SSまとめ速報ちゃんねる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSまとめ速報ちゃんねる

面白いSSを毎日更新します!

【完全版】斎藤「あっ…!!!マーくんと身体が入れ替わった!?」

おすすめ記事▼【2017年度版】ぼくがオススメする名作SS10選

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/27(金) 23:39:12.32 ID:rs+lzok90

田中 22勝0敗1Sでシーズンを終える

「マーくんメジャー挑戦か!?」

「メジャーで既に多くの球団が視察」

田中「…色々あったシーズンだったな」

マー君は球場の周りを自転車で走っていた

携帯をいじながら乗っていたため前方をちゃんと確認することが出来ず

ドンッ

田中「いたっ…!」

斎藤「うっ」

球場の外を走っていた斎藤祐樹とぶつかった





6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/27(金) 23:40:19.69 ID:4cvPMMyV0

マーさん悲惨過ぎワロエナイ





7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/27(金) 23:40:20.35 ID:9d1D8ICHi

カイエン乗れるじゃん





11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/27(金) 23:41:31.18 id:ScWdD4vK0

里田(今晩ヘタクソだな・・・)





12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/27(金) 23:42:06.25 ID:/hvTlW2a0

>>11
やめてやれ





元スレ
ニュース速報(VIP)@2ちゃんねる
斎藤「あっ…!!!マーくんと身体が入れ替わった!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380292752/
 

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/27(金) 23:43:18.02 ID:rs+lzok90

田中「あいてててっ…」

斎藤「っ…」

田中「大丈夫ですか…?えっと…」

斎藤「あん?お前…斎藤か……?」

田中「えっ?」

斎藤「あれ……どうなってんだこの身体……」

田中「マーくん、もしかして」

斎藤(う、嘘だろ……)

2人の身体は入れ替わっていた





31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/27(金) 23:48:34.37 ID:rs+lzok90

斎藤 132km コンD スタE スライダー2 カーブ1

マーくん 156km コンB スタA  ツーシーム SFF6 Hスライダー4 カーブ2 チェンジアップ2 特殊能力多数

斎藤「俺が斎藤の身体と入れ替わったってことか・・・」

田中「じゃあ、そういう訳でよろしく」

斎藤「お、おい!なんでそんなに冷静でいられるんだよ?」

田中「なんでって…こんなに素晴らしい選手の身体を手に入れることが出来たからね」

斎藤「ふざけるな…!!俺の身体だぞ!!」

田中「地位も…名誉も……力も全て手に入った…!!」

斎藤「返せよ俺の身体!!」

田中「じゃあ、僕はこれで帰るよ。来シーズン楽しみにしておいてくれ。」

斎藤「だ、誰か…!!そいつ斎藤です!!捕まえてください!!」





44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/27(金) 23:54:45.06 ID:rs+lzok90

斎藤は入れ替わった事に対して乗り気である

それもそのはず、現在成績不振の斎藤にとって田中の身体と入れ替わることが出来るなんて

願ってもないことであった

途方に暮れ球場の外をトボトボと歩いている斎藤(田中)

斎藤「はぁ…これから俺はどうすればいいんだ…」

斎藤「確か斎藤って2軍でも成績が振るわないって聞いたし」

斎藤「1軍のマウンドで投げることなんてもう出来ないのか…」


ガチャッ

田中「ただいま」

里田「おかえり~、夕飯の用意してるからもう少し待っててね?」

田中(うは…すげぇ…里田さんって確か料理すごい上手いって聞いたことが…)





51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/27(金) 23:58:11.16 ID:rs+lzok90

-1時間後‐

里田「お待たせ!」

スッ

田中「…!!!」

手作りの料理が田中(斎藤)の前に並べられた

田中(ど、どれだけ作ったんだ…5品…いや7品もある……)

里田「メジャー挑戦の為にもしっかりと身体作らないとね!」

田中「フフフ」


斎藤「あっ…食堂閉まってる…」

斎藤「仕方ない、なにかコンビニで買いに行くか…」

斎藤は自転車に乗って近くのコンビニへと向かった





57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:03:21.26 ID:rs+lzok90

‐コンビニ‐

斎藤「…ふう」

店員「いらっしゃいませえ」

小学生「あっ!斎藤選手だ!!」

斎藤「や、やあ」

小学生B「斎藤って全然あかんやんw」

小学生「どうしていつも2軍にいるんですか?」

斎藤「……っ」

斎藤(どうして俺がこんな目に…本当は俺はマーくんなんだ…)

小学生B「斎藤のフォームって左足が棒立ちになってるからあかんねんってw」

小学生「斎藤選手は甲子園でマーくんに投げ勝ったんだぞ!」

斎藤「…!」

小学生「そんなんマグレや、今では2軍ですら結果残せへん投手に成り下がってる」





64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:07:54.64 ID:rs+lzok90

小学生B「斎藤はもう再起できひんわw」

小学生「そんなことない…!!」

小学生の1人は今にも泣きそうな顔をしていた

それを見た斎藤(田中)はチョコバットを箱買いした

斎藤「これ、2人で分けてくれ」

スッ

小学生「ちょ…チョコバットだ!!」

小学生B「年棒低いのに無理すんなや」

斎藤「確かに今は成績不振に悩んでいるけど」

斎藤「約束するよ、必ず来シーズンでは俺とマーくんが投げ合えるぐらいに成長するって」

小学生「ほんと!?」

小学生B「そんなん嘘や!!!」

斎藤「君達と俺の約束だ」





71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:11:51.03 ID:rs+lzok90

斎藤(田中)はコンビニを立ち去り

自転車をコンビニ前に置いたままランニングにへと向かった

斎藤(どん底から這い上がってやる…!)


田中「メジャーはまだ挑戦しないことにしたんだ」

里田「え!?気持ちが変わっちゃったの?」

田中「もう少し国内で野球をしていたいんだ」

里田「……そう、でもそれは貴方が決めることよね」

田中(国内でもっと暴れまくって歓声を浴びたい…!早く試合がしたい…!)





82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:16:53.29 ID:rs+lzok90

開幕前のキャンプがいよいよ始まった

ズバンッ

スパンッ

田中「フンっ…!!!」

嶋「ナイスボール!」

星野「今年も調子良さそうやな…もう俺からは何も言うことないわ」

田中「ありがとうございます」


斎藤「ハァハァ…」

ブルペン入りでアピールをするつもりだったが

50球を投げ終えた辺りで息切れが始まった

栗山(今年もダメそうだな…開幕投手は翔平でいこう)





93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:22:08.50 ID:rs+lzok90

斎藤(あれだけ走り込みと投げ込みをしたのに…スタミナが全然ついてない…)

鶴岡「斎藤、もうやめとくか?」

斎藤「もう1球…もう1球投げさせて下さい…」

鶴岡「お前は一応、前のシーズンに怪我してたんだから無理するなよ」

斎藤「お願いします…」

鶴岡「わ、分かった」

鶴岡(いつもと雰囲気が違う気が…気のせいか)

斎藤(田中)のコントロールが少し上がった、スタミナが上がった


記者「斎藤はどうアピールしてももう無理だろうな~」

記者B「お、おい!!次大谷がブルペンで投げるぞ!!」

記者「…!!」

ブルペンの真ん中の位置に大谷が入って来た

大谷「よろしくお願いします」





100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:27:32.30 ID:rs+lzok90

記者「打者としては落合の才能、投手としてはダルビッシュの才能を持つ大谷…!」

記者「今シーズンがますます楽しみだな」

パシャパシャッ

栗山(翔平は開幕投手決定だな…マスコミの話題にもなる)

斎藤「大谷翔平…去年は打者としても投手としても出てたんだったな…」

ズパンッ

鶴岡「ナイスボール!」

大谷「…」

斎藤(良いストレートを投げるが、まだまだだな…)

記者「そういえば、この後大谷はバッティング練習もするんだろ?」

記者B「ああ、二刀流だからな」

斎藤(打撃練習…)





