SSまとめ速報ちゃんねる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSまとめ速報ちゃんねる

面白いSSを毎日更新します!

女神「願いをひとつ叶えましょう」男「パンツください」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 19:24:23.16 id:cgtyQSRQ0

女神「」

男「パンツください」

女神「願いをひとつ叶えm」

男「パンツください」

女神「」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 19:25:22.87 id:cgtyQSRQ0

女神「なにをいってるんですか?願いを叶えてさしあげるといってるんですよ?」

男「だからパンツください」

女神「どうしてそうなるんですか!」

男「願いを叶えていただけるんですよね?」

女神「ええ、ですから…」

男「パンツください」

女神「お断りします」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 19:27:34.05 id:cgtyQSRQ0

男「なんでだよ!ふざけるな!エセ女神!デカパイ!駄女神!」

女神「お断りします!」

男「……」

女神(諦めたかな…?)

男「………!」

女神「?」

男「じゃあ、ブラジャーくだs」

女神「お帰りください」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 19:28:45.42 id:cgtyQSRQ0

男「ブラまでNGかよ!もう女神なんてやめちまえ!アホ!嘘つき!」

女神「誰が嘘つきですか!神たるもの、嘘などつきません!」

男「じゃあ、パンツください」

女神「お断りします!」

男「さっき願いをひとつ叶えましょうとかいったじゃん!やっぱ嘘つきですか!」

女神「そのような願いを叶えてさしあげるといったおぼえはありません!」

男「なんでだよ!」

女神「貴方のような方がよくこの神殿の試練を乗り越えられましたね…」

男「試練?あの変な犬とか、トラップの事?」

女神「犬ではありません!ケルベロスです!」

男「へー、なんでもいいけど味はよかったよ」

女神「」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 19:30:31.84 id:cgtyQSRQ0

女神「食べたん…ですか……?」

男「ん?あぁ、なんか扉あけようとしたら襲いかかってきたからかわしてジャーマンかけたら倒れてさ」

女神「ポチィィィィィィィィィっっっっ!!!」

男「ポチて、やっぱ犬だったのか」

女神「ポチが死んじゃったよぉぉぉぉぉぉ!」

男「泣くことに無いだろ!」

女神「うるさい!もういいです!ポチのかたき!願いを叶えてなんてあげません!」

男「oh…」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 19:31:58.03 id:cgtyQSRQ0

男「いや、ウソ!ウソだよ!死んでない死んでない!」

女神「へっ?ほ、本当でしょうね!」

男「ジャーマンかけたのは本当だけど、片耳潰れただけで死んでない!死んでない!」

女神「ポチィィィィィィィィィィィィィィっっっっ!」

男「す、すまん」

女神「ポチを今すぐ連れてきてください!」

男「いやだよ重たいし!」

女神「もういいです!願いを叶えてあげません!」

男「行って参りますマドモアゼル」

女神「早く行って!」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 19:35:44.04 id:cgtyQSRQ0

数分後


男「持ってきたぞ」

ケルベロス「」ズルズル

女神「ポチ!よかった!生きてる!」

男「だから、生きてるて」

女神「フゥゥゥゥッ!」

男「おぉ、神の息吹、初めてみたわ」

ケルベロス「ぐるるるるるるる」

女神「よかった!治ったのね!」

ケルベロス「ぐがががががぅおおぅぅぅっっっ!」

女神「ちょっ!くすぐったいわよ!あははっ!」

男「頭食いちぎろうとしてね?」

ケルベロス「ぐぐぐがががぉぉぉぅうう」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 19:41:16.64 id:cgtyQSRQ0

女神「さ、ポチ今日もう寝なさい」

ケルベロス「ぐぐぐがががぉぉぉぅうう」

男「あの」

女神「♪」

男「あの!」

女神「なんですか?」

男「ゴキブリを見つけたような目だな」

女神「そんなことないですよ、で、なんですか?」

男「パンツください」

女神「ゴキブリは帰りなさい」

男「この女神ひどいぞ」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 19:47:46.38 id:cgtyQSRQ0

男「だいたいなんでだめなんだよ」

女神「ダメなものはダメです」

男「神殿の入り口に試練を乗り越えたものは願いを叶えてもらえると記されていたぞ!」

女神「そ、それは…」

男「これで叶えてあげませんってのはひどいぞ、騙された、風俗で18歳を頼んだらババアが出てきたのと同じくらいのショックだ」

女神「救いようがありませんね」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 19:51:52.24 id:cgtyQSRQ0

男「とにかく、願いを叶えてくれるまで帰らない」

女神「どうしてもですか?」

男「あぁ」

女神「どうしてパンツが欲しいんですから?」

男「逆に欲しくないと思うの?」

女神「そんな願いをしたのはあなたが初めてです」

男「すいません、女神様の初めてを奪ってしまい…」

女神「誤解を招く言い方はやめてください」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 19:57:26.38 id:cgtyQSRQ0

男「だって女神様がこんなにも美しい方だと知ったら男としてはパンツがほしくなるのは当然です」

女神「美しい?私がですか?」

男「もちろんです、今まで生きてきた中で一番美しい」

女神「美しい…私が…美しい…むふふ///」

男「あ、でも昨日いった居酒屋の店員も負けず劣らずの美人だったような…」

女神「…!!!」

女神「もう知りません!帰ってください!」

男「えぇ!なんで急に怒ったんだ!?」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 20:01:17.90 id:cgtyQSRQ0

