SSまとめ速報ちゃんねる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSまとめ速報ちゃんねる

面白いSSを毎日更新します!

上鳴「そろそろハッキリさせとかねーとな」

http://livedoor.blogimg.jp/animemangainf/imgs/e/9/e9149b0a.jpg

切島「何をだ?」

上鳴「決まってんだろ」

上鳴「それは……」

上鳴「誰が一番モテるのか!!!」

デク「で、出たあああああ!!」

飯田「大事な話があるから男子は放課後集まってくれと聞いたが、そんな事とは……」

峰田「バカヤロー! これより大事な話があるか!?」

上鳴「体育祭も終わってスタジエール編に突入した頃合いだしな」

切島「スタジエールってなんだ?」

上鳴「ここらで誰がもて王なのかハッキリさせよーぜ!」

勝己「くだらねー。帰る」

上鳴「お? 逃げんのか?」

勝己「は?」

峰田「いや、その逆でめっちゃ自信あんのかもしれねーぞ!」

上鳴「あーなるほど、さすが体育祭一位は違えなー!」

勝己「んだと?」

上鳴「一位入賞おめでとう!」パチパチ

峰田「おめでとう」パチパチ

瀬呂「おめでとう」パチパチ

切島「おめでとう」パチパチ

飯田「おめでとう」パチパチ

デク「お、おめでとう……」

轟「……おめでとうなんか言える立場じゃねえが……」

勝己「てめえらは俺をどうしてえんだよ!!!」フーフー

峰田「でも誰がもて王なのかどうやって決めんだ?」

上鳴「そうだな、一番多く女子をお茶に誘えた奴が優勝でよくね?」

切島「ナンパなんか男らしくねーぞ!」

上鳴「なーに言ってんだ、高校デビューが!」

切島「な、何で知ってんだよ!」

上鳴「それじゃ早速女子探してくるか……」キョロキョロ

上鳴「……」

峰田「……」

峰田「女子はどこ行った?」

障子「何故俺に訊く」

~その頃の女子~

発目「カワイイはつくれるんです!!」

発目「ということで、誰が一番女子力が高いのか決めましょう!」

耳郎「なんでサポート科が仕切ってんの……」

八百万「女子力……?」

梅雨「端的に言えば女の子らしさのことだわ」

葉隠「料理とかオシャレとかだね!」

お茶子「うー、勝てる気せえへん」

芦戸「それで、どうやって勝負するの?」

発目「フフフ……」

発目「まずは皆さんの色恋沙汰について聞かせてください!」

お茶子「下世話や!!」

~教室~

峰田「どーする? 女子みんな帰っちまったぞ」

上鳴「んー明日にすっか……でも今日やりてえ気分なんだよなー」

上鳴「んじゃシミュレーションしてみようぜ! 女子のオトし方!」

上鳴「俺の場合はあれだなー、まず静電気でピリッとさせて」

上鳴「女子がフラっときたとこをキャッチする! 大丈夫ですか? お茶しよ! コレ完璧!」

デク(どこかで聞いたことあるような)

飯田「念のため病院に連れて行ったほうがいいのではないだろうか」

常闇「そもそも守るべき存在を攻撃するとはヒーローとしていかがなものか」

上鳴「いやお前らさあ……それ言っちゃう?」

デク「……」

デク(かっちゃんはこの話題についていけてるのかな?)チラッ

勝己「………………」

デク(駄目だ……考えることを放棄している……!!)

デク(あまりにも次元の違いすぎる話題だからか……)

デク(とにかくこのままじゃダメだ!)

