SSまとめ速報ちゃんねる

SSまとめ速報ちゃんねる

面白いSSを毎日更新します!

のび太「シュレーディンガーの猫って、なあに?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:21:44.77 id:wba7IW8F0
ドラ「シュレーディンガーの猫?また急にどうして?」

のび「何となく?」

ドラ「何となくって…まあ、いいや。シュレーディンガーの猫っていうのはね」

のび「うんうん」
 
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:24:13.02 id:wba7IW8F0
ドラ「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%B7%E3%A5%E3%AC%E3%BC%E3%87%E3%A3%E3%B3%E3%AC%E3%BC%E3%AE%E7%8C%AB

のび「???」

ドラ「…やはり君には難しかったか」

のび「もっと簡単に言ってよー」
 
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:25:52.05 id:wba7IW8F0
ドラ「例えばここに死にかけの猫がいたとした」

のび「うん」

ドラ「その猫を箱に入れてしまうんだ」

のび「えー!かわいそうに!」

ドラ「猫を入れたままの箱を開けなければ、中で猫が死んでるか分からないだろう?」

のび「死にかけの猫なら死んでいるんじゃない?」

ドラ「そうだね。死んでるかもしれない。でも生きているかもしれない。箱の中を覗かない限り分からないけれど」

のび「まあ、確かに」

ドラ「箱の中の様子が分からなければ、箱の中で死んでいる猫、生きている猫が存在するって事がシュレーディンガーの猫だよ。分かったか?」

のび「うーん…多分?」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:27:30.61 id:wba7IW8F0
ドラ「結果が分からない状態じゃあ、いくつも可能性があるって事だよ」

のび「じゃあ…映画で見たけど、未来では僕と静ちゃんが結婚したよね?」

ドラ「そうだったね」

のび「でも第一話だと、僕はジャイ子と結婚していたよ?それもシュレーディンガーの猫?」

ドラ「ちょっと違うけれど、可能性があるって所は同じだな」

のび「えっ!?じゃ、じゃあ僕はまだジャイ子と結婚するかもしれないって事ぉ!?」

ドラ「むしろ今の所だと、結婚できない可能性の方が高いかもね」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:29:18.00 id:wba7IW8F0
-その夜-
のび(シュレーディンガーの猫かぁ…凄く難しかったなあ。でもしかし…)

のび(僕がジャイ子と結婚?冗談じゃない!!)

のび(僕のお嫁さんは静香ちゃんが良いのに…)

のび(どうすれば……)

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:29:48.24 id:wba7IW8F0
のび「そうだ!!」

ガラッ

ドラ「…のび太君。まだ起きていたの?」

のび「あ、ごめん。起こしちゃった?」

ドラ「良いけど、早く寝なよ。明日も学校だろ?」

のび「うん、おやすみ」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:31:09.81 id:wba7IW8F0
-翌日放課後-

キーンコーンカーンコーン

ジャ「おい、のび太。帰ったら空き地に来い。野球の人数が足りないから特別に入れてやる」

スネ夫「ありがたく思えよー」

のび「あ、ごめん。ちょっと用事があって…」

ジャ「何だよ!この俺様が直々に誘ってやってるっていうのに。それよりも大事な用事だって言うのか~?」

スネ夫「のび太の癖に生意気だぞー!」

のび「うっ…ごめん!僕の将来の為なんだー!!」タタタタッ

ジャ「…何だよ、アイツ」

スネ夫「さあ?」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:32:14.93 id:wba7IW8F0
のび「ふう、危うく捕まるところだった」

のび「それじゃあ裏山に行こう。このスペアポケットから…」

のび「どこでもドアー」タッタタターターターター♪

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:33:57.63 id:wba7IW8F0
-裏山-

ガチャ

のび「やあ、待ったかい?」バタン

ジャイコ「のび太さん?この手紙を出したのって、あんただったの?」

のび「いかにも。この僕さ」

ジャイコ「あんた、これ一体なんて書いてあるの?」

のび「え?君、字が読めないの?」

ジャイコ「『ヅャイ子へ。君に犬じな話があるやら、うらやまに未い。みらいの君の夫じゃない入より』」

のび「一体、何を言ってるんだ?」

ジャイコ「あんたからの手紙。これ、字が間違いだらけよ。あんた字もまともに書けないの?」

のび「それはっ間違いは誰にでもあるだろ!」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:34:37.88 id:wba7IW8F0
ジャイコ「じゃあ、何の用?」