女神「いいから帰るかまともな願いをしてください!」

男「まともな願いねぇ…」

女神「俗にまみれたものはだめですよ」

男「…!」

女神「っ、なんですか?」

男「いや、女神様の聖水がいただきたいなと思って」

女神「聖水?そんなものでよいのですか?」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 20:05:58.28 id:cgtyQSRQ0

男「そんなもの?そんなものだって!?」

女神「いえ、確かに聖水は魔物がはびこるこの世間では手に入りにくいですが、少し努力すれば手に入りますし…」

女神「それに、神殿の入り口にあった噴水から湧き出る水も、聖水ですよ?」

男「あれ全部聖水なの!?」

女神「当たり前でしょう!?」

男「今すぐ汲んできます!!」

女神「行ってしまわれた…」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 20:11:54.02 id:cgtyQSRQ0

数分後

男「いやー堪能した」

女神「早いですね、先ほどとは違い神殿の罠や試練を稼動させていたのに…」

男「あんなものないのといっしょですよ」ゴクゴク

女神「心は不純なものでまみれているのに実力はあるみたいですね…」

男「しかし女神様の聖水は無味無臭なんですね」

女神「聖水に味などあるはずないでしょう」

男「私は味なんてなくても良いですけど」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 20:15:40.02 id:cgtyQSRQ0

女神「さて、改めて本題ですが」

男「願いですか」

女神「正直聞きたくありません」

男「なんだかんだいって喜んでるじゃないですか」

女神「喜んでません、早く願いをおっしゃってください」

男「そうだな…」

女神「言っておきますが、その…パ…パンツとかは…ダメですよ」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 20:21:25.94 id:cgtyQSRQ0

男「わかりましたよ、それじゃあ…」

女神「………」

男「………」

女神「………」

男「あの…」

女神「なんですか」

男「やっぱりどうしてもパンツはだめでs」

女神「だめです」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 20:24:01.40 id:cgtyQSRQ0

女神「もういいです、お帰りください」

男「わかった!待ってください!真面目に考えますから!」

女神「次はないですよ」

男「………」

女神(またこれですか)

男「女神様」

女神「はい」

男「結婚してください」

女神「」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 20:28:30.81 id:cgtyQSRQ0

女神「」

男「女神様?」

女神「あ、あ、あ、あの、その、なんていうか、えーと、まだ全然、私は女神だし、あの…えーと、だから」

男(あ、ヤバいかわいい)

女神「だから、そのえーと」

男「美しく、妖艶な貴方が愛おしく、愛らしいです、結婚してください」

女神「~~~~~!!!!」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 20:52:43.59 id:cgtyQSRQ0

女神「け、結婚なんて!できるわけ!」

男「どうしてもですか?」

女神「は、はい!」

男「残念です、こんなにも美しい女神様にフられてしまった…」

女神「う、美しい…美しい…私が美しい…」

男「仕方ありません、パンツか結婚かしてくれないと、外で女神様は嘘つきだったと言いふらします」

女神「そ、そのくらい…!」

男「では、女神様の下の毛が白髪だったと言いふらします」

女神「っっっっ!」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 21:00:34.02 id:cgtyQSRQ0

男「さぁ、早く!」

女神「うう……無理です…」

男「みーんなーーー!!女神様の下の毛がーーー!」

女神「ひぃぃぃぃぃぃぃ!!!」

男「どっちですか?」

女神「キ、キ……」

男「はい?」

女神「キスじゃ…………ダメですか?………」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 21:04:01.18 id:cgtyQSRQ0

男「」

女神「あの」

男「もう一度お願いします」

女神「はい?」

男「だから、さっきと同じセリフを、同じ表情と声色でお願いします」

女神「え…なんでですか」

男「早くっ!!!」

女神「ひっ!……はい………」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 21:09:55.47 id:cgtyQSRQ0

女神「キ、キスじゃ……ダメですか……?」




男(ヤべぇ、勃起した)

男(だめだ!ココで折れちゃいけない!キスはとても魅力的だ……正直言っていますぐしたい…しかし!それだとパンツが手に入らない!今の女神は妥協している……つまり折れているっっっ!!今ならもう少し押せばパンツどころか結婚もいける!)

男「だ、ダメd」

女神「………」

男「よろしくお願いします」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 21:14:42.13 id:cgtyQSRQ0

女神「し、し、シたら、もうパンツはいりませんね?」

男「Yes,sure」

女神「じゃ、じゃあ……」

男(顔が近い………やばいまた勃起した……は、鼻息がこんなにも荒い………)

女神「じゃあ………いきますよ………」

男「…………………」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 21:24:54.66 id:cgtyQSRQ0

男「今でも思い出す……」


女神はずっと目をつぶっていた
神だからなのか唇がとても柔らかく
大きなものにつつまれたような
好ましい唇だった
きっとおれは選択を間違えただろう
でも後悔はしていない
すくなくとも、今は





男「また…………神殿行こうかな」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 21:25:29.07 id:cgtyQSRQ0
元スレ
女神「願いをひとつ叶えましょう」男「パンツください」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1392459863/