108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:32:03.11 ID:rs+lzok90

ブルペンから移動し次は打撃練習に移る大谷

カーァンッ

記者「おお…これも柵越えだ」

打撃練習をしていた大谷に斎藤(田中)が詰め寄った

栗山「なんだ斎藤、お前はもう帰っていいぞ」

斎藤「大谷と1打席勝負させてほしいです」

栗山「なにを言ってるんだ…キャンプでそんな真似が出来る訳ないだろ」

斎藤「いや…実戦の勘を取り戻したくて」

栗山「お前は走ってろ、1軍のレベルに到達すらしていない。大谷と1打席勝負なんて認めん。」

大谷「斎藤さんが良いなら、僕は構いませんよ」

栗山「よし、じゃあ1打席だけ許可しよう」





109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:33:04.73 ID:1OjpBA8M0

大谷良いやつwwww





113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:36:41.15 id:v3TP1zh70

>>109
イイヤツじゃねーぞコレ完全に舐めきった後輩の態度だろ





114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:38:03.67 ID:rs+lzok90

記者「お…斎藤と大谷の1打席勝負が始まるぞ…!」

パシャッパシャッ

記者B「元甲子園優勝投手vs10年に1人の逸材か」

斎藤「サインはどうしますか」

鶴岡「好きに投げてきていいぞ、あくまで開幕前の調整だしな」

斎藤「…はい」

大谷がゆっくりと打席に入り構えた

斎藤(フォームが本当に綺麗だな…打者としてやっていた方が良い気が…)

斎藤もロージンバックを拾い上げポンポンっと両手にまんべんなく付着させた

斎藤(田中)が大きく振りかぶり第1球を投げた

ピシュッ

ズバンッ

栗山「ストライクーー!」

初球はアウトコース低めにストレートが決まった





115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:41:57.10 ID:rs+lzok90

斎藤「…っし!!」

初球ストライクが入った

記者「それにしても相変わらず球威はないな」

記者B「投手としての能力も大谷に越されたんじゃないか?」

斎藤(次も同じコースを突いてみるか…大谷はあまりアウトコースが好きじゃなさそうだしな)

大谷(スピードもキレも大したことないな、2球目で仕留めよう)

2球目

斎藤が振りかぶり投げた…!

134㎞のストレートがアウトコースを襲う

大谷「…!」

カキーンッ





119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:43:47.42 ID:2d5sNgS20

>134㎞のストレートがアウトコースを襲う

なんか笑った





122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:45:15.23 id:v3TP1zh70

>>119
特に理由のない暴力と同じ香りがするけど事実なのが悲しすぎるわwwwww





121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:45:02.48 ID:rs+lzok90

アウトコースの球を大谷が完璧の捉え

打球は右中間フェンスを直撃

記者「だ…打球の速さが日本人離れしてやがる……」

大谷「斎藤さん、ありがとうございました」

ヘルメットを取り頭を下げた大谷

そのまま大谷はベンチ裏にへと立ち去っていた

栗山「これで満足か?斎藤」

斎藤「…」

栗山「開幕投手は大谷でいく、お前は2軍だ」

斎藤「……!!」





131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:50:40.67 ID:rs+lzok90

―シーズン開幕―

田中「うおおおおおおおお!!!」

ズバンッ

実況「空振り三振ーーーー!!開幕投手田中!見事開幕戦を勝利で収めました!!」

記者「ええ、今日の試合どのように感じられたでしょうか」

田中「やっぱり自分は持ってるな…ってw」

記者「…は…はは、同期の斎藤投手の真似ですね」

田中「背負ってモノが違いますから」

記者(こいつ田中か…?)


―ファーム試合―

大嶋「斎藤さん、よろしくです」

斎藤「…お前は確かソフトボール出身の」

大嶋「大嶋っすよ!ソフトボール出身で珍しいって最初だけ言われましたよ」





137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 00:55:30.11 ID:rs+lzok90

大嶋「そういうところ斎藤さんに似てるんすよね~」

斎藤「俺に…?」

大嶋「だって斎藤さんもプロ入りした時は騒がれてましたけど…」

斎藤「……過去は過去だ」

大嶋「ですよね!俺もたぶん、今年結果出なかったらどうなるか分かんないですし」

斎藤「1軍には上がったことがないのか?」

大嶋「ないですよ!下手投げから上手投げの投手に対応するのって思ったより難しくて…」

斎藤「勿体ないな、スイングスピードはメジャー級だって聞いたが」

大嶋「ソフトの世界だけの話ですよ!」

斎藤「……そうか」

大嶋「あ、もうすぐ試合始まりますんで準備してきますね」

タッタッタ





148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:00:55.66 ID:rs+lzok90

ファームの試合が始まった
相手はロッテのファームチームだ

1回の表、ロッテの攻撃は1番センター加藤から

加藤「ッシャッス」

大嶋「サインは任せますね、俺リード力とかないんで」

斎藤「…ああ、頼んだぞ」

大嶋「それじゃ、そういうことで」

斎藤「大嶋」

大嶋「はい?」

斎藤「…俺は今シーズン前半戦で1軍昇格を目指す」

大嶋「え!?そんなの無理っすよ…!今の斎藤さんじゃとても…」

斎藤「俺は本気だ」

大嶋(斎藤さんってこんな熱い人だったっけ…)

斎藤「…俺がお前も一緒に1軍に連れて行ってやる」

大嶋「!!」

斎藤「一緒に這い上がるぞ」





149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:01:35.38 ID:p/q8BLRi0

マーさんかっこよすぎ濡れる





150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:02:41.52 id:gv2PAyM70

やだかっこいい…





151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:04:27.54 id:tSEbWg8p0

魂まで気高いとかカンペキやん・・・





155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:07:52.16 ID:rs+lzok90

大嶋(クソッ…斎藤さんからあんな事を言われるなんて…)

大嶋(正直、プロの世界に入っただけで俺は満足してしまってた…)

大嶋(いつでも辞めるつもりだった……でも…!)

斎藤が振りかぶって第1球を投げた

ズバンッ

大嶋(あんたの球を1軍という舞台で受けたい…!!)

審判「ストライクーーーー!!」

この日をきっかけに2人の友情は深まることに


亀梨「田中選手、開幕勝利おめでとうございます」

田中「はは…どうも。まあ座ってくださいよ亀梨さん。」

亀梨「あ、ではお言葉に甘えて…」

田中「で、今日は何の用ですか?またwentのつまらない企画ですか?」

亀梨「い…いえ!今日は田中選手のインタビューを…」

田中「はぁ~いいですよ、wentってスポーツ番組としてはイマイチですよね」

亀梨「…」





158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:09:29.75 id:tSEbWg8p0

この斎藤さんは果たして改心するのか





164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:15:21.97 ID:rs+lzok90

亀梨「今年改めて自分のピッチングをどう感じられましたか?」
田中「やっぱり自分は持ってるものが違うな…と」
亀梨「それは確か斎藤選手の…」

田中「斎藤は甲子園では良いライバルでしたよ」

亀梨「そうですね、06年に決勝で投げ合った2人ですから」

田中「早く1軍に這い上がってきて欲しいものですね」

亀梨「ファンの皆さんもそれを期待されていると思いますよ」

田中「亀さん、時間空いてる時だったらwentのキャッチボール企画付き合いますよ」

亀梨「あ…ありがとうございます」


西「斎藤、今日のピッチング良かったぞ」

斎藤「…ありがとうございます」

西「6回まで1失点、去年のシーズンに比べると大分良くなってるぞ」

斎藤「1失点じゃダメです。無失点に抑えないと。」

大嶋「まぁ~でも今日は良しとしましょうよ」

西「大嶋、今日は全打席三振だったな」

大嶋「…ッス」





173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:20:36.08 ID:rs+lzok90

田中「ただいま」

ガチャッ

里田「おかえりなさいー」

妻の里田がすぐに玄関にまで迎えにきてくれた

田中「ふう、インタビュー疲れたよ」

里田「お疲れ様、お風呂とご飯の用意出来てるわ」

田中はお風呂とご飯よりも真っ先に今日の試合動画を録画したビデオで見始めた

田中「まい、一緒に今日の試合を振り返ろう」

里田「え?ご飯はいいの?」

田中「いいから、早く」

グイッ

里田「う、うん…」

それから今日の試合動画を5回程繰り返し振り返った

田中(今日の僕の投球内容かっこよすぎだろ…たまんないなぁ)





177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:24:36.96 ID:rs+lzok90

斎藤「大嶋、今日はどこかで食べに行くか」

大嶋「っす!コンビニのカップ麺が食べたいです!」

斎藤「お前なぁ…そんなのばっかり食ってた身体に悪いぞ」

大嶋「丸ちゃんの食べたいんです」

斎藤(こんな時に手料理を作ってくれる妻がいれば……)

