く――あの人形

何故か、そう思った
8: 2013/11/12(火) 14:35:39 ID:R..1dAT2
なぁ、知っているかベルトルト

お前がさっき、最後の抵抗で手を払ったよな

そこにはさ、サシャが居たんだよ――分かるよな、お前が全員薙ぎ払った隊列だ

その時お前の足元にはさ、アルミンも居たんだぜ?

これはまだ、望みはあるけれどさ

だが見渡す限り……生きている人間が見えないんだよ、どう言う事なんだろうなこれは

あとな、三日前の巨人の攻撃

あれは効いたらしい、ジャンとコニーの班が行方不明さ

そして、なぁ……お前

ついさっき、噛み締めた物が何か知っているか?

…………ミカサだよ

すげえなおまえ、主席を倒しやがった、ははは


乾いた様に、壊れたように
回る笑い声

でも僕は、ソレに応える事は出来ない
9: 2013/11/12(火) 14:36:47 ID:R..1dAT2
体も動かないし、心もゆるゆると死んでいくのが分かる


――もうすぐ聞こえなくなる

そう思っていた

でもその一歩手前で
僕の体が、大分修復されていると……唐突に感じる

死ぬと思っていたけれど
もしかして生きられるギリギリのラインだったのか?


どうやら様々な感情によって、高揚した心の所為で
目測が狂っていたらしい


――生きられる、の?


降ってわいたその希望は、恐怖しか与えなかった


僕はもう、諦めたい
この命を惜しむ時間もないまま、諦めたいのに

そんな事を知ってか知らずか、エレンはもう一度笑い声をあげた
10: 2013/11/12(火) 14:37:35 ID:R..1dAT2
アニはまだ水晶の中、ライナーも遠くへ追っ払ってまだ戻ってこない

お前……信用していたか、仲間を

必ず戻ってくるから持ちこたえろよ、とか言ったのか?

それともライナーは、何があってもお前の所に駆けつけるとかでも言ったか?

きめぇ、きめぇよお前ら

何で友情なんか持ってんだよ、巨人は巨人らしくさぁ

知性なんて持たずに野を徘徊するのがお勧めだ

お前らはでっけぇ害虫だ、人間に楯突くだけが取り柄の――ただの癌細胞でしかない

そんなお前に、信用する家族がいると思うのか?仲間が得られると思うのか?

ざーんねんでしたぁ!今ここには誰もいませーん、あはははは
11: 2013/11/12(火) 14:40:21 ID:R..1dAT2
まるで演劇でも演じている様に、彼が両手を広げたので
掴まれたままの髪の毛が、ぐりんと横に移動した

その所為で
僕の体制はうつ伏せだった姿勢から、仰向けへと変わる

たった今まで、血のしみこんだ地面しか見えていなかったのに
今度は空が見えた

地面は黒いし、鉄くさいし
所々が赤黒く、汚い物だったのに



目の前に広がったのは
青々と輝いた、空



青く、ひたすらに青く

しみの一つすらもない
綺麗な青空
12: 2013/11/12(火) 14:41:17 ID:R..1dAT2
雲は一つもなく
その下で戦争を行っていた様には、まるで見えない綺麗な青空

こんなに人が死んだのに、こんな綺麗な空が広がっているだなんて
いささか信じられない


――あぁ綺麗だ、綺麗だ

見えた、視界に余計な物が入っていない青空に心奪われる



僕の心が、少しだけ生きる力を取り戻した
取り戻して、しまった



本当に、この世界は皮肉がお好きらしい

戦争を仕掛けた奴に
こんな綺麗な物を見せて、悲しくさせるなんて
13: 2013/11/12(火) 14:43:47 ID:R..1dAT2
サシャ
この空の上に、もう君はいるのかな

ねぇミカサ
君はまだ昇らずに、エレンの傍にいるのかい?