のび「そうだ。君に言いたい事があるんだ」

ジャイコ「なによ」

のび「僕は君を好きに」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:35:29.29 id:wba7IW8F0
のび「好きにならない!絶対にだ!」

ジャイコ「!」

のび「だから僕の事は諦めてくれ!」

ジャイコ「…」

のび「僕は静ちゃんと結婚するんだ」

ジャイコ「…」

のび「だからっ頼む!この通りだよ」

ジャイコ「…ば、馬鹿にしないでよ!!」

のび「!?」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:36:38.30 id:wba7IW8F0
ジャイコ「黙って聞いてれば好き勝手言ってくれて…何が諦めてくれですって?私が、いつ、あんたを好きだと言ったの!?」

のび「だって未来では…」

ジャイコ「成績も運動神経も顔も悪い。おまけに弱虫で泣き虫。人に頼ってやっと生きている勘違い男なんて、億積まれたって好きにならないわ!!」

のび「うぅ…酷い!酷すぎる!」

ジャイコ「しかも源さんと結婚したいなんて、おこがましいにも程があるわ」

のび「何だとぉ!?」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:37:28.67 id:wba7IW8F0
のび「お前なんかあ」ガシッ

ジャイコ「何よ!叩くつもり?」

のび「お前なんかあ」ガチャ

ジャイコ「…え?」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:38:51.29 id:wba7IW8F0
のび「お前なんか!!」ドン

ジャイコ「あ…いや…」

バタン

のび「はあ…はあ…はあ…酷い…」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:40:16.19 id:wba7IW8F0






のび「酷いよ。あんまりだ」

のび「いくらなんでも、酷すぎる。言って良い事と悪い事も分からないのか。あいつは」

のび「…ジャイ子をどこでもドアに突き飛ばしたけど、ドアの向こうはどこだったっけ?」

のび「…」

のび「頭にきてたからちゃんと考えていなかった…」

のび「もしかして、これは不味い事になったのでは?」

のび「あ、そうだ!」

のび「シュレーディンガーの猫だ!」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:41:31.63 id:wba7IW8F0
のび「ジャイ子をどこでもドアに入れたけど、ジャイ子を探さなければ、ジャイ子が元気でいるって事になる」

のび「うん。探さなきゃ、結果が分からないもん。そういう事だよね?」

のび「しかも僕の前にもう現れないんだから。僕が静香ちゃんと…うふふ」

のび「思ってたのと違う結果になったけど…やったぞお!万歳ー!!」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:43:00.47 id:wba7IW8F0
-翌日学校-

のび「おっはよー」

ざわざわざわざわ

のび「ん?何だか騒がしいな」

スネ夫「あ、のび太だ!」

ジャ「のび太だと!?」

のび「え?なに、どうしたんだよ」

ジャ「お前、ジャイ子を…」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:44:40.95 id:wba7IW8F0
ジャ「ジャイ子を見なかったか!?」

のび「え?」

スネ夫「ジャイ子ちゃんが昨日から帰って来ないんだってさ。のび太は何か知らないか?」

のび「知らないよ!ぜーんぜーん知らないよ!」

ジャ「ちっ、使えねぇ」

静香「武さん。のび太さんどうだって?」

ジャ「知らないってよ」

静香「え?…そうなの」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:45:52.19 id:wba7IW8F0
スネ夫「そうだ!ドラえもんだよ!」

ジャ「おおう!そうだ!!ドラえもんだ!!」

のび「ええ!?」

ジャ「何だよ!」

のび「いや…何でもないけど」

スネ夫「ジャイアン。こんな奴、放っといて早く行こうよ」

ジャ「おう」

のび「…どうしよう」

しず「…」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:46:47.52 id:wba7IW8F0
-野比家-

ジャ「おっ邪魔しまーす」

タマ子「あら、いらっしゃい。みんな揃ってどうしたの」

スネ夫「僕達、宿題しに来たんです」

タマ子「まあ?本当に?偉いわね~。後でおやつを持っていくわ」

「「ありがとうがざいまーす」」

のび(ドラえもん…どうか出掛けていてくれ!)