大嶋「あ!俺コンビニのフランクフルトも食べたいです!」

斎藤「分かった、俺が全部出してやるよ」

大嶋「アザッス」


近くの公園でコンビニ食を食べている2人

大嶋「斎藤さん」

斎藤「なんだ?」

大嶋「どうして今日、俺にあんなことを言ってくれたんですか」





179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:27:43.89 ID:rs+lzok90

斎藤「お前も俺と似てるからだ」

大嶋「そうっすよね…最初だけマスコミに大きく取り上げられて」

大嶋「結局、活躍しないと思ったらポイッっすからね」

斎藤「プロの世界ってのはそんなもんだろ、生き残るのは難しいことなんだ」

大嶋「斎藤さん…なんか最近おかしいっすよ…」

斎藤「え?」

大嶋「最近まで目が死んでたのに、今の斎藤さんは目に闘志が宿ってるっていうか…」

斎藤(鋭いな…俺が体を入れ替わったことを言ってやりたいな…)

大嶋「まるで田中投手みたいっすよ!!」

斎藤(……)





185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:32:16.34 ID:rs+lzok90

それから1ヶ月近くファームで投げ込んだ斎藤

徐々に斎藤の身体にも慣れ投手としての能力が伸びて来た

139km コンD スタC スライダー4 カーブ2 SFF3 ピンチ○

西「斎藤、今日も良いピッチングだったぞ」

斎藤「いえ…大嶋のホームランに助けられました」

大嶋 ミE パB 走E 肩F 守F 粘り打ち

西「大嶋、お前も最近バッティング良くなってきたぞ」

大嶋「は、はい!ありがとうございます!」

西(このまま上手くいけば今シーズンの終わりぐらいに1度1軍に上げてもいいかもしれんな)





187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:37:26.69 ID:rs+lzok90

―交流戦突入前―

実況「マーくん!!今日も勝ったァァ!!!」

田中「ッシャァ!!」

実況「未だに無傷の連勝記録が伸び続けています!!」


西「斎藤、大嶋!お前達明日から1軍だ!」

斎藤「…!?」

大嶋「お、俺達が…1軍……?」

西「1軍の大野、鶴岡、ウルフが怪我で抹消された」

大嶋「1軍キャッチャー2人も抹消されるじゃないすか!!」

西「だから、最近2軍で好成績を残している大嶋を昇格させることになった」

西「斎藤はウルフの代役…もあるが大谷がやはりまだ先発として機能できていない」

斎藤「それで俺が1軍に……」

西「ああ、俺から見ても今のお前達なら十分に1軍でやっていけるはずだ」





201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:42:56.67 ID:rs+lzok90

稲葉「斎藤、大嶋…待ってたぞ」

陽「ヨォだ」

大嶋「い、稲葉さんに陽選手だ!!すげぇ!!!」

斎藤(ついに1軍へ上がれた…後は結果を残せるかどうか…)

栗山「斎藤、大島。ちょっと監督室に来い。」

斎藤「…はい!」


栗山「1軍昇格おめでとう」

斎藤「ありがとうございます」

栗山「早速だが、交流戦の初戦でお前達をスタメンで出そうと思う」

大嶋「…!!」

斎藤「俺達バッテリーをですか…?」

栗山「ああ、相手は巨人だ。現在セリーグの1位で相手としては十分だ。」

大嶋「巨人…すげぇ……」

栗山「恐らく向こうは2年目の菅野をぶつけてくるだろう」

斎藤「…菅野…!去年ルーキーで2桁勝利をあげた投手…」





208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:49:48.98 ID:rs+lzok90

栗山「そこでお前達2人の実力を拝見させてもらおう」

斎藤「…分かりました」

栗山(マスコミが喜びそうだしな)


―東京ドーム―

坂本「日ハムの先発、斎藤らしいですね」

阿部「ああ、面白い試合になりそうだ」

菅野「ニヤッ」

阿部「なにニヤついてるんだ菅野」

菅野「いえ…なんにもw」

菅野(斎藤とか勝ち星楽にゲットできるぜ)

菅野(過去の栄光投手は俺が完膚無きまでに叩き潰してやる)


実況「えー、今日からセパ交流戦がスタート!」

実況「ここ東京ドームで日ハム対巨人の1回戦が行われます!」

解説「はい、どうも」





209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:51:56.59 id:UN1nFrdl0

菅野うぜえwwww





210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:52:44.39 id:EBTU4A0L0

勝て……!勝つんだ、マー君……!





213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:54:53.52 ID:rs+lzok90

実況「今日の両チームの先発はこのようになっております」

日ハム 斎藤

巨人 菅野

解説「まさか斎藤選手と菅野選手の投げ合いが見れるとは思いませんでしたねぇ」

実況「ええ!しかもマスクを被るのは同じく1軍に上がったばかりの大嶋です!」

解説「非常に楽しみですねぇ」

「1番ライト…長野」

ドワァァァ

大嶋「こ、これが1軍の歓声…足が震えます斎藤さん…」

斎藤「場の雰囲気に呑まれるな」

大嶋「・・は、はい!」

斎藤「勝つぞこの試合」

大嶋「っす!!」





214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:56:02.52 id:OdqFDPH50

さすが中身は田中だから落ち着きがある





216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:57:17.75 ID:rs+lzok90

長野「…」

実況「さぁ、1番長野がゆっくりと打席に入りました」

解説「最近調子が良いですからね気を付けないといけませんよ」

大嶋「…ゴクリ」

実況「斎藤!第1球を投げました!!」

ピシュッ

ズバンッ

審判「ストライクーーーー!!」

実況「ああっと!低めに141kmのストレートが決まりました!!」

大嶋(今日も良い球だ…これなら巨人打線を抑えれる…)

菅野「ニタァ」





217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 01:57:29.92 ID:p/q8BLRi0

菅野のゲスっぷりwwwww





222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:00:28.92 ID:rs+lzok90

2球目はボール

3球目はスライダーで空振りを取りツーストライク

実況「斎藤!早くも長野を追い込みました!!」

解説「良いテンポですねぇ」

大嶋(最後はスプリットを振らせましょう…)

斎藤は静かに大嶋のサインに頷いた

ビシュッ

長野「…ンフッ!!!」

カキーンッ

斎藤「…!!」

実況「長野の打球は……!!?レフトに高ーーーく上がった!!!」

長野の打球はレフトフライかと思われたが

そのままレフトスタンドにへと吸い込まれていった





223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:01:25.38 id:Cnz6HlPb0

ドームランの魔の手に…





224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:01:28.34 ID:h+rp9xAN0

ドームランかよ





229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:03:37.61 ID:rs+lzok90

巨人1 日ハム0

実況「1回の裏!巨人が早くも長野のバットで先制しました!!」

斎藤「…クソッ!」

大嶋「スプリットが落ちなかったですね…」

斎藤(まだスプリットの精度がダメだ…これじゃ使えない…)

「2番 センター松本」

実況「次は2番センター松本です!!」

解説「足もある選手ですからねぇ、塁には出したくないですよ」

続く2番松本には四球を与えノーアウト1塁で

巨人打線のクリーンナップを迎え撃つことに





232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:06:27.40 ID:rs+lzok90

「3番 キャッチャー阿部」

実況「ここで3番阿部です!!3番阿部、4番村田、5番高橋!」

実況「最強クリーンナップです!!」

斎藤は阿部に対し初球アウトコースに投げ込もうとしたが

力みすぎワンバウンドボールに

大嶋「…!!」

スタートを切っていた松本は楽々と2塁へと進塁

実況「ああっと!!バッテリーの間でミスが起こりノーアウト2塁!!」

解説「これはいけませんねぇ」

栗山「…チッ」

実況「自らのミスでピンチを広げてしまいました斎藤!!」





239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:08:58.77 ID:rs+lzok90

大嶋「す、すいません…斎藤さん…俺がちゃんと捕球できなくて…」

斎藤「…大丈夫だ、これ以上点は取らせん」

大嶋「…斎藤さん」

斎藤「しっかり俺のボールだけを見ていてくれ、俺はお前を信じてそこへ投げ込む」

大嶋「…っす」

実況「マウンドに駆け寄った大嶋、再び元の位置に戻ります!」

菅野(こりゃ初回で6点ぐらい入りそうだな)

斎藤はマウンドで闘志を放つ

振りかぶり、阿部に対し第2球目を投げ込んだ

ククッ

スパンッ

阿部「…!?」





243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:11:19.64 ID:rs+lzok90

実況「2球目スプリットが決まりましたァ!!」

解説「予想外のボールですね、阿部選手も手が出ませんでしたよ」

実況「しかし、ボールです!これでノーストライクツーボール!」

斎藤(大嶋…もう1度同じ球だ)

大嶋(に、二球続けてスプリット…!)

