SSまとめ速報ちゃんねる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSまとめ速報ちゃんねる

面白いSSを毎日更新します!

サーバル「セルリアンの弱点は百合?らしいよ!」

おすすめ記事▼【2017年度版】ぼくがオススメする名作SS10選

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:11:28 ID:0tYZMTwg

サーバル「セルリアンの弱点は百合?っていうのらしいよ!!」

かばんちゃん「!?」

サーバル「でも百合ってなんだろー? かばんちゃんは知ってる?」

かばん「え、いえ、その……ぼくは分かんない、かな……」///

サーバル「そっかー、残念。セルリアンとの戦いが楽になると思ったんだけどなぁ」

かばん「ごめんね、サーバルちゃん」

ボス「百合とは女の子同士でイチャイチャすること、またはその女の子自身のことを指すよ」

かばん「!?!?」

 

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:13:01 ID:0tYZMTwg
サーバル「へー! イチャイチャすれば百合っていうのになるんだ!」

かばん「い、イチャイチャだなんて、そんな」

ボス「百合は尊いよ。美少女の百合はもっと尊いよ。あまりの尊さにセルリアンは死んじゃうんだ。即死だよ」

かばん「ええっ、ほんとうにセルリアンは百合が弱点なんですか? 冗談とかじゃ」

ボス「ボクは冗談は言わないよ。セルリアンの弱点は百合、間違いないよ」

ボス「今後はセルリアンが現れたらかばんもサーバルキャットとイチャイチャすると良いよ」

サーバル「うん! わかったよボス!」

かばん「えええ、そんな、でも」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:25:03 ID:0tYZMTwg
ボス「むしろせっかくだから今すぐ百合の練習をしてみるのが良いよ」

ボス「かばん、サーバルキャットとイチャイチャしてみよう」

かばん「ええっ?! ラッキーさん、何を言ってるんですかっ」

サーバル「わあっ、楽しそー! 私、かばんちゃんとイチャイチャしてみたい!」

かばん「そ、そんな、サーバルちゃんまでっ」

ボス「いざという時に動けなかったら大変だよ、今のうちに練習をしておこう」

サーバル「イチャイチャしようよ、かばんちゃん!」

かばん「うう……」///

かばん「わ、わかりました……イチャイチャします……」

サーバル「わーい!!」

ボス「やったぜ」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:25:42 ID:0tYZMTwg
かばん「でも、急にい、イチャイチャだなんて言われても……」

ボス「挨拶代わりに抱きついたり、おふざけでほっぺにチューしたりすると良いよ」

かばん「ちゅ、チューですか……!?」

ボス「でもあまりにもシリアスなガチ百合はボクや一部のセルリアンの好みじゃないから効果が薄いよ」

ボス「重たくない程度にイチャイチャすることを心がけると良いね」

サーバル「ボスは物知りさんだね! すごーい!」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:26:51 ID:0tYZMTwg
サーバル「じゃあまずは私からだよ! かばんちゃん、ギューッ♪」

かばん「あわわ、サーバルちゃん、苦しいよっ」

サーバル「あっ、ごめんね! 痛かった?」

かばん「う、ううん、痛くはなかったけど」

サーバル「今度はもっと優しくギューッてしてあげるね」

フワッ...

かばん「あっ……」

サーバル「えへへ、どうかな?」

かばん(サーバルちゃんの身体、あったかくて柔らかい……)

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:28:19 ID:0tYZMTwg
サーバル「にゃっ、こんなに近くでかばんちゃんの顔を見るのって久しぶりだね」

かばん「初めて会ったとき以来かな……」

サーバル「あのときはごめんね、びっくりさせちゃって」

かばん「ぼくのほうこそ怖がってごめんね、サーバルちゃん」

サーバル「ふふ、今はもう怖くない?」

かばん「当たり前じゃない、友達なんだもん」

サーバル「……えへへ♪」

ボス「キタコレ」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:34:21 ID:0tYZMTwg
サーバル「ね、次はちゅーしてみよっか?」

かばん「……ちょっと、恥ずかしいよ……」

サーバル「へーきへーき、だって私たち友達だもん」

サーバル「ちゅーするくらいぜんぜん恥ずかしくないよ♪」

かばん「そう、なのかな……」///

サーバル「まずはほっぺたからね……」

かばん「あ……サーバルちゃ……」

カワウソ「何してるのー? 楽しそー!」

かばん「!?!?!?」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:35:25 ID:0tYZMTwg
かばん「か、カワウソさん!?」