僕がついさっき、殺してしまった君達は


僕の視界に、黒髪と歪んだ瞳が入り込んでくる
底なし沼の様な、絶望の様な……訓練兵時代に人を前向きにさせていた、あの綺麗な瞳ではない

僕が壊した
僕が歪めた瞳


彼の目が、爬虫類の様にギョロギョロと
僕の顔や体……いや

喉元やうなじ、心臓があるだろう胸の奥
大切な臓器がるだろう腹部を、値踏みする様に見る



その顔が、ニタァと歪んだ
14: 2013/11/12(火) 14:47:02 ID:R..1dAT2
あぁ、何処を掻っ捌くか決めたのか
彼が前に言っていた言葉を、思い出す



――お前たちが苦しんで死ねるよう、努力するよ


そして過去に、刃物が体の中を勢いよく通り抜けた時の事も思い出た

あれはエレンを連れて行こうと、行動した瞬間だったな
ミカサによって、首の三分の一を切断されたのは


あの時は……

…………あぁ、だめだ


あの時の痛みを、思い浮かべてしまった

生き残れるのではと言う望みが、辛うじて得られる辺りまで再生していた僕の体は
未だに再生を続けている


もう、生き残れると思える範囲にまで
15: 2013/11/12(火) 14:48:50 ID:R..1dAT2
生きれるんだ
僕は生きられるんだよ、エレン

その僕を殺すの?

何処を切られて殺されるの?
それは痛い事なのに、それを他人にするの?

苦しむ様に、内臓を少しづつ破損させていくのかい
それとも顔の皮膚でもすこしづつ削ぎ落としていくつもり


あぁ、怖い怖い怖い怖い
怖いよエレン

体が回復してきた事で、僕の瞳にも光が戻ってきた事だろう
僕の恐怖や絶望を感じ取ったのか

エレンが笑った



「殺されてくれるよなベルトルト、俺たち敵なんだから」

敵同士は、殺しあう物だから



「お前は俺の、仇なんだから」
16: 2013/11/12(火) 14:49:32 ID:R..1dAT2
僕は殺した、たくさんの人を
ぼくはころしました、かれのははおやを

ぼくは
ぼくは、たにんのいしにそうしか、のうがない

だから、すこしでも
かれに、いいことを、してあげたい





「もう……ぼくには、つぐなう、みちしかのこってない……だろう」



声を発する度に、歯がカタカタと鳴る
無くなった歯の間から、息が変な方向に漏れた

せっかく再生したのに、震えるしか能がないなんて
僕の体って、本当に無能だ
17: 2013/11/12(火) 14:50:55 ID:R..1dAT2

「その言葉を聞けて、安心したよ」

そう言うと、彼は優先的に再生させたその腕を振り上げて
僕へと振り下ろした



僕の、足に向けて


まず、骨の辺りまで一気に刃が進む
それが一瞬何かにぶつかった感触がすると、勢いに任せて骨や筋肉を薙ぎ払った

“勢い”が体外に飛び出す

痛みは、最初から
刃がぷつりと、肌を破壊した瞬間から感じた


でも声が出たのは、すべてが終わってから

血が流れ、神経が外気に触れ
鈍痛と鋭痛が同時に押し寄せてきて、ひっと息を飲んだその後
18: 2013/11/12(火) 14:53:24 ID:R..1dAT2

「ぎゃああああああああ!!」

僕は絶叫した、口を大きく開けて
息が体中からなくなる程

開けた口の端が、伸びすぎの所為かぷつりと切れた



「あああああああ、がああああああ!!」

でも声は止まらない


痛い、痛い痛い痛い痛いよ、助けて、痛い痛い

その思考だけが頭の中を占拠する
のたうち回る、と言うのがまさにそうなのだろう

僕は自由になる腕をぶんぶん振りまわして
体制を仰向けからうつ伏せへ、うつ伏せから仰向けへ

そしてもう一度、うつ伏せになり
次いで地面を掴む様に、指を突き立てた


相変わらず、切断された足は痛い
でも声はようやく収まってきた、と思ったその傷口を……エレンはブーツで踏みつけた
19: 2013/11/12(火) 14:56:13 ID:R..1dAT2