ビシュッ

阿部「…スプリット……!」

カキィーーーンッ

実況「阿部の痛烈な打球は1、2塁間を抜けたァァ!!!!!」





246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:14:49.39 ID:rs+lzok90

痛烈な打球はライト大谷を襲う

大谷は冷静にボールを処理した

斎藤「く・・・」

大谷「…フンッ……!!」

2塁ランナー松本が3塁に進のを見て

大谷は3塁に向かってレーザービーで返球

ビシュッッ!!!

実況「物凄い返球が3塁に投げ込まれたッァアァァ!!!!!」

松本「…!!」

ズサァッ

松本はすぐさま頭から滑り込むも判定は…

審判「アウト―――――ッ!!!!!」

ライト大谷の好返球により松本の3塁進塁を阻止した

実況「素晴らしい大谷!!大谷の返球!!大谷!!大谷が魅せた!!!!!」





256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:20:12.36 ID:rs+lzok90

斎藤「…大谷……」

大嶋「あいつやっぱすげーっすね…お陰でワンアウト1塁になりましたし」

斎藤「今回は助けられたな」

実況「ですが、続いて4番の村田です!」

解説「ここ5試合の打率が6割を超えてるんですよねぇ」

実況「ええ!本人も不振に悩んでいた時期よりも遥かにボールが見えるようになったと話していました!」

斎藤「…っし」

斎藤は再度気合を入れ直し村田を迎え撃つ

大谷の好返球に触発されたのか、村田を簡単に追い込んだ

ヒュンッ

スパンッ

審判「ストライクーーーー!!バッターアウト!!」

実況「スプリットで村田を空振り三振に取りましたァァァ!!」

解説「まるで楽天の田中投手みたいですね」





260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:22:51.76 ID:rs+lzok90

ズバンッ!!

実況「アウトコースいっぱいに決まった!!手が出ないか高橋!!」

4番、5番を連続三振で仕留めた斎藤(田中)

斎藤「…ッシャァ!!!」

マウンドでガッツポーズ

大嶋「ナイスピッチングです!」

大谷「良い球ですね」

斎藤「…大谷、さっきの返球は助かった」

大谷「あんなの当然のプレーですよ」

斎藤「素直じゃないな」

大谷「次、僕に打席が回りますから…キッチリと取られた分、僕のバットで取り返してきますよ」

斎藤「…大谷」





261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:23:25.69 ID:p/q8BLRi0

解説陣が地味にいい味出してるww





264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:24:28.68 id:IJ6+Lq7d0

これはいい試合





265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:24:37.70 id:TfdV6dkQ0

大谷かっこいいな





267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:24:54.89 ID:p/q8BLRi0

大谷イケメンすぎる





272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:28:02.79 ID:rs+lzok90

「バッターは4番 ライト大谷」

ドワァァァァァ

実況「さぁ!!大谷翔平、注目の第1打席です!!」

解説「4番に大谷君を抜擢したのは栗山監督、思い切りましたねぇ」

実況「1回の表は巨人菅野に三者凡退で抑えられました日ハム打線!!」

実況「大谷が果たして口火を切ることが出来るのでしょうか!」

大谷「…」

スッ

菅野「ニヤニヤ」

菅野(なにが二刀流だ、舐めた事言いやがって)

ビシュッ!

大谷「…!」

スパンッ

実況「おおっと、第1球目大谷の顔面付近にボールが投げ込まれました!」

解説「コントロールミスでしょうかねぇ、相手が大谷くんということで菅野くんも力んだんでしょう」





274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:29:23.07 id:efh8c6p+0

菅野どんだけ小物なんだww





275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:29:55.46 ID:+vCI4Bz50

菅野うぜぇーwwwwwwwwww





276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:29:58.52 id:tSF+QN+N0

菅野クズ過ぎだろwwwwwwww





279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:30:50.33 ID:rs+lzok90

菅野「ニタァァ」

大嶋「あの浪人野郎…!帽子ぐらい取れよ!!」

稲葉「落ち着け大嶋、菅野くんのコントロールミスだ」

斎藤(わざとに見えたが……)


阿部(ふぅ、もう少しで顔面デットボールだったぞ)

菅野「ニヤニヤ」

実況「気を取り直して菅野第2球を投げました!」

ズバンッ

実況「低めに149kmのストレートが決まったストライク!」

大嶋「…は、はええ…」

稲葉「素晴らしいコースだ…今のは手が出ないな」

斎藤「2年目とは思えない……」





283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:33:33.77 ID:4Nvy53Rv0

ニヤニヤうぜえwwwwww





284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:33:49.72 id:PSensgEk0

ニタァァやめろwwww





285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:34:38.90 ID:rs+lzok90

3球目は大谷がかろうじてファールボールに

実況「追い込まれました大谷!!」

解説「阿部選手が内に構えましたねぇ、カットかスライダー来るかもしれませんよ」

ビシュッ

大谷「……インコース…!」

ククッ

スパンッ

振りに行った大谷だがバットは空を切った

審判「ストライクーーー!!バッターアウト!!」

実況「菅野!!インコースに素晴らしいカットボールを投げ込みました!!」

大谷「……くっ……」

菅野は電光掲示板の方向に身体を向けた

菅野「笑うな…堪えろ……まだ笑うな……(ニタァァ」





287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:35:57.37 id:bPxfjIpO0

菅野うぜぇwwwww





288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:35:57.55 ID:/O2MPWS80

菅野ゲス杉んだろww





295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:39:08.54 ID:rs+lzok90

続く5番小谷野は初球を打ち上げファーストフライに倒れた

「6番・・・キャッチャー大嶋」

ワァァァァァ!!

実況「沈黙する打線の中!まだこのバッターがいます!!!」

解説「1軍初打席じゃないですかねぇ」

大嶋「お願いしァァッッシャァァァッス!!!」

菅野(うぜーな、こういう奴…黙って三振してろよ四流打者)


大谷「すいません、でかい口を叩いておきながら」

斎藤「気にするな、菅野も良い投手だ」

大谷「絶対に…絶対に捉えてみせます……」





304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:43:51.96 ID:rs+lzok90

実況「2回の攻撃、結局三人で終わりました日ハム打線」

解説「素晴らしい立ち上がりですね菅野くんは」

実況「去年は新人王こそ逃していますが、既に球界を代表するエースと呼んでも過言ではありません!」


菅野「ふぅ」

原「どうだ、今日の調子は」

菅野「余裕だよ叔父さん、なんならノーヒットノーランでもしようか?」

原「ハハ、それも良いな」


2回の裏、斎藤は変化球主体の投球内容に変え

巨人打線の6番からの攻撃を三者凡退で封じる

菅野「…ったく、もうちょっと点ぐらい取ってくださいよ…!」

ロペス「ゴメンナサイ…」





312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:49:25.11 ID:rs+lzok90

稲葉「斎藤、ナイスピッチ」

斎藤「…初回に点を取られて申し訳ないです」

杉谷「気にするな」

陽「俺達がなんとかしてみせるヨォ」


しかし、なんとか菅野を捉えようとする打線だったが

7~8番の杉谷、中島は菅野の前に凡退する

そして打席には9番の斎藤がバッターボックスに

斎藤「…ふぅ」

菅野「ククッ…やっと来たか……ビビって逃げんなよ3流投手」





316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:52:52.30 ID:rs+lzok90

阿部(ここはど真ん中3つでいい、テンポよく終えろ)

菅野「ニタァ」

斎藤(菅野は確かに良い投手だ)

斎藤(俺が同じ投手として考えるなら……)

実況「斎藤に対して菅野第1球投げました!!」

ビシュッ

斎藤「…初球はお前が最も自信としてるスライダー…!!」

カキーーーンッ

菅野「…!!?」

実況「斎藤!!なんとセンター前ヒットォ!!」

解説「スライダーを投げましたけど、少し曲がりが弱かったですねぇ」

大嶋「よおおおおし!!斎藤さんが出たぞおおお!!!」

栗山「俺は信じていたぞ」

菅野「…ハハハ…投手に打たれた……」





318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:54:07.14 id:Nntdr94p0

菅野ざまぁ





327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 02:57:26.02 ID:rs+lzok90

菅野「…ふっ……ざっ…けんなよ……!!!!!!」

ズバンッ

審判「ストライクーーーー!!バッターアウト!!」

実況「今日最速!!152kmのストレートで1番西川を三振に抑えました!!」

解説「あれは手が出ませんよねぇ」


菅野はベンチに戻りふて腐れていた

原「どうした、菅野」

菅野「なんで俺があんなピッチャーなんかに打たれるんだよ…!!」

原「すまん、叔父さんの所為だ」

菅野「そうだよ!叔父さんが悪いんだよ!!」

阿部「菅野、次お前からだぞ」

菅野「…はい」

ヘルメットを被り打席にへと向かう菅野





332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 03:00:53.16 ID:rs+lzok90