デク「かっちゃん! 起きてる?」ブンブンッ

勝己「フンッ!!」BOOM

デク「よかった、僕への純然たる悪意だけは忘れてないみたいだ……!」ホッ

轟「自分で言ってて悲しくならねえのか?」

上鳴「なあ爆豪はどう思う? 女子のオトし方について!」

勝己「落とす……?」

上鳴「オトしたい女子がいた場合お前ならどうする?」

勝己「首をしめる」

上鳴「ちょっwwwいきなりマニアックなの来たなwww」

勝己「つーか落とし方に男も女も関係ねえだろ」

上鳴「ぶふっwwwまた問題発言いただきましたーwww」

デク「ダメだよかっちゃん、アンジャッシュのコントみたいになってるよ……」

尾白「上鳴の方はわざとやってそうだけどね」

~その頃の女子~

耳郎「色恋沙汰……? 勘弁してよ」

葉隠「耳郎ちゃん上鳴くんと仲良いよね!」

耳郎「上鳴……? いや、ない」

お茶子「即答!!」

耳郎「うん、ない」

お茶子「それも二回!!」

耳郎「まあ、面白いしいい奴なんだろうけど……チャラいし」

梅雨「確かに将来のことを何も考えてなさそうなのは困るわね」

八百万「シビアですわ……」

葉隠「芦戸ちゃんは青山くんとどうなの?」

芦戸「青山面白いよね! すぐお腹壊すけど!」

芦戸「でもクラスのみんなともっと仲良くなりたいなー」

芦戸「爆豪とか未だに名前覚えてくれないんだよ! ひどくない?」

お茶子「天真爛漫や……」

耳郎「葉隠は尾白とよく喋ってるよね」

葉隠「尾白くん? すっごくいい人だよ!」

梅雨「いい人で終わりそうな感じが拭えないわ……」

八百万「……」

発目「どうしました八百万さん!? どんどんぶっちゃけちゃって下さいよ!」

八百万「いえ、こういった話題はあまり……」

発目「それじゃあ女子力が高いとは言えませんね!」

耳郎「でもいいじゃん、八百万には最強の武器があるんだから」ジーッ

八百万「ええ、武器ならいくらでも作れますけれど……」

耳郎「いや、そうじゃなくて……」

葉隠「梅雨ちゃんは? やっぱり緑谷くん?」

お茶子「えっ!?」

梅雨「どうしてそう思うの?」

葉隠「梅雨ちゃんと呼んでっていつも言ってるから!」

耳郎「よく見てるねあんた」

梅雨「そうね……彼なりに頑張ってくれてるようだけど」

梅雨「できればみんなに梅雨ちゃんと呼んでほしいわ」

耳郎「うーん、上手くはぐらかされた感じ?」

お茶子「……」ホッ

お茶子(あれ? 何で今ほっとしたんやろ)

梅雨(さすがに相澤先生は無理かしら……)

芦戸「緑くんといえば、麗日は?」

お茶子「う、うん! デクくんいつも頑張ってるよね――」

発目「緑谷さんですか! 体育祭では色々と利用……お世話になりましたねー」

お茶子「……」

梅雨「どうしたの?」

お茶子「いや、何でもないんよ!」ブンブンッ

発明「悩み事ですか!? そんなときには私の発明品がお役に――」

耳郎「あっ、この展開は……」

~教室~

上鳴「とまあ冗談はこのくらいにしてな、こっからは真面目な話だぜ!」

上鳴「まず俺に意中の女子がいるとするだろ?」

上鳴「そいつをどうやったら振り向かせられるのか、みんなでジャンジャン意見を出し合ってくれ!」

デク「なんだか主旨が変わってるような……」

デク(でも真面目に考えると結構悩むなあ……)

デク(例えば僕に意中の女子がいたとして……彼女を喜ばせるには……)

デク(いやいや! 何を考えているんだ僕は!)

デク(特定の人のことを考えちゃダメだ! 誰にでも通用する方法は――)

デク「プレゼント、とか?」

尾白「やっぱりプレゼントかな?」

デク「あっごめん、被っちゃった……」

尾白「いや、僕の方こそ」

上鳴「おいおい! 地味ーに被ってんじゃねえよ!」

瀬呂(俺も同じこと言いそうになったわ、あぶねー)

飯田「贈り物もいいがやはり大事なのは気持ちだな。夫婦生活を長続きさせるためにも――」

上鳴「どこまで先を見越してんだよお前は!」

上鳴「口田とかなんかねーの?」

口田「……」モジモジ

上鳴「まあそう照れんなって!」

口田「……」

上鳴「ほうほう、そうかそうか」

口田「……」

上鳴「へー、結構やるじゃねえかお前!」バシバシ

デク(どうやって意思の疎通を……!?)