「がああああああああ!!」





「これが俺の気持ちだ、ベルトルト」


僕の絶叫に、正気に戻ったのか
エレンは、ぽつりと声を漏らした


「受け取ってくれよ」



そのまま、エレンは踵を返して僕に背を向ける
そしてゆっくりと、歩を進めた

え、あれ、おかしい
その考えが、僕の涙に染まり切った瞳の奥にぽつりと揺れる

でも相変わらず、痛みの所為で声は漏れ続けていたけれど



なんで、足だけしか、切り落としていかないんだ
20: 2013/11/12(火) 14:57:46 ID:R..1dAT2
いたい、いたい、いたい
なんで、ぼくは、いきたい

だれか、たすけて

そばにいてえれん、たすけてよ

ぼくはいきたいんだ、たすけて
えれん

い……



「いかないで」



その声が漏れた瞬間、地鳴りが僕の体を揺らした



え、なに、これ

あぁ、そうだよね
ここは、へきがいだもんね

きょじんのひとりくらい、いるよね
21: 2013/11/12(火) 15:02:16 ID:R..1dAT2
ゆっくりと、巨人が僕の体に近づいてくる
そして美味しそうな餌を見つけた、とばかりににたぁと笑った


えれん
えれん、たすけて

きみならできる、たすけて

それでなければ、そばにいて

ぼくはいきたい

ぼくは………い、きた


声も、想いも
誰にも届く事なく空を切る



巨人が、もう近くに
あぁ、もう





――――駄目だ
22: 2013/11/12(火) 15:04:59 ID:R..1dAT2
ひっ、と喉の奥が痙攣する
恐怖する

よだれが落ちている

あぁ

餌は僕、だ



――捕食される


いやだ、いきたい、ぼくは

僕の体に、巨人の指が巻き付く
餌の事を一切考えていない力加減に、僕の体はへしゃげた


肋骨、肺、内臓
あ、そこあたり、潰れた

だって、僕の口からは、勢いよく血が出て

でも、まだ息はある
しぶといな、きょじんのからだって、やつは
23: 2013/11/12(火) 15:06:23 ID:R..1dAT2
うでが変な方向に痙攣する
痛い痛い痛い痛い


くわれる

絶望に染まった僕の顔は、まるで背中をそらせる様な形で持ち上げられたまま
その口の前に晒される


歯が、みえる
息がかかる

少しでも、楽しい事を考えるんだ
少しの間だけ辛抱しなきゃ

もうすぐだ、もうすぐ痛みが終わる
僕の命と共に、その歯に押し潰され……





パキッ



僕の命が終わる音は
まるで、少し硬いビスケットを割った様な音だった
24: 2013/11/12(火) 15:08:42 ID:R..1dAT2


………………


…………


……


25: 2013/11/12(火) 15:10:32 ID:R..1dAT2




「おーい、ベルトルト」
「ライナー、アニっ待って!」

それから


「ベルトルト、ナイフは持ったか?」
「ほら、置いて行くよ」

なんども


「もう駄目だ、これは」
「蘇生できない」

なんども


「ベルトルト」

なんども


「あぁ、死んじゃった」
26: 2013/11/12(火) 15:11:07 ID:R..1dAT2









僕は


――苦しい死を、迎える事になる
27: 2013/11/12(火) 15:16:20 ID:R..1dAT2
言霊、と言う物がある
簡単に言うと声や言葉自体に力が宿り、実現させる力


僕は、エレンの言葉によって

苦しむ死を
何度も、何度も受けてきた


転生を繰り返す度に、その言葉の効力によって

生まれる度に、苦しんで死んだ



ある日は殺人事件に巻き込まれて

ある日は身に覚えのない逆恨みで

ある日は偶発的な天災によって

ある日は難病を発症して

ある日は事故によって

ある日はある日は
28: 2013/11/12(火) 15:19:00 ID:R..1dAT2
あぁ、もう生まれるのが怖い
死ぬ時は、いつも……もう生まれません様に、なんて神様に祈るんだ