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:47:25.54 id:wba7IW8F0
-のび太の部屋-

ジャ「ドラえもーん!!」

ドラ「あれ、ジャイアン?それに皆も」

のび「あちゃー…」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:48:30.93 id:wba7IW8F0
ジャ「実は」カクカクシカジカ

ドラ「成る程。それは心配だ」

スネ夫「何とか探せない?」

ドラ「うーん。探せないことはないけれど、今は無理だよ」

ジャ「どうしてだよ!!」

ドラ「四次元ポケットの調子が悪くて、メンテナンスに出しているんだ」

スネ夫「じゃあ、スペアポケットは!?」

ドラ「それもない……見当たらないんだ」

ジャ「嘘だろ!?ちゃんと探したのかよ!!」

ドラ「探したさ。四次元ポケットが戻ってきたら、また道具を使って探そうと思っていたけど」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:49:25.35 id:wba7IW8F0
スネ夫「じゃあ、タイムマシン!」

ジャ「それだ!!」

ドラ「言いにくいんだけど、それも…」

ジャ「つ、か、え、な、い、とか、言うつもりじゃないよな?」

ドラ「…使えないんだ」

ジャ「このっ野郎!!」

スネ夫「ジャイアン落ち着いて!」

静香「タケシさんっ」

のび(やったあぁ!!)

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:51:11.75 id:wba7IW8F0
静香「タイムマシンが使えないって、どういう事なの?」

ドラ「ほら、この通りだよ」ガラッ

のび「何だい、これ?」

ドラ「時空嵐さ」

ジャ「関係ない!ジャイ子の為なら日の中、時空嵐の中だ!!」

ドラ「うわあ!よせ!!タイムマシンもスペアポケットにしまっているんだ!」

スネ夫「あーもう!どうしてなくしたんだよー!」

ドラ「僕だって好きでなくした訳じゃない!それに例えタイムマシンがあったからって、時空嵐だもの。どの時代に飛ばされるか分からないぞ」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:52:00.27 id:wba7IW8F0
-夜-

のび(いよいよ大事になってきたなあ)

のび(…ジャイ子もジャイ子さ。とっとと出てきてくれれば良いのに)

のび(はっ!もしかして…僕を困らせて、仕返しのつもりか!)

のび(そう思えば、何だかムカムカしてきたぞ。よーし、このスペアポケットで見つけ出してやる)ガサゴソ

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:52:35.66 id:wba7IW8F0
のび(思い出しトンカチ~)タッタタターターターター♪

のび(これで、僕の頭を叩くと…)

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:54:12.30 id:wba7IW8F0


G子「成績も運動神経も顔も悪い。おまけに弱虫で泣き虫」

のび(僕だってやれば出きる!)

G子「人に頼ってやっと生きている」

のび(やっと、生きているだってえ!?)

G子「勘違い男なんて、億積まれたって好きにならないわ!!」

のび「うぅ…酷い!酷すぎる!」

のび(どうしてそんなに酷い事が言われなきゃいけないんだ!!僕だって一生懸命生きているのに!!)

G子「しかも源さんと結婚したいなんて、烏滸がましいにも程があるわ」

のび「何だとぉ!?」

のび(僕と静ちゃんの未来まで、馬鹿にするのかあ~)

のび「お前なんかあ」ガシッ

のび(なんて奴だ。なんて奴だ!!)

G子「何よ!叩くつもり?」

のび「お前なんかあ」ガチャ

のび(僕を、僕を、馬鹿にする奴は)

G子「…え?」

のび((消えてしまえ))



のび「…あ」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:54:57.04 id:wba7IW8F0
のび「そうだ。僕がどこでもドアを繋げた場所は……海だ」

のび「頭にきてたから、よく覚えてなかったけど、太陽が海に反射して眩しかった」

のび「ドアを閉める時、水に何か落ちる音とドアを叩くような振動があったんだ…」

のび「ああ…そうだ。僕は…」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:55:46.28 id:wba7IW8F0
のび「やったぞ!」

のび「うひゃあ!やった!ざまあみろ!!僕を僕を馬鹿にするからこうなるんだ!!」

のび「思い出しトンカチで思い出せたけど、凄くムカムカしてきたぞ。くそぅ」

のび「……でも、海か」

のび「いや、大丈夫。シュれーディンガーの猫だ。ジャイ子は海に落ちただけど、僕はその結果を知らないもの」

のび「つまりっジャイ子は死んでいない!多分、元気だ!だから、大丈夫」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:57:41.77 id:wba7IW8F0
-翌日-