デク(上鳴くんのコミュ力、僕も見習わなきゃ……)メモメモ

飯田「勉強熱心だな」

砂藤「アタック! あるのみ!」

障子「想いは心の内に秘めるものだ」

峰田「相手がドン引きするまで粘りまくる!!」

切島「拳で語りあうとかどうよ!?」

上鳴「いいねいいね! どんどん行こうぜ!」

青山「何もせずとも、自然と光のもとに人は引き寄せられるのさ☆」

常闇「光あるところに必ず影がある」

青山「陰のある男……それはそれでミステリアス☆」

常闇「強すぎる光は濃い影を生む。だが同時に影こそが光を際立たせる……」

上鳴「さすがの俺でも何言ってるか分かんねえわ……誰か通訳してくれ」

瀬呂「ダメだ……やっぱプレゼントしか思いつかねえ」

上鳴「引っ張ってそれかよ! まあいいわ」

上鳴「爆豪もなんか意見出せよ」

勝己「……」

勝己「そらをとぶ」

デク(かっちゃん……!! もういい……! もう……休めっ……!)

切島「それお前しかできねえじゃねえか!」

勝己「みんな俺になればいいんだよ」

上鳴「じゃあ俺爆豪はじめまーすwww死ねカス死ねカスゥ!」

勝己「俺以外俺じゃねえの!!」ドスッ

上鳴「当たり前だけどねっ!!」コポゥ

飯田「爆豪くん! 暴力行為はイエローカードだぞ!」ピーッ

デク(これぞかっちゃニズム……!!)

上鳴「あと轟! 澄ましてんじゃねーぞ!」

轟「……最近よく聞くのはあれだな」

轟「壁ドン」

デク(少女漫画だ……!!)

切島「ドカベン?」

上鳴「ちげーよ、壁にドンってするやつ!」

峰田「オイラにもっと身長があれば……いや……」クルッ

障子「名案とは言えんな」

勝己「とにかく壁を殴ればいいんだろ。簡単じゃねえか」

飯田「しかし器物損壊罪に問われるのでは――」

上鳴「おう分かった分かった! 一応出そろったからこれで打ち止めな!」

峰田「出そろったはいいけどどうやって判定すんだよ」

上鳴「そうだなー、やっぱ女子に聞くしかねえか」

上鳴「場合によっちゃ普通科や上級生でも! とにかく探してくるわ」

切島「これで選ばれた奴が優勝ってことだな!」


上鳴「んー、さすがにもう誰もいねえか」キョロキョロ

ミッドナイト「あら? まだ帰ってなかったの?」

上鳴「おっ、丁度いいところに!」

上鳴「この際オバサンでもいいや、ちょっと訊きたいことがあるんすけど――」


――上鳴電気の記憶はそこで途切れた――

デク「上鳴くんの霊圧が……消えた!?」

切島「俺ちょっと様子見に行ってくるわ!」ガタッ

飯田「緑谷くん、霊圧とは何だ?」

デク「え!? まさか突っ込まれるとは……」

デク「うーん、分かりやすく説明すると」

轟「オーラみてえなもんだな」

常闇「チャクラのようなものだ」

勝己「覇気みてーなもんだろ」

峰田「要するに戦闘力だろ!?」

デク「うん、そういうことなんだ」

飯田「この世界には存在しない概念か。奥が深いな」

瀬呂「そこは巫力だろ!」

障子「Rc値……」

青山「トリオン能力さ☆」

尾白「カクゴ……って覚えてる人いないか」

砂藤「裏カクゴ!」

デク(だんだんマニアックになっていく……)