実況「3回の裏!ジャイアンツの攻撃は9番の菅野からです!」

大嶋「じゃあ、ストレート主体で」

斎藤「ああ、次の1番長野に集中したいからな」

大嶋「ウーッス」

菅野(クソ……俺に屈辱を与えやがって……)

解説「菅野くんはバッティングも悪くはないですからねぇ」

菅野(ピッチャー返しだ…それであいつの顔面を破壊してやる…)

第1球振りかぶり、菅野に対して投げ込んだ





336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 03:04:06.99 ID:rs+lzok90

パァンッ

審判「ストライクーーーー!!バッターアウト!!」

斎藤「…シャァッ!!」

実況「マウンドで斎藤が雄たけびを上げた!!菅野空振り三振!!」

菅野「…くそが…!!!」

バットをその場で叩き付け悔しがる菅野

俺はお前に打たれたのに、なぜ俺は打てない

そう何度も心の中で悔しがった菅野

実況「さぁ、ここからジャイアンツ2巡目の攻撃に入ります!」

斎藤「…」

大嶋「2巡目…気を付けた方がいいっすね…」





344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 03:08:47.80 ID:rs+lzok90

大嶋の読み通りこの回で一気にジャイアンツが斎藤を畳みかける

実況「ヒットと四球でワンアウト1、2塁!!」

解説「次は4番の村田くんですねぇ」

斎藤「…くっ…思った以上に制球が出来ん……」

栗山「やはり斎藤は2軍のレベルだな…」

栗山「翔平の足元にも及ばん」


菅野「もうスタミナ切れか、2軍生活が長かったもんな」

実況「4番の村田!今日第1打席は空振りの三振を喫しています!」

解説「村田くんも抑え込まれたまま黙ってはいませんよぉ」

斎藤「……ッシャ」

ビシュッ

実況「初球!!村田に投げた!!」

コンッ

大嶋「ば……バント!?」





350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 03:12:34.76 ID:rs+lzok90

4番村田の意表をつくバント

完全に不意をつかれた斎藤は処理に遅れを取った

実況「1塁投げられません!!!ワンアウトランナー満塁!!!」

解説「原監督も思い切りましたねぇ」


大嶋「た、タイム!」

実況「大嶋がタイムを取り斎藤の下へ向かいます」

斎藤「予想外だった…4番の村田選手がバントをしてくるなんて…」

斎藤「昨シーズン、阪神戦で同じような攻め方をしていたのを忘れていた…」

大嶋「ど、どうします…ランナーフルベースですけど」

斎藤「それでも俺の投球スタイルは変わらん…無失点に抑えるだけだ…!」





354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 03:16:28.07 ID:rs+lzok90

斎藤(田中)の闘志が一層燃えたぎる

ピンチを迎えれば迎えるほど彼のギアは上がっていく

実況「高橋に対して第1球を投げた!!」

ククッ

ブンッ

審判「ストライクーーーーー!!」

実況「なんと、ランナー満塁で初球スプリットを投げ込みました!!」

解説「強心臓ですねぇ斎藤くんは」

実況「まるで別人のような斎藤!!!」

斎藤(高橋選手は天才だ…アウトコースに投げても綺麗にスタンドにまで運ばれる…)

斎藤(だから、ここは強気の攻めで…!)

ビシュッ

実況「今度はストレートだああああ!!」

高橋「…!」

カァーーーンッ





359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 03:20:34.02 ID:rs+lzok90

打球は高く上がりフェンスギリギリで陽がボールを捕球

3塁ランナーがタッチアップでホームに生還

2アウトとしたものの、巨人に2点目が入った

斎藤「……くっ」

実況「もう少しでホームランという当たりでした!!」

高橋(今の球威でバットの根元が折れた…か)

6番ロペスは内野フライに打ち取りこの回をなんとか凌いだ

……



実況「4回の表!菅野が2アウトまで持ち込みました!」

実況「打席には今日2回目の対戦となる大谷!」

稲葉「菅野くんのエンジンがかかってきたな…ますます打ち崩しにくいぞ」





364:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 03:27:03.45 ID:rs+lzok90

大谷「…」

バットを持ちホームベースの真ん中をバットでチョンと1回叩き

菅野と正対

菅野「…ッシ!!!」

実況「インコースに深くえぐり込むカットボールが決まった!!」

大谷(初回対戦した時より変化球のキレが良くなってる…)

ビシュッ

大谷「…そこだ!」

カキーーンッ

菅野「…!」

実況「大谷打ったーーー!!!大谷の!!大谷の打球は!!大谷の打球はライトへ!!!」





371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 03:37:04.38 ID:rs+lzok90

ズドンッ

実況「ライトフェンス直撃!!」

実況「大谷は1塁を回って2塁へ!」

長野「…くっ……!」

実況「長野!2塁へ返球するもセーフ!!大谷の足が勝ったァ!!」

実況「2アウトからランナーが出ました!」

斎藤「…よし!」

栗山「さすが翔平だ」

菅野はこの日初めての四球を小谷野に与えた

実況「2アウトランナー1、2塁!チャンス拡大です!!」

重さ10kgはある木製バットを振り回し投げ捨てる大嶋

ドスッ

大嶋「俺が…ここで菅野の首を獲るっす…!!」

「6番 キャッチャー大嶋」





508:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:12:49.72 ID:rs+lzok90

カァーンッ

田中「…あ!」

実況「マーくん打たれたァ!!これで4失点目!!」

一方、田中(斎藤)の方はヤクルト打線に捕まっていた

田中(ハァハァ…身体が重い……変化球が全くかからない…)

田中(最近、調子がおかしい…このままじゃ……)


「かっとばせー大嶋ァ!」

大嶋「…行くぜ菅野」

グッ

菅野(アウトは2つ取ってる、それに1、2塁…コイツなら抑えれる)

ビシュッ

大嶋「…うぉっあ!!」

審判「ストライク!!!!」

実況「菅野のキレ味鋭いカットボールに思わず手が出た大嶋!カウント1ストライク!」

解説「大嶋君、スイングスピードは速いんですけどねぇ」





511:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:15:55.55 ID:rs+lzok90

菅野(もう1度、同じ球)

ビシュッ

大嶋「…!」

カァーンッ

かろうじて内角を食い込んで来たカットボールをファールカット

審判「ファール」

菅野「チッ、当てたか」

大嶋(見えて来た…第1打席に比べて随分と見えるようになってきたぞ…!)

斎藤「…大嶋……お前なら打てる…」

実況「第3球!菅野が投げました!」

カァーンッ

阿部「高めのクソボールをファールしたか…」

実況「真ん中高めのボール球を無理やりファールにしました大嶋!」

解説「段々と球に当たるようになってきましたねぇ」





514:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:20:04.24 ID:rs+lzok90

カァーンッ

カァーンッ

その後も大嶋は良い当たりではないが何度も菅野の球に食らいつき

ファールにしていく

カウントはフルカウントとなった

実況「菅野、次でなんと13球目!!カウントも2ストライク3ボール!」

解説「よくノーボールからフルカウントまで持っていきましたねぇ」

菅野(しつけぇ…いい加減にしろ……!)

阿部(フォアボールでも良い、アウトコースに外れるボール球だ)

菅野(こんな奴に四球なんかは…出したくない…!)

ビシュッ

スルッ

菅野「……あ」

ドスッ





516:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:23:39.67 ID:rs+lzok90

審判「デットボール!」

実況「菅野の13球目は大嶋の右太ももを直撃!デットボールです!」

大嶋「…いてててっ………」

菅野は痛がる大嶋に視線を向けずドームの上空を仰いでいた

完全なるすっぽ抜けのデットボールであった

トレーナー「大丈夫?」

大嶋「…大丈夫っす…これぐらい平気なんで」

栗山「大嶋、どんな形であれよく出塁した」

実況「ああっとーー!!!2アウト満塁で日ハム代打です!!!」

栗山「いけるか?」

中田「…いつでもいけます」

実況「ネクストバッターサークルには中田です!!怪我から復帰したばかりです!」





519:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:26:19.29 id:nbzNV9t4i

色黒ヤクザきたああああああああ





521:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:27:22.56 id:mUYJEIXW0

翔さんキター!





522:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:27:58.71 id:nUO6SmIe0

これは熱い展開ですねぇ





526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:29:23.27 ID:rs+lzok90

「バッターは…7番杉谷に代わり……中田…中田」

ワァァァァァァ

実況「観客席から割れんばかりの歓声!!」

解説「本来なら4番に座っているはずの彼ですからねぇ」

菅野(ここで中田…1発だけが怖い……でも俺なら抑えれる…)

中田「…」

栗山「翔なら何とかしてくれる…いける…いけるはずだ!」

斎藤(右手首にテーピングをかなり入念に巻いてたな…やっぱりまだ怪我が治ってないのか…?)

阿部「1発だけ注意しろ、この場面では」

菅野「…フフッ…大丈夫ですよ…俺が中田を仕留めますから」





529:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:33:21.47 ID:rs+lzok90

菅野「…ッシ!!」

ビシュッ

実況「菅野!第1球投げた!!」

中田「…!」

カァーンッ

実況「な、なんと!中田!左手1本でファールにしました!」

解説「ミスショットでしょうか…?」

菅野「左手だけで…」

阿部(こいつ…まだ右手首の怪我が万全じゃないな…)

中田「…」

斎藤「監督、あれじゃあ怪我が悪化するだけですよ!」

栗山「翔を信じろ」

斎藤「……」





532:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:38:41.45 ID:rs+lzok90

中田(片手でもいいとにかく何としてもランナーを返す…)

菅野「…ニタッニヤッ」

阿部(この様子なら150km近いストレートは思い切り振りきれんだろう)

捕手の阿部は内角にストレートを要求

菅野(いいっすねぇ…内角いいっすね!)

菅野は要求通り内角高めに今日最速となる153kmのストレートを投げ込んだ

ビシュッ

中田「……インコース…!」

中田はガッチリと両手でバットを持ち歯を食いしばり

待っていたインコースの球を渾身のフルスイングで振り抜いた

カァーーーンッ!!

菅野「……!!!!」

実況「痛烈なライナーがレフトへ向かったァァァァ!!」





535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:45:20.27 ID:rs+lzok90

阿部(レフトライナーだ…ただのライナーだ…!)

中田「ぐぅっ…」

打った途端、右膝をつき右手首を左手で押さえつける中田

スゥッ

実況「…は、入ったァァァァ!!!!ライナー性の打球がそのまま弾丸ライナーでスタンドへ突き刺さったァァ!!」

実況「中田の一振りで試合を一気にひっくり返しました!!!」

巨人2 日ハム4

菅野「…え……えええ…」

実況「菅野マウンドで呆然と立ち尽くしています!!」

栗山「中田、ナイスバッティングだ」

中田「…ギリギリでした」

大嶋「俺感動しました!!中田さんやっぱ半端ねぇ!!!」

しかし、中田はこの試合後怪我が悪化し再び長期登録を抹消されることに





539:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:49:44.77 ID:rs+lzok90

中田の1発を機に打線が菅野を捉える
実況「あー、ここで原監督がマウンドに上がりましたね」
解説「ここまでよく投げたんですがねぇ」

マウンドには笠原が向かう

阿部「今日はもう仕方ない、集中力も切れてきてるしな」

菅野「…はい」

菅野は目に涙を浮かべながらベンチにへと向かった

この試合をきっかけに菅野はより大きく成長することとなる

……

実況「スコアは4対2!!斎藤が既に9回のマウンドで2アウトまで追い込みました!!」

斎藤「ふう…」

実況「ラストバッター!ロペス!!」

ビシュッ

ロペス「!」

ズバンッ

審判「ストライクーーーーー!!バッターアウトォ!!」





543:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:52:45.27 id:mUYJEIXW0

ロペスwwwww





545:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 10:53:41.04 ID:rs+lzok90

実況「4対2で日ハムがジャイアンツを下しました!!」

実況「菅野対斎藤!見事に斎藤が勝利で収めました!」

解説「復帰登板でよく完投しましたねぇ、素晴らしいですよ」


斎藤「ッシャアア!!」

大嶋「やった!斎藤さんやったっす!」

マウンドで優勝したかのように抱き合う2人

栗山(大嶋と斎藤…次世代を担う若手バッテリーだ)


斎藤「じゃ、俺自転車でホテル戻るんで」

大嶋「お疲れーっす」

チリンチリンッ

斎藤「…あ」

球場の外でとある女性を見かけた





548:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 11:00:02.41 ID:rs+lzok90

里田「…」

斎藤「まい……じゃなくて里田さん!」

里田「あ、斎藤くん!」

斎藤「どうして東京ドームなんかに?」

里田「ホントはマーくんの試合見にきたんだけど…間違えて東京ドームに…」

斎藤「…あ…ああ、間違えてきたのか…」

斎藤(前にマーくんとマートン間違えてたくらいだしな…)

里田「それより、斎藤君も勝利投手おめでとうございます!」

斎藤「あ…ありがとうございます…」

里田「きっと夫も喜んでくれると思います!」

斎藤「……俺が…」

里田「え?」

斎藤「…いや、なんでもないです……じゃ俺はこれで帰ります」

チリンチリンッ





552:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 11:06:46.27 ID:rs+lzok90

斎藤「俺は今の身体のままで本当に人生を終えるのか?」

斎藤「…元の身体に戻る方法を考えないと」

斎藤「でも、どうやって元に戻るか…」

斎藤は大嶋を呼び出し

斎藤とぶつかった日と同じシチュエーションをした

チリンチリンッ

ドスッ

斎藤「いってええええ!!」

大嶋「も、もう止めましょうよ斎藤さん!怪我しますよ!」

斎藤「…す…すまん…もう今日はいいぞ…」

大嶋「お疲れさまーっす」

斎藤「ハハ…何してんだろう……俺……」

斎藤「このまま一生斎藤の身体のままなら…」





563:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 11:12:06.09 ID:rs+lzok90

ガチャッ

田中「ただいま」

里田「おかえり、今日斎藤くんと会ったわよ」

田中「ぼ、僕と…?あ、いや斎藤とか」

里田「復帰したマウンドで初勝利収めてたわ」

田中(あいつ…あんな僕のクソみたいな身体で巨人に勝ったのか…)

田中(クソッ…今更そんなことしても僕には勝てないぞ…!)


黒木「え、斎藤を次の阪神戦に!?」

栗山「中6日でいけるだろう、相手はセリーグ2位の阪神だが」

黒木「…しかも阪神の先発投手って」

栗山「藤浪だ」





570:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 11:16:47.22 ID:rs+lzok90

ズバンッ

審判「ストライクーーーー!!」

実況「藤浪!!最速の153㎞でラヘアを三振に取りました!」

記者「ええ、それではファンの方に一言お願いします」

藤浪「交流戦に入ったばかりなんで、これからも必死のパッチで頑張るんで応援よろしくお願いします!」

ワァァァァァァ


藤浪「斎藤投手ですか…?」

中西「ああ、次の登板の相手は順調にいけばそうなる」

藤浪「分かりました、それまでに調整しておきます」

中西「それに、大谷もいるしファンも喜ぶだろう」

藤浪「はい」





575:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 11:22:09.24 ID:rs+lzok90

ガチャッ

栗山「まあ、そこに座れ斎藤」

斎藤「はい」

スッ

黒木「大嶋も立ってないで座れ」

大嶋「はいッシャァ!!」

栗山「大嶋は今後交流戦の間はずっとマスクをかぶってもらう」

大嶋「そ、それってスタメン固定ってことですか?」

栗山「今は交流戦の間だけ…としか言えん」

黒木「それと、斎藤は」

栗山「今年の交流戦で話題のルーキー3投手に投げ勝て」

斎藤「…!」

黒木「菅野、藤浪、小川だ」

大嶋「それで今度の阪神戦に斎藤さんをぶつけに…」

栗山「厳しい戦いになると思うが頑張ってくれ」





580:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 11:30:45.28 ID:rs+lzok90

大嶋「すごい無茶な課題押し付けられたっすね…」

斎藤「監督は本気だ、俺も本気だけどな」

大嶋「次は甲子園で藤浪と投げ合いっすね!」

斎藤「ああ、いつも通りのピッチングをするだけだ」

大嶋「やりましょう!菅野投げ勝ったんだからいけますよ!」

斎藤(このままどんどん勝ち続けて…いずれ今シーズン中に田中と投げ合う…)

斎藤(そうすれば…きっと何かが起きるはずだ…!)