カワウソ「やっほー、かばん! それにサーバル!」

サーバル「あ、カワウソ! 久しぶりー」

カワウソ「久しぶりー! 楽しそうな雰囲気がしたから遊びに来たよー!」

かばん「あ、あはは、そうですか」

カワウソ「ねね、二人とも抱き合って何してるの? 楽しそう楽しそう!」

サーバル「私たちはイチャイチャしてたんだよ! えっへん!」

カワウソ「何それ楽しそー! 私もやるやるー♥」

かばん「えええっ!?」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:36:24 ID:0tYZMTwg
カワウソ「ほらほらかばん、チューしてあげる! ちゅっ♥」

かばん「あわわわ! か、カワウソさん、そんないきなり」

サーバル「あー! ずるい、私もかばんちゃんにちゅーしたい!」

かばん「ま、待ってサーバルちゃん、ぼく、心の準備が」

サーバル「かばんちゃん、んー♪ ちゅっ♥」

かばん「ひゃんっ!」

カワウソ「あはは! かばんてば変な声ー♪ たーのしー! ちゅっ♥ ちゅっ♥」

サーバル「わたしも、んちゅっ♥ 負けないよ! ちゅっ♥」

かばん「あっ、だ、だめ、こんな、ああっ……」

ボス「●REC」ジーッ

10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:38:59 ID:0tYZMTwg






かばん「ふわぁ……」///

カワウソ「あはは! たのしかったー!」

サーバル「良い勝負だったね、カワウソ!」

カワウソ「うん! 何だかチューしてる内にポカポカしてきちゃった、変なの変なのー!」

カワウソ「帰ったらジャガーにも教えてあげよーっと♪」

カワウソ「それじゃーまたねー!」

サーバル「うん、ばいばーい!」

かばん「さ、さよなら……」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:40:06 ID:0tYZMTwg
サーバル「まさかカワウソが来るなんてすごい偶然だったねー」

かばん「あはは……おかげでぼく、もうヘトヘトだよ……」

サーバル「でも、これでもう百合の特訓はバッチリ!」

サーバル「セルリアンが現れたら百合でやっつけちゃおう!」

かばん「う、うん……出来れば会いたくないけど……色んな意味で……」

ボス「…………」

ボス「通信中、通信中……」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:42:09 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「あ! オマエら、ちょうど良いところに!」

サーバル「あれ? ツチノコだ」

かばん「ツチノコさん? どうしたんですかこんなところで」

ツチノコ「セルリアンが湧いて大変なんだよ! あいつ等を追い払うのに猫の手も借りたいんだ、手伝え!」

かばん「え」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:45:22 ID:0tYZMTwg
サーバル「にゃ! ナイスタイミングだね、かばんちゃん!」

ツチノコ「はぁ? ナイスタイミングだ?」

かばん「えええ、いや、そんな、まさかまたするの、サーバルちゃん」

サーバル「もちろんだよ! そのための特訓だったんだから!」

ボス「かばん、実践あるのみだよ。さあ行こう。ハリアッ!」

かばん「で、でも」

ツチノコ「どーでも良いから早く手を貸せ! 貴重な遺跡がぶっ壊されたら困るんだよ!」

サーバル「分かった! かばんちゃん、行くよ!」

かばん「は、はいぃ……」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:46:05 ID:0tYZMTwg
セルリアン「うじゃうじゃ」

かばん「すごい数のセルリアンですね……」

サーバル「わー、ほんとにうじゃうじゃ言ってる!」

ツチノコ「あいつ等、何かもう誰かが召集かけたんじゃないかってくらいに不自然に集まってきたんだ」

ボス「ボクは何もしてないよ」

ツチノコ「このままじゃ調査も出来ないし遺跡を台無しにされちまうかもしれない」

ツチノコ「だから何とかして追い払いたいんだけど……」

サーバル「大丈夫だよ! 私たちに任せて!」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:49:43 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「そういやさっき特訓がどうとか言ってたな、何か策があるのか?」

サーバル「うん! セルリアンの新しい弱点を知ったんだ!」

ツチノコ「奴らの弱点? 石じゃなくてか?」

サーバル「石のことじゃないよ! それよりもすごい弱点なんだー」

ツチノコ「本当か? だとしたら大発見じゃねーか! あいつ等のことは全く研究が進んでなかったっていうのに」

サーバル「えっへん」

ツチノコ「で、その弱点ってのは?」

サーバル「百合だよ!」

ツチノコ「……ああん?」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:50:48 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「百合って、花の百合か?」