ジャ「のび太!スペアポケットは見つかったか!?」ガシッ

のび「ま、まだだよ」

ジャ「…そうか」

のび「意外だ。もっと何か言われるかと思った」

スネ夫「ジャイ子ちゃんの捜索願いを出したんだってよ」

のび「えー!大袈裟な!」

スネ夫「大袈裟なもんか。女の子が二晩も帰って来ないんだぜ。ジャイアンとおじさんは寝ないで探しているし、おばさんは寝込んじゃったんだってさ」

のび「ふぅん、でも僕らだってよく行方不明になるじゃないか」

スネ夫「それは映画か漫画だろ。ここはSS速報VIPだ。何が起きても不思議じゃない」

のび「そういうものなのか」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/23(土) 23:58:56.65 id:wba7IW8F0
のび(ジャイアンが静かだと、スネ夫も大人しい)

のび(クラスも暗いけど、先生も僕を含めた皆に気を使ってて、凄く優しい)

のび(今日は良い日だなあ)

静香「のび太さん」

のび「あ、静香ちゃあん」

静香「あの、放課後裏山に来てほしいの?良いかしら?」

のび「よっ喜んでっ!」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:00:12.32 id:unFEr9Wp0
-放課後-

のび(静香ちゃんが裏山で話があるって…これはもしや、告白!)

のび(早速、ジャイ子がいなくなった効果が出てきたか)

のび「善は急げだ!」

のび「どこでもドアー」タッタタターターターター♪

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:00:59.57 id:unFEr9Wp0
-裏山-

のび「しーずかちゃん」

静香「きゃあ!のび太さん!?」

のび「話ってなに?」バタン

静香「…」

のび「あー、もしかしてその話って、最初に『こ』がついたりしない?」

静香「!?」

のび(ビンゴ!)

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:01:40.44 id:unFEr9Wp0
のび(本当は男の僕から言うべきだと思うけど、静ちゃんが言いたいなら…うふふ)

静香「…のび太さん」

のび「なあに?」

静香「本当はジャイ子ちゃんがどこへ行ったか、知っているんじゃないの?」

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:03:10.19 id:unFEr9Wp0
のび「な、なななななな何をっ根拠にっ」

静香「…私、ジャイ子ちゃんがいなくなった日、のび太さんがジャイ子ちゃんの下駄箱に手紙を入れたのを見たの」

のび「僕じゃないよ!人違い!」

静香「…それからこの手紙」

のび「それはっ」

静香「ここに落ちていたんだけど。のび太さん、あなたの字よね」

のび「僕の字はこんなに汚くないぞ!」

静香「…じゃあ、どうして?」

のび「え?」

静香「どうしてスペアポケットをあなたが持っているの?」

のび「あ…しまった」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:03:51.49 id:unFEr9Wp0
静香「…のび太さん、正直に言って」

のび「酷い!僕を疑うの!?これは…そう!拾ったんだ!見つけたんだよ!」

静香「怒らないから、本当の事を言って。ジャイ子ちゃんはどこにいるの?」

のび「違うったら!僕じゃないよ!僕は…ジャイ子を海に落としたりなんか…」

静香「海に!?」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:05:40.88 id:unFEr9Wp0
静香「どうしてそんな…恐ろしい事を…」

のび「違う違う!静香ちゃん誤解だよ!海に落としただけだからっ」

静香「落としただけ?ああ…どこの海?早く何とかしなくっちゃ…のび太さん、スペアポケットを渡して」

のび「大丈夫だよ!心配しなくても、ジャイ子は元気さ!」

静香「…それはどういう事?」

のび「ふふん、シュレーディンガーの猫って知ってる?」

静香「知らないわ。ドラえもんさんの道具?」

のび「違うよ」
 
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:07:17.51 id:unFEr9Wp0
のび「シュレーディンガーの猫とは、うーん…例えば猫がいるだろ?しかも死にそうなんだ」

のび「で、死にそうな猫を箱に入れる。外から見えない箱にね」

のび「するとどうだい?猫は死んでない。そういう事なんだ」

しず「あなたの言っている事、さっぱり分からないわ」

のび「あー、だから問題ないんだ。ジャイ子は海に落ちたけど、死んでるかもしれないけど、生きているかもしれないってこと」

しず「問題ない訳ないじゃない!」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:08:31.54 id:unFEr9Wp0
静香「そうね。確認していないんだもん。生きてるかもしれない。けど、普通はただじゃ済まないわ」