2人は甲子園にへと向かう為、新幹線に乗り込んだ

果たして2人の身体は元に戻ることが出来るのだろうか

2人の野球人生はまだ始まったばかりであった

第1部 完

 

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 18:45:29.88 id:FYdo3irZ0

自転車に乗りながら球場の外を走っていた俺は

球場の外でランニングしていた斎藤とぶつかり

気が付くと、俺達の身体は入れ替わっていた

俺は元の身体に戻る方法を探しつつ

斎藤の身体を借り日ハムのメンバーとしてシーズンを戦う事になったのだが…





元スレ
ニュース速報(VIP)@2ちゃんねる
田中「斎藤と俺の身体が入れ替わって数ヶ月が経過」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380447929/

 

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 18:52:06.00 id:FYdo3irZ0

栗山「交流戦に突入して今日からは甲子園で阪神戦だ」

黒木「藤浪投手にいきなり斎藤をぶつけるんですね」

栗山「ああ、今の斎藤なら何とか対抗できるだろう」

黒木「大谷と藤浪の対戦だけでもファンは歓喜しますからね」

栗山「うむ」


―甲子園―

藤浪「斎藤さん、よろしくお願いします」

試合前、藤浪が今日先発の俺に挨拶をしてきた

斎藤「ああ、こちらこそ」

斎藤(田中)は軽く会釈をして大嶋とのキャッチボールを再開

大嶋「やっぱ生で見るとすげぇ身長高いっすね!」

斎藤「大谷が193?で藤浪は確かに197cmぐらいだしな」

大嶋「あんなに身長が高い投手なんて日本にそういないですよ!」





21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 18:56:28.24 id:FYdo3irZ0

「9番…ピッチャー藤浪」

ワアアアアアアアアアアアア!!!!!

甲子園に藤浪の名が呼ばれると

全体からタイガースファンの大歓声が鳴り響いてきた

まるで地響きのような歓声である

ズドドド

斎藤(甲子園で投げるのも久しぶりだな)

栗山「大谷、今日は3番でライトだ」

大谷「はい」

「1回の表…ファイターズの攻撃は1番センター陽」

陽「さぁ、行くヨォ」

藤浪「フゥッ…」

藤浪は指についたロージンの粉にフッと強く息を吹きかけた

審判「プレイボール!!」

実況「さぁ!今日はここ甲子園で斎藤vs藤浪の投げ合いが繰り広げられます!!」





28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:00:27.52 id:xPSwk8a80

菅野とは対極的な藤浪の好青年っぷり





33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:04:08.54 id:FYdo3irZ0

実況「斎藤は前回、巨人のエース菅野投手との素晴らしい投げ合いを見せてくれました!」

実況「解説さんは藤浪のピッチングどうご覧になられますか?」

解説「そうですね、2年目に入りましたがまだ投球の粗さというのは残っていますが」

解説「やはり彼の最大の特徴といえば、ピンチの時の要所要所のピッチングですからね」

実況「資料にもランナーを背負う程、被打率が低いとのデータが出ています!」

解説「2年目とは思えない投球をしますよね」

藤浪は大きく振りかぶり





35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:05:04.05 id:FYdo3irZ0

長身独特のインステップ投法から第1球が放たれた

ズバンッ

審判「ストライクーッ!!」

150km

実況「ああーーーー!!っと!1球目で150kmを叩きだした藤浪!!」

解説「インステップ投法ですから右バッターは非常に打ちづらいですね」

実況「藤浪はインステップ投法と呼ばれる股関節が3塁に向いているのに上半身はホームプレート方向に向いているという」

解説「右打者からしてみればこっちに突っ込んで来るんじゃないかと思う恐怖心も芽生えますよ」

実況「1年目から身体の負担がかかるためインステップについては色々と議論がなされていましたからね!」

陽(ストレートがシュート回転してる…)

斎藤「藤浪のストレートは確かナチュラルでシュート回転するって…」

黒木「ああ、それが彼の武器でもある」





39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:11:30.85 id:FYdo3irZ0

清水(ようし、良い球だ…)

実況「藤浪!清水のサインに頷き第2球を投げました!!」

陽「…!」

ズドンッ

審判「ボール!!」

実況「おっと!藤浪力んだか、ボールは真ん中高めに浮きました!」

解説「まだ、やはり制球の点では課題が残っていますね」

藤浪は先頭打者の陽にフォアボールを与えてしまった

「バッターは…2番ライト村田…」

実況「ノーアウト1塁!左打席に村田が入ります!」

栗山(藤浪は左打者を苦手としている、ここは村田の判断に任せよう)

大嶋「いきなり四球出しましたし、案外打てそうですね!」

斎藤「いや…藤浪という投手はピンチを迎えればより投球内容が良くなる」





41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:17:20.16 id:FYdo3irZ0

実況「藤浪!1塁の陽をチラッと見ました!」
ビシュッ

陽「…お!」

藤浪はすぐさま1塁に向かって牽制を投げた……が

新井「…!!」

実況「あああーーーっと!藤浪の牽制球が新井のグラブの下を通過!」

牽制球のミスの間に1塁の陽は悠々と2塁に到達

ズサァッ

ワァァァァァァ!!!

このプレーに両観客席からざわめきが起きる

実況「ノーアウト2塁にチャンス拡大!藤浪は逆にピンチを迎えることに!」





45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:24:02.75 id:FYdo3irZ0

そして藤浪は2番村田に対し1ストライク2ボールとし

置きに行ったアウトコースのストレート綺麗にレフト前に弾かれる

実況「村田レフト前ヒット!!2塁の陽は3塁でストップゥ!!」

解説「ノーアウト1、3塁…大きなピンチですね」

藤浪「…はぁ」

実況「早くも1度阪神内野陣が藤浪の下へ集まります!」

西岡「落ち着け、落ち着け。まだ1回の表や。」

藤浪「今日のライトって今成さんですよね」

鳥谷「ああ」

藤浪「じゃあ、今成さんのとこに打球飛ぶようにしてみようかな」

西岡「そういえば前に今成のエラーの物真似してたな」

藤浪「僕、あれすごく好きなんですよ」

新井(うわぁ…)

実況「っと、マウンドの藤浪ピンチを迎えながらも笑顔です」





47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:28:18.60 id:FYdo3irZ0

実況「さぁ、集まった内野陣が元の定位置に戻ります!」

「3番・・・・・・ライト大谷」

ワアアアアアアアアアアアアア

実況「今日早くも大きな山場を迎えております藤浪!!」

解説「バッターは大谷くん、非常に楽しみな対決ですね」

大谷「…」

藤浪(去年の交流戦の時には2本もヒットを打たれてる)

藤浪(その借りはキッチリと返す)

スッ

藤浪の目の色が変わる

ピンチを迎えることによって彼の本来の投球スタイルが蘇る





49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:32:18.15 id:FYdo3irZ0

ズドンッ

審判「ストライクーーーー!!バッターアウトォ!!」

実況「なんと藤浪、3~5番のクリーンナップを三者連続三振で抑えました!」

解説「これが彼の持ち味ですよ」

栗山「くぅっ…大谷、アブレイユ、大嶋が連続三振…!」

実況「藤浪!この回ピンチを迎えましたが見事に無失点で切り抜けました!」

大嶋「じゃ、行きましょうか」

斎藤(姿違えど俺の魂は田中のままだ、後輩に負ける訳にはいかん)

実況「さぁ!マウンドにはかつての甲子園優勝投手斎藤が!!」





52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:35:22.26 id:fuaN5/8A0

なんだかんだで藤浪はよくやってるよな
小川菅野とならんで新人王あげてもいいくらいだ





54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:38:51.99 id:Q0Qba1Bx0

>>52
今年はルーキーが豊作
例年なら藤浪が新人賞で文句なしだよ





55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:39:28.41 id:snt6rIG00

>>52
今年は豊作過ぎるもんな





53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:37:10.22 id:FYdo3irZ0

「1番、セカンド西岡」

西岡「さぁ、行くで」

実況「バッターボックスには西岡!観客席から大歓声が送られます!」

斎藤(足もあるし塁には出したくはない)

大嶋(好きな所に投げて下さいよ~…)

斎藤が振りかぶり西岡に対して第1球を投げた

ビシュッ

西岡「…!」

コンッ

大嶋「セーフティ…!?」

実況「西岡!!初球セーフティバント!!」

ボールは捕手の大嶋と投手の斎藤の丁度真ん中辺りに転がった

コロコロ

大嶋「斎藤さん!!!俺が刺します!!」

大嶋は転がったボールを右手で鷲掴み1塁へ送球





57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:42:59.73 id:FYdo3irZ0

実況「大嶋の肩が勝つか!!?西岡の足か!!?」

西岡「…っ!!」

ズサァッ

西岡は頭からヘッドスライディングをし1塁へ滑り込んだ

審判「…セーーーーーフッ!!!!」

実況「西岡!!!頭から滑り込み1塁セーフの判定です!!」

解説「ヘッドスライディングは危険なんですけどね」

西岡「っし、別に顔ぐらい傷ついても…勝つためなら大したことない」

「宇宙戦艦ーヤーマート…!」

実況「続いて2番の大和がバッターボックスに!!」

斎藤「嫌なランナーを出したな…この場面なら送りバントも警戒しないとダメだ」

和田監督(スッ)