サーバル「違うよ、そっちじゃないよ」

ツチノコ「じゃあ、その……女の子同士で、い、イチャイチャするほうか?」

サーバル「そう、そっち!」

ツチノコ「ふ、ふざけんなコノヤロー!! セルリアンがそんな、ゆ、百合なんかで死ぬわけねーだろ!」

サーバル「本当だよ! ボスがそう言ってたんだから! ね、かばんちゃん!」

かばん「う、うん」

ツチノコ「……マジ? いやいやいや、んなわけねーだろ!!」

かばん「あはは……」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:51:39 ID:0tYZMTwg
ボス「百聞は一見にしかずだよ、かばん」

ボス「ツチノコが納得出来るように百合を見せてあげよう」

ボス「それはもう濃厚な百合を見せつけてあげよう」

ボス「なんなら一線を越えよう」

かばん「で、でも、やっぱり恥ずかしいですよぉ……」

かばん「しかもツチノコさんの前でだなんて、そんな」

サーバル「大丈夫だよ、かばんちゃん! 恥ずかしくたってへーきへーき!」

かばん「サーバルちゃん?」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:52:29 ID:0tYZMTwg
サーバル「だって、ね? 私も本当はちょっと照れくさくて、ドキドキしてるんだ」

サーバル「ほら、私の胸、触ってみて?」

かばん「あっ……」

ツチノコ「んなっ!?」

かばん(さ、サーバルちゃんの胸、触っちゃった……!)

サーバル「ドキドキしてるでしょ、えへへ」

サーバル「恥ずかしいのは一緒だもん。一人だと逃げ出したくなっちゃうけど……」

サーバル「かばんちゃんと一緒なら私、どんな恥ずかしいこともへっちゃらだよ、えへへ♪」

かばん「さ、サーバルちゃん……」///

ツチノコ「っ……」///

19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:53:12 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「ちょ、お、オマエら……な、何やってんだよ……見てるこっちまで恥ずかしいだろーが……」///

ツチノコ「……ん?」

セルリアン「尊い」チュドーン

セルリアン「百合キタコレ」チュドーン

ツチノコ「んなっ!? せ、セルリアンが次々と死んでいく!!」

ツチノコ「本当に百合が弱点だったって言うのか!?」

ツチノコ「じゃあオレもああいうことをすれば……」

ツチノコ「ってうあああ! 違う違うっ! オレはやらないぞ!」///

20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:54:51 ID:0tYZMTwg
サーバル「やったね、かばんちゃん!」

かばん「う、うん……」

サーバル「でもまだセルリアンはのこってるみたいだし、もっとイチャイチャしよっか!」

かばん「……うんっ」///

ツチノコ「ま、まだやんのかよっ!!」

サーバル「ね、かばんちゃん! 今度はかばんちゃんから、ちゅー!して欲しいな!」

かばん「ええっ、ぼくから?」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:57:00 ID:0tYZMTwg
サーバル「うん! さっきは私からしてばっかりだったでしょ? だから今度はかばんちゃんの番!」

かばん「……う、うん、わかったよ、サーバルちゃん」///

サーバル「かばんちゃんの好きなところにちゅーして良いよ!」

サーバル「私はほら、こーやって目を瞑っておくね♪」

かばん「……っ」///

ツチノコ「ば、バカだろオマエら、見てられねーな……」

ツチノコ「……///」チラッチラッ

22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:57:42 ID:0tYZMTwg
かばん「え、えと……その……」

サーバル「早く♪ 早く♪」

かばん「っ……ちゅっ♥」

サーバル「んっ♥ み、耳?」

かばん「ぼく、サーバルちゃんの可愛いお耳大好きだから……んちゅ♥」

サーバル「あんっ、くすぐったいよぉ♥」

ツチノコ「……うう」///

23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:58:23 ID:0tYZMTwg
セルリアン「キマシタワー」チュドーン

セルリアン「キマシタワー」チュドーン

ボス「キマシタワー」チュドーン

ツチノコ「せ、精神的にキツいものがあるが、確実にセルリアンは減ってるな」

ツチノコ「……ん?」

セルリアン(強)「…………」

ツチノコ「なんだアイツ、平然としてやがるな……」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 20:59:16 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「おいオマエら! なんか百合……ゆ、百合が効いてないのがいるぞ!」

かばん「ちゅっ♥ちゅっ♥」

サーバル「みゃっ♥みゃっ♥」

ツチノコ「聞けよコラぁ!!」

サーバル「うみゃっ?」

かばん「ふえっ?」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 21:00:20 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「何かあそこに百合が効いてないやつがいるんだよ!」