のび「でも生きているかもしれないだろ?」

静香「もういいわ。スペアポケットを貸して。それからドラえもんさんに相談して」

のび「え!?嫌だよ!何言われるか分かったもんじゃない!」

静香「あなた、こんな時にまで何言ってんの!もう、いいわ。歩いて行くから」

のび「あ、待って…待ってよ静香ちゃああん!!」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:10:34.48 id:unFEr9Wp0
静香(一番嫌な想像が当たってしまったようね)

静香(どこの海か分からないけど、とにかく探さなくちゃ…)

静香(万が一、手遅れだったとしても、タイムふろしきを使って元に戻して、それから記憶も消せれば)

静香(一番はタイムマシンが使えたら、のび太さんを止められるのに…)

のび「静香ちゃん!」

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:11:21.07 id:unFEr9Wp0
ドカッ

静香「のび、太さん…?」

のび「…あ」

静香「…」ドサッ

のび「静香ちゃん!」

静香「……」

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:12:16.80 id:unFEr9Wp0






のび「…めんよ…ごめんよ静香ちゃん…」

静香(ああ、のび太さんが泣いてる?)

のび「ごめんよ…僕が悪かった…」

静香(ううん、いいの。のび太さんは本当に駄目な人ね。やっぱり私がいないと…)

のび「もう…こうするしか…ないんだ」

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:14:37.61 id:unFEr9Wp0
静香(あら?のび太さんが大きい?違うわ。私をスモールライトで小さくしたの?)

静香(…どうして?)

ザクッザクッザクッザクッ

のび「シュレーディンガーの、猫」

静香「!?」

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:16:48.43 id:unFEr9Wp0
静香(そうだった…この人は…)

のび「シュレーディンガーの猫なんだ」

静香(この人は、話のタイトルになった道具を15分間ゴリ押しで使い続ける人だった)

のび「この穴に埋めてしまえば…」ザクッ

静香(もっと、違う方法があるでしょうに)

のび「僕も静香ちゃんは大丈夫」ザクッ

静香(私を…穴に埋めるつもりなの?嫌だ!声が、出ない!やめて!)

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:17:57.63 id:unFEr9Wp0
のび「静香ちゃん、ごめん」

静香(いや、手をはなさな…)

のび「大丈夫だから」ポイ

静香「~~~~!」

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:19:12.08 id:unFEr9Wp0
静香「」バキッグチャ

のび「後は埋めるだけか」

静香「」ピクピク

のび「よいしょっ」ザクッ

静香「」ピクピク

のび「うんしょ…疲れるなあ」ザクッ

静香「」ピクピク

のび「でも、これで大丈夫」ザクッ

静香「」

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:21:07.67 id:unFEr9Wp0
-夕方-

のび「いたたたた、掌に豆が!しかも破れそうだ!」

のび「でもよくスモールライトを思い出したな。あのまま埋めていたとしたら、もっと時間がかかったぞ」

のび「でも働いた後に見る夕日の美しさ!」

のび「…静香ちゃんにも見せたかったな」

のび「あ、でも僕と静香ちゃんは結婚するんだから、いつだって一緒に見られるや!」

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:21:33.92 id:unFEr9Wp0
のび「…あれ?」

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:22:36.97 id:unFEr9Wp0
のび「何だか、おかしいなぁ?」

のび「僕は静香ちゃんと結婚する」

のび「静香ちゃんと結婚する為に、ジャイ子を消した。いなくした」

のび「…」

のび「それが静香ちゃんにバレた」

のび「静香ちゃんに怪我をさせたから、嫌われないように、静香ちゃんを埋めた」

のび「??」

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:24:12.62 id:unFEr9Wp0
のび「待て!…待てよ」

のび「静香ちゃんを埋めた。そしたら静香ちゃんに嫌われたか、どうかは分からないから…」

のび「あれ?あれ?」

のび「静香ちゃんを…埋めた?」

のび「いやいや、埋めたけど、生きているかもしれない!」

『けど、普通はただじゃ済まないわ』

のび「!」

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:25:53.33 id:unFEr9Wp0
のび「静香ちゃん!!」ザクッザクッザクッ!!

のび「ああ!僕はなんて馬鹿なんだ!」ザクッザクッ

のび「何がシュレーディンガーの猫だ!何が大丈夫だ!大丈夫な訳あるか!!」ザクッザクッ!!