死柄木「HPとMPが一番分かりやすい」

デク「そうだね、漫画では両方を一つの概念としてとらえることが多いけど――」

死柄木「あっ! ゲームオーバーか……帰るぞ黒霧」

デク「……」

デク「って今の誰!?」

飯田「誰もいないぞ。気のせいじゃないか?」

~その頃~

切島「上鳴! しっかりしろ!!」ユサユサ

上鳴「うっ……」

切島「気が付いたか!?」

上鳴「きりしましっているか」

切島「何だ?」

上鳴「ミッドナイトが極薄タイツを着ているのに乳首が透けない理由……」

上鳴「それは……」

切島「上鳴!? 上鳴!!」

上鳴「が……ま……」ガクッ

切島「上鳴――――!!!!!!!!」




~その頃の女子~

発目「どうです!? 真・家庭科の糸を通すやつ!!」

芦戸「すっごい糸通ってる!」スルスル

発目「この強度なら先っぽの部分がぐにゃぐにゃになることもありませんよ!」

八百万「材質を工夫すればもう少し軽量化できるのではないでしょうか」

発目「なるほど! 頼りになりますねえ!」

八百万「仕組みさえ覚えてしまえばいくらでも量産できますわ」

耳郎「この二人が組んだら色々やばいかもね」

お茶子「結局、発明品展示会になっとるやん……」

発目「他にも全自動タマゴ割り機など、女子力アップに役立つアイテムが―ー」

梅雨「あら、これは何かしら」

発目「ああ、それはまだ試作品なんですよ!」

葉隠「どこかで見たことあるよーな」

発目「気のせいですよ! あとは実験を残すだけの段階ですね」

八百万「こんな危険なものの実験をどうやって……?」

発目「では丁度いいモルモッ……実験台を探しに行きましょうかね!」フフフ

~教室~

峰田「イチゴパンツ、本能寺の変!」ハイッ

飯田「覚え方はどうかと思うが……正解だ」

飯田「次、中大兄皇子と中臣鎌足らが蘇我氏を――」

勝己「虫殺し、大化の改新だろ」

飯田「……の後に即位したのは――」

勝己「てめえ引っかけか! 騙しやがって!」

瀬呂「いや最後まで聞けよ!」


尾白「3番……かな?」

青山「ノーノ―☆ インタレスティング! アクセントは第一音節さ☆」

デク「あー、間違いやすいよねそこ……」

ガラッ

上鳴「お前らwww俺がいなくて寂しかったろ!?」

デク「おかえり。遅かったからみんなで勉強会してたよ」

上鳴「アッヒョwwwwww」

轟(ウェイじゃねえのか)

切島「さっきからお前テンションおかしくねえか? 何があったんだよ」

上鳴「ハハッwww……訊くな……」

上鳴「つーわけで女子に訊いてくんのは失敗した……」

上鳴「もう色々と疲れたからクイズで決めることにするわ」

デク「そんな雑でいいの!?」

上鳴「お前の母親と恋人が敵に捕まり一人しか助けられない」

上鳴「1、母親。2、恋人。どっちを助ける?」

デク「思いっきりどこかで聞いたことがあるんだけど……」

切島「ズッケェ問題だな! そんなの選べるわけねーだろ!」

轟「母親と父親なら選ぶまでもねえんだがな」

瀬呂「お、おう……」

常闇「轟家の闇は深い……」

障子「被害状況はどちらも同じとみていいのか」

上鳴「もちろんだ! そうじゃなきゃクイズになんねえからな」

飯田「しかし、万人に共通する答えなどあるのか……?」

デク(母親と恋人……どっちも大切に決まってる)

デク(でも恋人ってのが今いちピンとこないっていうか……)

デク(もし僕に恋人がいたとして……その人は……)

デク(ダメだ! 何を考えているんだ僕は!)

デク「……やっぱり、選べないよ」

瀬呂「だよなあ……」

峰田「恋人って言いそうになっちまったオイラをぶってくれ! 母ちゃん……」

勝己「……」

勝己「けっ、だからてめーらは二流なんだよ」

勝己「どっちも選ばねえってことはどっちも見捨ててんのと一緒だろうが」

勝己「それにこの問題、助けられないとは言ってるが助からないとは言ってねえ」

勝己「この場合助けんのは母親か? 若けりゃ自分で動けんだろ」

勝己「そこで死ぬような奴はそもそもいらねえよ」

切島「つ、冷てえ……」

瀬呂「屁理屈全開だな!」

勝己「これはかっちゃんにしかできない回答だなあ……」

上鳴「……」

勝己「で、答えはなんだよ」

上鳴「えっ?」

上鳴「いやーその……沈黙!」

勝己「は?」

上鳴「こんなもんに答えなんかねえし! でも1か2の二つしかねえから――」

上鳴「だから答えられない! つまり沈黙!」

勝己「なめてんのか?」

飯田「時には非情な決断を下さなければならないという教訓を含んでいるのでは――」

上鳴「いや、ここではそんな深い意味ありません! ごめんなさい!」

 