かばん「本当ですね……」

サーバル「どーしてだろ?」

かばん「あ、そういえばラッキーさんが言ってました」

ツチノコ「何か知ってるのか!?」

かばん「……が、ガチ百合は一部のセルリアンの好みじゃないから効果が薄い、って……」///

ツチノコ「……はああ?」

かばん「つまり、その、ぼくとサーバルちゃんが……ら、ラブラブ過ぎてドン引きしてるんだと思います」

サーバル「わー! それだけ私たちが仲良しってこと? すごーい!」

かばん「えへへ……」///

26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 21:01:25 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「えへへ、じゃねーよ! どーすんだよ、よりによってあんな強そうなセルリアンが残って!」

ツチノコ「正面からやり合うのは無茶だぞ!」

サーバル「どうしようか、かばんちゃん」

かばん「うーん……」

かばん「……あっ」チラッ

ツチノコ「な、なんだよ、オレの顔に何かついてるか」

かばん「一つ、思いついたことがあるんですけど……」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 21:22:23 ID:0tYZMTwg
サーバル「なになに?」

かばん「が、ガチ百合がNGなら、ツチノコさんとお遊びで百合ごっこすれば良いんじゃないかな、って」

ツチノコ「……はああああっ?!」

ツチノコ「ば、バカなこと言ってんじゃねーぞコノヤロー!! だ、誰がそんな真似っ」

サーバル「良いじゃんツチノコ、やろうやろう! 百合ごっこ!」

ツチノコ「ば、バカよせ! オレは百合なんて興味ねーしっ」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 21:26:02 ID:0tYZMTwg
サーバル「でもこのままじゃセルリアンを倒せないよ! やらなきゃ、百合ごっこ!」

ツチノコ「くっ……たしかにあいつに居座られたら困るな」

ツチノコ「う、ううう……」

ツチノコ「わ、分かったよ!
やれば良いんだろ、やれば!」

サーバル「わーい! 決まりだね!」

サーバル「ねえねえツチノコ! わたしとかばんちゃん、どっちと百合ごっこしたい?」

ツチノコ「んなっ!?」

かばん「さ、サーバルちゃん?」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 21:40:11 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「それは、その、別にどっちでも良いけど……」

サーバル「けど?」

ツチノコ「あ、いや、けど、っていうか、その」

ツチノコ「し、強いて言うなら……」

ツチノコ「……オマエ、かな」///

かばん「えっ、ぼ、ぼくですか?」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 21:41:03 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「か、勘違いすんじゃねーぞ! 二択だからな! 仕方なくな!」

かばん「あ、は、はい!」

かばん「でもちょっとだけ嬉しいです、えへへ」

ツチノコ「……ちょっとだけかよ」

かばん「えっ、今なんて……?」

ツチノコ「な、何も言ってねーし!」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 21:41:41 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「じゃ、じゃあ、その、なんだ、やるぞ、百合……ごっこ」

かばん「は、はい」

ツチノコ「……まずはっ、は、ハグから行くぞっ」///

かばん「…………」ドキドキ

セルリアン「…………キマ」

ツチノコ「……ん?」

セルリアン「キマシタワー」チュドーン

サーバル「あ! セルリアンが死んだ!」

ツチノコ「ええっ?!」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 21:44:20 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「お、オレはまだ何もしてないぞ!!」

かばん「あ、ひょっとしたら……」

サーバル「ひょっとしたら?」

かばん「ツチノコさんの初々しい感じの百合オーラにあてられたのかも」

ツチノコ「そ、そうか……なるほど」

ツチノコ「…………」

サーバル「あれ、ツチノコ残念そう?」

ツチノコ「ば、バカ言うんじゃねーよ!! くだらないことしなくて済んでホッとしてんだよ!!」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 21:44:52 ID:0tYZMTwg
ツチノコ「これでセルリアンは全部片づいたな! うん、片づいた!」

ツチノコ「お、オレは遺跡の調査で忙しい! だからオマエらはさっさと帰れ!」

かばん「は、はいっ」

サーバル「またね、ツチノコ♪」

ツチノコ「…………」

かばん「?」

ツチノコ「その、なんだ、また……な」///

かばん「……はいっ♪」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 21:45:33 ID:0tYZMTwg






かばん「でもよかったです、無事にセルリアンを倒せて」

サーバル「これも百合のおかげ、ううん、かばんちゃんのおかげだね!」

かばん「そ、そんな、ぼくだってサーバルちゃんがいてくれたから……」

サーバル「えへへ♪」

かばん「……ふふ♪」

サーバル「……さ、旅を続けよっか! かばんちゃん!」

かばん「うん、サーバルちゃん!」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/02/14(火) 21:46:54 ID:0tYZMTwg
ビーバー「プレーリーさんと暮らすようになってからセルリアンに襲われなくなったッス」

プレーリー「不思議でありますねー」

おしまい。
 


元スレ: サーバル「セルリアンの弱点は百合?らしいよ!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1487070688/