静香「…」

のび「静香ちゃん!!」

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:27:13.63 id:unFEr9Wp0
のび「静香ちゃん、ごめんよ!今助けるから…」

のび「お医者さんカバン!!」タッタタターターターター♪

ピーピーピーピー

のび「お願いだ!静香ちゃんを…」

『治療不能、デス』

のび「このポンコツ!」

のび「静香ちゃん!!目を覚まして…静香ちゃん!!」

静香「」

のび「ひっ冷たい!」

静香「」

のび「本当に、死…?」

のび「あああ?あああうあああ!?」

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 00:28:31.69 id:unFEr9Wp0
のび「違う!こんなの…そうだ!タイムマシン!!」

のび「アハハ、何で最初から思いつかなかったんだ。本当に僕って馬鹿だなあ」

のび「どこでもドアで一度家に帰ろう!」

のび「静香ちゃん、直ぐに生き返らせてあげるから、待っててね」ガチャ

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:05:32.37 id:unFEr9Wp0
-自宅-

のび「タイムマシン!」バタン

のび「はあ、はあ…」ガラッ

のび「…これは」

60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:06:04.87 id:unFEr9Wp0
のび「…ただの引き出し?タイムマシンは?え?え!?」

のび「ああ、そうだ。時空嵐とか言ってたっけ。これはもうドラえもんに聞くしかない」

のび「ドラえもーん!!」

シーン

のび「どこ行ったんだ?」

61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:07:00.47 id:unFEr9Wp0
-一階-

だだだだだだ

のび「ママ!!」

ママ「どうしたの?顔色が悪いわよ?」

のび「いや、僕の事はいいんだ。ドラえもんだよ!」

ママ「?」

のび「ドラえもんがどこへ行ったか知らない?」

ママ「ドラえもんって、誰の事?」

のび「!」

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:08:17.42 id:unFEr9Wp0
のび「ドラえもんはドラえもんじゃないか!!僕は急いでいるんだ!!」

タマ子「まあ!親に対して何て口の聞き方ですか!」

のび「ママこそ、どうして酷い事言うんだ!ドラえもんは家族じゃないか!」

タマ子「知らないものは知りません!夢でも見ていたんじゃない」

63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:10:36.95 id:unFEr9Wp0
-1年後-

のび「スペアポケットがなくなってる…」ブツブツ

のび「パパもドラえもんを知らない…」ブツブツ

のび「タイムマシンが使えない…」ブツブツ

のび「どうして…」ブツブツ

タマ子「のび太」コンコン

のび「」ビクッ

タマ子「タケシさん達がお迎えに来ているわよ」

のび「違う!あれはジャイアンじゃない!」

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:11:18.60 id:unFEr9Wp0
のび「ドラえもんも知らないし!冒険も覚えていないんだ!!」

ママ「何を言ってるの」

のび「ママだって偽物だ!」

ママ「…」

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:14:05.68 id:unFEr9Wp0
‐玄関‐

ガチャリ

タマ子「いつもごめんなさいね。のび太はまだ…」

ジャ「そうか。仕方がない奴だな」

スネ夫「学校来ないと修学旅行の班行、勝手に決めるからなって言ってやって下さい」

タマ子「ありがとう…」グスッ

だだだだだだ

のび「ママ!!」

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:15:05.64 id:unFEr9Wp0
ジャ「のび太…お前、元気そうじゃ…」

のび「今っどこでもドアの!音が!」

タマ子「のび太、だから何を言って」

のび「どこでもドアだよ!どこにでも行けるドアだよ。無人島にも海底にも宇宙にも行ったんだ。楽しかったなあ…」

タマ子「のび太、お願いだから…」

のび「ああああ!?」

67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:16:27.48 id:unFEr9Wp0
のび「しししし静香ちゃん!?どう、して…」

静香「おはよう、のび太さん。あのね」

のび「ひいいい!!ひいい!?」

静香「え?なに?私、なにか」

タマ子「ごめんなさい。もう学校に行ってください」

ジャ「でも」

タマ子「この通り、のび太は昔ののび太じゃないんです」

スネ夫「…行こうよジャイアン。のび太だって、あんな姿を僕達に見られたくないだろうし」

68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:18:26.46 id:unFEr9Wp0
ジャ「分かったよ」

タマ子「だから、迎えに来るのは…今日で最後に」

ジャ「おばさん。悪いが、それは聞けないぜ」

69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:19:09.09 id:unFEr9Wp0
ジャ「のび太は俺の子分だ。子分の面倒を見るのはガキ大将の務めだろ」