 

勝己「死にてえらしいな……」

上鳴「あまり強い言葉を使うなよ。弱く見えるぞ

勝己「だまれ」BOOM

上鳴「アウッ……実は俺って爆豪より扱い悪いんじゃ……」

飯田「爆豪くん! イエローカード二枚で退場だぞ!」ピーッ

勝己「うっせえな!! もう付き合ってらんねえんだよ!!!」

デク(かっちゃんにしてはよく持った方だな……)

勝己「ぶっ殺――」

プスッ

勝己「!?」

勝己「うっ……」ドサッ

デク「か、かっちゃん!?」

発目「携帯型麻酔銃! 効果はてきめんですね!」

上鳴「出たな発えもん!」

轟「また独創的な発明だな」

峰田「ってか女子いるじゃねえか!」

耳郎「あんたらもまだ帰ってなかったの?」

勝己「」

お茶子「すごい、本当にあの爆豪くんが……」

発目「苦労した甲斐がありました!」

発目「しかし、本当に眠っているのでしょうか……?」

発目「試しにくすぐってみましょう」コチョコチョ

デク「い、命知らず!!」

勝己「……ぐ」

勝己「てめっ……」カッ

飯田「危ない!!」ダッ

発目「おっと!」

勝己「どけメガネ……」フラフラ

切島「麻酔喰らって動けんのかよ!?」

発目「改良の余地ありですね」

デク「いや、かっちゃんが特別タフなんだよ」

勝己「離せコラ……」

切島「はいはい、どーどー」

飯田「しかし、君はもう少し気を付けたほうがいいぞ」

発目「そうですね、飯田さんには体育祭でも利用……お世話になりましたし」

発目「そうだ! 今度お茶しましょうお茶!」

一同「!!!?!?」

飯田「また何か企んでいるんじゃないのか?」

発目「いいえ、ほんの感謝の気持ちですよ!」

発目「もうすぐ自家用ドリンクバーが完成するので、ぜひ味見をと――」

飯田「やっぱり企んでるじゃないか!!」

上鳴「こりゃ決まりだな……」

峰田「女子にお茶に誘われちゃしょうがねえな」

常闇「動機は不純だが……」

上鳴「第一回もて王は飯田にけってーい!」

切島「よっしゃ胴上げだ!」

飯田「な、何だいきなり!?」

ワーッショイ ワーッショイ

耳郎「……何あれ?」

梅雨「よく分からないけど、優勝したみたいだわ」

お茶子「飯田くんおめでとう!」パチパチ

芦戸「おめでとう」パチパチ

葉隠「おめでとう」パチパチ

梅雨「おめでとう」パチパチ

八百万「おめでとうございます」パチパチ

耳郎「……おめでとう?」パチパチ

デク(飯田くん凄いなあ……よし! 僕も頑張るぞ)

勝己「……」フラフラ

勝己「俺をオチに使うつもりか? そうはいかねーぞ……」

勝己「絶っっっ対面白いことなんか言わねえからな」

勝己『爆殺王に俺はなる!』ドン

勝己「てめえ何勝手に喋ってんだ……!!」

轟「悪い。一度やってみたかった」

発目「ネクタイ型変声機です! 蝶ネクタイじゃないところがミソですよ!」

デク「えっ……じゃあ今ならかっちゃんの声でいろいろ喋れるってこと

勝己「終われ!! さっさと終われ!!!」



おしまい

jump-sokuhou.hatenadiary.com

jump-sokuhou.hatenadiary.com

jump-sokuhou.hatenadiary.com

jump-sokuhou.hatenadiary.com

jump-sokuhou.hatenadiary.com