けれども、僕はどこかで
どこかの世界で、生き続けている

生まれないと、死なないからなのかな



「これで、47回目だよ」


今回の僕の人生は、幼少からの監禁生活だった

ストーカーに誘拐され、孕まさせられた母の元に僕が生まれ
狭い地下の部屋に、何日も何ヶ月も何年も

そして、僕は生まれた理由を奪われつくして
自由への飢餓を、最大限に感じさせられて死んだ


死んだ後は、僕はこの運命をたどる事となった物を思い出す
あるいは、生きている間にその記憶がある事もあった

僕は、僕は
もう、魂の死を迎えたいと言うのに
29: 2013/11/12(火) 15:20:49 ID:R..1dAT2
いったいどうすればいい

いや、方法はある
この悲運な運命を辿る呪いを、解除する方法は知っている

けれども無理だ、出来ないよ



――抗わなければ、この運命を辿るだけだと言うのに


僕は努力しようとは、どうしても思えない

無理だよエレン
君が僕を見つけたら、君は僕をきっと殺しに来る

だからこの方法を試そうだなんて思えない



――解除の方法は、エレン・イェーガーの魂に懺悔し許される事


君に許されるなんて事、僕は信じられない
30: 2013/11/12(火) 15:21:59 ID:R..1dAT2
そんな事は出来ないんだ、無理なんだ

僕は

でも、だって
弱虫で、僕は


がくん、と体が引っ張られる



――魂とは、地球をめぐる水の様だ

本人の意思とは関係なく
姿を変え、世界をめぐる


あぁ、僕は、また
嫌な運命を……



おぎゃー、おぎゃあ




「元気なお子様ですよ」
31: 2013/11/12(火) 15:24:30 ID:R..1dAT2
また死んだ
死んでしまった


あぁ、48回目の悲惨な人生
今度はヤンデレなストーカーによって、知らない因縁によって刺された

まさかのストーカー連続二案件



――家族は大丈夫かな、家族も巻き込ませてしまっていたけれど










あ、またひっぱられ……
32: 2013/11/12(火) 15:26:05 ID:R..1dAT2

(……あれ)


ふとした瞬間に、僕は思いだした
僕は辛い死を受け続けている、事実を



――でも、なんでこんな日に……いや、こんな日が何であるの?

ここは結婚式の会場だ
綺麗に着飾った花嫁さんは……僕のお嫁さん

僕は
人並みの、幸せな人生を送っていた


あぁ、でも駄目だ
言霊は絶対だ

きっと僕は、この生活を壊してしまう
僕はこの人を不幸にしてしまう

幸せにする、なんて言ったのに


「え、どうしたの」
「ごめん」
33: 2013/11/12(火) 15:27:50 ID:R..1dAT2
席を立つ、駆け抜ける
幸いにも式はまだ始まっていない、籍もまだ入れていない

僕は堅実に貯蓄もしていたので、賠償などの足しにでもして貰えるだろう


走らなきゃ、走らなきゃ
僕の酷い「死」が、僕を捕まえるまでに

それまでに





「なぁ」



走り抜けていた途中、誰かに擦れ違い
その誰かに声を掛けられた





「死にたいのか?」
34: 2013/11/12(火) 15:28:40 ID:R..1dAT2
その言葉に惹かれ、僕の足はピタリと止まる
その人をじっと見返してみると、その人もジッと僕を見つめていた