スネ夫「そういう事だからおばさん。明日も来るよ。修学旅行のしおり持って」

静香「私達、いつまでも待ってます。お大事に」

ママ「…のび太は良い友達に恵まれたわね」

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:22:13.71 id:unFEr9Wp0
-その夜-

ママ「あなた、今朝もタケシさん達が来てくれてね」

パパ「うん」

ママ「のび太に修学旅行…一緒に行こうって言ってくれて」

パパ「うん」

ママ「のび太が降りてきて、また変な事を喚いたの。でもあの子達、のび太が良くなるのを待ってくれるって」

パパ「うん」

ママ「…のび太を入院させようと思うの」

パパ「!」

72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:22:58.84 id:unFEr9Wp0
パパ「そ、そうか!やっと決心してくれたか」

ママ「それが…あの子を助けになるなら…私が悪いんだわ。ちょっと出来が悪いくらいで、叱っていたから現実逃避をして」

パパ「のび太がああなったのは君のせいじゃないよ」

ママ「可哀想なのび太…」

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:24:26.41 id:unFEr9Wp0
-数日後-

のび「…」

ママ「どうして…あなた起きているの…」

のび「やっぱり…」

74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:25:15.32 id:unFEr9Wp0
のび「僕の食事に睡眠薬を混ぜたな!!」

のび「その人達は誰だ!!」

のび「タイムパトロールか!?それとも悪い奴か!?密輸組織か!?負けないぞおお!!」

ママ「のび太、これは」

職員「いけない奥さん。興奮しているので近付かないで下さい」

のび「ふー、ふー」

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:26:24.07 id:unFEr9Wp0
のび「そうだ!!タイムマシンだああ!!」ガラッ

ガターン

ママ「!」

のび「よーし、静香ちゃんを生き返らせなくちゃ!」

ママ「頭から引き出しに突っ込んで…机の下敷きになっているのに…笑って…ああ、本当にどうして…こんな事に?」ヘナヘナ

のび「そうだ!!これで大丈夫!!シュレーディンガーの猫だああ!!」

76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:27:21.75 id:unFEr9Wp0
猫だあぁ…

あぁ…

ぁ…











のび「…」

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 01:29:29.21 id:unFEr9Wp0
のび太「シュレーディンガーの猫って、なあに?」

ドラ「シュレーディンガーの猫?また急にどうして?」

のび「何となく?」

ドラ「何となくって…まあ、いいや。シュレーディンガーの猫っていうのはね」





おわり。

81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/24(日) 04:31:54.54 id:kZkAJelxo
ジャイ子や静香ちゃんの死で未来が変わって[たぬき]がこなくなったってことなんだろうけど
改変された現在では静香ちゃん生きてるよね、でものびたがおかしくなってるからやっぱり[たぬき]は製造されないのか
のび太に中途半端なこと教えるもんじゃないな

82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/25(月) 01:18:52.31 id:L0J1UMTzo
後半わからんかったけど
>>81そういうことか

にしても後味わるっ
 
83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/25(月) 20:07:45.47 ID:6faolHc60
>>81、>>82

分かりにくくてすみません。

一応補足です。↓

①結局のところ、結婚相手が死んだので、ドラえもんが20世紀に来ない事になりましたが、ドラえもんが20世紀に来なければ道具も使えないので、のび太は誰も殺していないことになりました。

後日、退院したのび太は全てを夢だと思い込み、支えてくれた友人の妹(ジャイ子)と結婚し、将来的にセワシが生まれ、またドラえもんが20世紀に来ます。


②それから『どこでもドア』を使えたのに、『タイムマシン』が使えなくなっていたのは、引き出しを引く直前に静香が完全に蘇生不能となったからです。

なので、のび太は静香の時間を止めてから、ドラえもんに助けを求めるべきでした。

静香の時間を止めれば蘇生不能な状態まで悪化(?)しませんので、二人で考える時間は十分あると思います。

もっと良い方法があるかもしれませんが、例えば時空嵐が収まり次第、タイムマシンで裏山に向かう静香を『コピーロボット』とすり替える。

更にタイムマシンでジャイ子が海に突き落とされた現場に行き、ジャイ子も救出し、しばらく隠れて貰い、全て終わった後に出て来れば、二人とも死なずに済んだと思います。