「死にたいのか?」
「そうだけど」

再度、聞かれて僕はゆっくりと返答をする


――なんで分かったのだろう、なんで理解できたのだろう

唐突に、掛けられるはずの無い言葉を掛けられた
僕の奥を、見透かした様な言葉


彼は、ゆっくりと踵を返しながら
こっちに来い、とだけ呟いた
35: 2013/11/12(火) 15:30:35 ID:R..1dAT2

――誰だろう

体格はいいけれど、普通のサラリーマンの様に見える


僕は彼を観察しながら、ゆっくりと彼の後を追った

大きめの背広をピシッと来たその人は、裏路地を進んで行く
その途中で、この沈黙の間を埋める様に話し始める


「驚いたぞ。俺は取引先に勤めている、あんたの結婚式場に向かっていた所だったんだ」

取引先、だったのか

僕は「せっかく来てくれたのに、申し訳ありません」と言おうとしたが
申し訳なくさそうな「あぁ」と間の抜けた相槌しか漏らせなかった


「でも、あなたは見た事が無かったと思うのですが」
「まぁお前と良く会っていたのは俺の親父だ、かなりよぼよぼだからな――代わりに俺が来た」

そうだったのか
と返した時だった、前を歩く彼の足がピタリと止まる

僕の足も、ピタリと止まった
36: 2013/11/12(火) 15:32:22 ID:R..1dAT2
彼は――ゆっくりと視線を下に向けて、そこに無造作に置いてあった木箱を見降ろす
僕もそちらに視線を向けると

彼は無造作に、その木箱の蓋を蹴り飛ばした
蓋は勢いよく飛んでいき、壁にぶつかって大きな音を立てる


中に、入っていたのは

ロープ、アイスピック、包丁
睡眠薬、それに――拳銃

それらが無造作に詰め込まれていた


僕の目が、大きく見開かれる
その僕にを目の前に、彼はゆっくりとその木箱の中に手を突っ込んだ

びくり、と僕の体が動く


「どれがいい、絞殺か、銃殺か?それとも手を切り落として、失血死でもするか?あぁ――その前に」

自殺と他殺、どっちがいい?

普段使わない、そんな単語が僕の前に羅列する
そんな事を言われても、急には理解が出来なかった
37: 2013/11/12(火) 15:33:53 ID:R..1dAT2

「あなたは……殺し屋か何かですか?」
「いや?俺はな――ただのしがない、自殺志願者だ」

自殺、志願者


その単語が、僕の脳裏に浮かんだ

同時に、出会ったばかりの僕に
そんな事を言う彼が、信じられないと思った

まだ、その筋の人と言われた方が信憑性がある



「俺の今回の人生はほぼ決まりだな、お前を殺して俺は捕縛される」
「え?」

貴方が、僕を殺す?


「本当は――結婚式会場に乗り込んでお前を殺し、大量殺人犯になるのもいいかと思っていたが」

運命ってのは分からないな
と呟く彼


分からないのは、君の方だよ
38: 2013/11/12(火) 15:35:53 ID:R..1dAT2

「なんで」
「少しでも幸せを感じる死が、必要なんだ」

お前には、そう言って彼は、僕にアイスピックを手渡した
そして


「お前の好きなタイミングでいい、俺の心臓はここだ。ひと思いに頼む」

胸に、そのアイスピックの先をピタリと合わせて呟いく

その位置は、彼の言うとおり
心臓があるであろう、場所で


途端、その行動の意味が分かり
僕の手がガタガタと動き出す――のに、彼の会わせた照準は全然動かさせてくれない


「な、んで」

付いて出たのは、疑問
その疑問に、彼は疑問で返す

先程と同じ質問で
39: 2013/11/12(火) 15:36:42 ID:R..1dAT2









「――お前は、死にたいか?」


彼の眼が、僕を捉えた
40: 2013/11/12(火) 15:39:08 ID:R..1dAT2
恐怖を絡め取り
行動を制限させる様な、威圧感のある瞳

その瞳で、じっと僕を見つめると
呆れた様に息を吐きだしてから、拳銃へと手を伸ばした


「お前、死のうとしていたんだろ――なんだ、今までの死でも思いだしたのか?」

なんで分かるの
声は、声にすらならなかったが……理解して貰えたらしい

彼はふっと笑うと「わかるさ」と呟いた



「相変わらずだな、ベルトルト。まだお前は自分で決断できないのか?」

そう言いながら、もう隠す必要は無い
と言う様に

満面の笑顔でこちらへと顔を向けた


あぁその顔
その表情

思いだした
41: 2013/11/12(火) 15:40:51 ID:R..1dAT2

「俺もな、一緒のくだらない輪廻を繰り返してきた。この輪廻はまだ続くだろう――そこで仮説を立ててみたんだ」

どんな運命にも、正面から取り組むその姿勢
それが弱さでもあるし、彼の強さでもある


変わらない、彼らしさを前に
僕は嬉しさを、あまりにも感じすぎて

だからこそ、悲しくなる



「一度でもいい、僅かでもいい――幸せな死を迎えようベルトルト。そうしたら俺たちは、言霊の効果では無い死を得る事になる」


そこから少しでも、運命が歪むかもしれない

だがこれは、仮定ですらない
言うならば思いつきだ



「俺は運命を変える機会を、待っていたんだ」


でも、希望があるのなら
さぁ
42: 2013/11/12(火) 15:42:52 ID:R..1dAT2

「もう一度言う、お前のタイミングで良い。俺を殺せ。俺はどんな痛みにも耐えて、お前を一撃で殺してやる」
「ラ、ぃナー」

涙で、視界が良く見えない
また手が震える


でも
そうだ

僕は一人じゃ無かった、彼もまた僕と同じ――





「あ、あぁああぁあああ!」


ぐさりと、不快な弾力が僕の手に伝わる
倒れゆく彼の顔が、ちらりと見えた――その瞳は笑っていた
43: 2013/11/12(火) 15:43:42 ID:R..1dAT2




「また……あおぅ」



ガウン!










僕の今回の人生は、ここまでだ
44: 2013/11/12(火) 15:45:02 ID:R..1dAT2
今回の人生は
僕はライナーに出会えた、と言う「一人では無かった」と言う幸せの中で死んだ

エレンの「苦しんで死ね」とは違う死だ


ねぇエレン、僕は少しだけ君の言霊から外れたよ
これから、どんな人生が待っているのかな



僕は初めて
この暗い呪いの中に、希望を見る事が出来た

49回目の人生は終わった
次の、記念すべき50回目の人生はどうだろう





ベルトルト「君の願いが、叶ったよ……エレン」【終】
45: 2013/11/12(火) 15:46:48 ID:R..1dAT2
エレンの「お前達が苦しんで死ねるように……」のくだりで思いついた
カルラさんの苦しい死に方を、味あわせる為に頑張ったエレンの話

からの、輪廻転生の業に苦しむベルトルトの話
簡潔に書いているので、おかしい部分があっても気にしないで下さい
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/12(火) 16:03:20 id:sjMUqAkI

アルミンとミカサがやられたらエレンさんは執念深そう
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/12(火) 17:03:19 id:BzsBYPVI
輪廻して苦しみ続けるってかなりきついな。
エレンにとっては憎い敵だが、報われて欲しいと思ってしまった。
乙、面白かった
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/12(火) 19:55:44 id:FdUnv/YA
乙よかった。
何となく文体に見覚えがある気がするんだが、他に何か書いてる?
51: 2013/11/12(火) 21:23:11 ID:R..1dAT2
しがない文字書きなので
見覚えあるんだったら、それは他の人の可能性が大じゃないかと思う

書き散らしているので、とりあえず完結しているの書いていきます
上が新たに完結した物

「ベルトルトとユミルの……」


ライナー「俺はクリスタと結婚したい」


ベルトルト「いっただっきまーす」


エレン「俺はユミルが好き」


ユミル「ミドルなライナー」


エレン「短編を」ライナー「三編」ベルトルト「纏めて載せるよ」


リヴァイ「大人しくしろ」ユミル「嫌だぁ!離せよ!!」


ユミル「は?人が二人に分裂する薬……?」



見てくれていた作品があったら、PCの前で喜ぶ
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/12(火) 21:29:52 id:qIYyBz/2
…えーと、全部読みました。でもってどれも保存済みだったりする自分がいます…
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/12(火) 22:59:07 id:tvmko5/E
あぁころころもにゅの人か。どうりで。
リヴァイとユミルのやつ好きだ

 

進撃の巨人 LOST GIRLS(1) (講談社コミックス)

進撃の巨人 LOST GIRLS(1) (講談社コミックス)