大和「送りバント……か」





61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:47:20.13 id:FYdo3irZ0

斎藤が第1球を投げると打席の大和はバントの構えを見せた

斎藤「…きた!!」

斎藤は全力疾走で前に飛び出るがバットを1度引く大和

ズバンッ

審判「ストライクッ!」

実況「大和!バットを引きましたがコースがストライク!」

大和「…」

2球目、同じようなコースにボールを投げる

ビシュッ

大和「次こそ…!」

コツンッ

バントをしたが打球は1塁線を切れた

審判「ファール!!」

実況「大和!バントが上手く決まらずツーストライクまで追い込まれました!!」





64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:51:21.25 id:FYdo3irZ0

実況「3球目!斎藤が投げた!」

ビシュッ

コツンッ

大和「…あ」

大和はバントの構えのまま小フライを打ち上げ

キャッチャーの大嶋が飛びついて捕球

審判「アウゥト!!」

実況「大和バント失敗ーーーー!!!」

バットを叩き付け悔しがる大和

次いで3番の鳥谷がバッターボックスに入った

実況「続いて鳥谷が打席に入ります!ここまで四球数セリーグトップです!」

解説「非常に選球眼の素晴らしい選手ですからね」





65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:55:20.80 id:FYdo3irZ0

2ストライクノーボールと投手有利なカウントであったが

なぜか四球を出してしまった斎藤

審判「フォアボール!」

斎藤「くっ…2ストライクまで追い込んでたのに…」

大嶋「次の4番マートンに集中しましょう」

斎藤「…ああ」

実況「4番マートン、ここ5試合で19打数15安打と絶好調です!!」

斎藤(1アウト1、2塁…抑える……絶対に…)

ビシュッ

斎藤「…あ」

マートン「…!」





68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:57:53.12 id:FYdo3irZ0

パキーンッ

スライダーを投げたがほぼ真ん中に入ってきたため

絶好調のマートンはそれを見逃さず初球から振り抜いた

実況「マートン!!マートンの大きな打球は!!!打球はレフトスタンドへーーーー!!!」

ワアアアアアアアアアアアアアアア!!

実況「甲子園大歓声!!!初回、斎藤からマートンの一振りで3点を奪い取りました!!」

西岡「ウェァァァァァァァァイ!!」

実況「そして!ベンチの前ではファンに対する感謝の気持ちグラティを決めました!!」

西岡「グラティィィィ!!!!」

関本「グラッティッ!!!!」





69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:03:07.13 id:FYdo3irZ0

斎藤「……悪い大嶋、失投だ」

大嶋「いえ…初球スライダーなんか要求した俺が…」

斎藤「…甲子園のこの雰囲気…もう1人敵がいるみたいでいつ投げてもやりにくい」

斎藤「敵は選手だけじゃないってことだ」

大嶋「…うっす」

斎藤(3点…きついな……)

斎藤が藤浪と投げ合っている最中

神宮球場では…

田中「フゥッ」

楽天vsヤクルト

先発投手は田中(斎藤)vsライアン小川であった

両者投げ合って3回までは両方ともノーヒットピッチング





71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:08:03.56 id:FYdo3irZ0

「3回の裏……ヤクルトの攻撃は……4番レフト…バレンティン」

バレンティン「カモーン」

打席には昨シーズンの本塁打、首位打者バレンティン

田中(球速が150kmを出なくなった…身体が入れ替わっていい気になってたけど…)

田中(田中の身体を僕が同じように扱うのは無理だったんだ…)

バレンティンへ投げた初球のストレートが高めに浮き

パコーンッ

嶋「…!!」

星野「…チッ」

実況「バレンティンの打球は場外にへと消えていったーーーーー!!!」

小川「ナイス、バレンティ~ン」

実況「今日好投を続ける小川に1点の先制点をプレゼント!!」

田中「…クソッ……!」





73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:15:09.87 id:FYdo3irZ0

その後もライアン小川が独特のフォームで

4~6回まで無失点に楽天打線を封じた

実況「田中の時はいつも打線が爆発するのですが、今日はその打線が沈黙しています!!」

田中「…」

田中(結局、あの後も3点追加点を取られて合計4失点…)

田中(なにをやってるんだ……僕は…)

しかし、好投を続けていた小川が突然7回のマウンドに上がらず

そのまま降板

松井「小川が降板?なにかあったのか?」

星野「さっき、6回終わった時に右太もも手で触ったりして気にしてたから」

星野「大事取って、今日はここで降板なんやろ…」

銀次「だとすれば2番手に上がる投手って一体誰が……」

「ピッチャー小川に代わりまして………由規」





76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:20:13.92 id:FYdo3irZ0

実況「2番手投手はなんと昨シーズン怪我に悩まされた由規です!!」

スタスタ

由規はゆっくりとマウンドに上がった

田中(由規…俺達の1つ下の世代で、甲子園でも投げてたあの投手か…)

相川「投球練習してみてどうだ?」

由規「大丈夫です、今はこの舞台に再び立つことが出来たことに感謝してます」

相川「…そうか、遠慮せず思いっきり投げてこいよ。4点勝ってるんだし。」

由規「はい!」

田中(去年は怪我をしてほとんど登板機会がなかった…そんな彼がまたマウンドに上がるなんて…)

田中(……甲子園……僕は……確かにあの場所で……)

由規「…」

実況「由規!!大きく振りかぶって第1球を投じます!!」





79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:25:50.38 id:FYdo3irZ0

ビシュッ

ズドンッ!!!

審判「ストライクーーーッ!!!」

由規が投じた第1球目のストレートはど真ん中に決まり

スタンドの電光掲示板には160kmと表示されていた

ワァァァァァァァ!!

田中「160……!?」

実況「決まったァァ!!初球160kmの最高級ストレートが決まりました」

解説「素晴らしいストレートですね」

田中(……僕も……僕だって……負ける訳にはいかないんだ…)

実況「躍動のピッチング由規…!」

実況「長い雨の中、ようやく1羽の燕がここ神宮に舞い戻ってきました!!」





81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:33:11.40 id:FYdo3irZ0

……



一方、甲子園は既に6回まで進んでいた

実況「藤浪!ランナーを出しながらもここまで日ハム打線を無失点に抑えています!」

解説「斎藤くんも初回の3点を取られてからは失点はしてませんよ」

「6回の表、ファイターズの攻撃は…5番キャッチャー大嶋…」

「オオッシッマ!!オオシッマッ!!シャァシャァ!!」

大嶋「…まだ藤浪から点が取れてない……俺がなんとかして…」

栗山(大嶋はこの試合の結果次第で降格も有り得る)

大嶋は打席に入り大きな声を上げた

大嶋「お願いしァァシャッスッ!!!!!!!!!!!!」





88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:45:29.45 id:FYdo3irZ0

大嶋「さぁーー!!俺が突破口を開くっすよ!!!」

斎藤「…ここまで全打席三振…か」

稲葉「やはり、まだ打撃能力は1軍レベルに到達してないかもしれない」

稲葉「だけど俺は大嶋くんを信じてるよ」

斎藤「稲葉さん…」

稲葉「彼が1軍に上がってからベンチの雰囲気も良くなったからね」

大嶋「来い!!!!」

藤浪(燃えて来るなぁ、ああいう人がバッターだと)

清水(精度が上がって来たフォークを使ってみるか)

藤浪「コクリ」

実況「藤浪!清水のサインに頷き第1球を投げた!」

ククッ

大嶋「…ウォァッ!!」





90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:49:43.88 id:FYdo3irZ0

審判「ストライクーーーー!!」

実況「大嶋、フォークボールに思わず手が出ました!」

解説「藤浪くんのフォークボール、精度が上がってきてますね」

大嶋「…クッソ~…もう少しで当たりそうなのによぉ…」

斎藤さんにずっと前から聞きたい事があった

でも、それをシーズン中に聞くのは野暮だと思ったから

ひとまず、そのことは今はまだ聞かないでおくっす…

ズバンッ

審判「ストライクッ!!!」

実況「あーーー!っと!大嶋簡単に追い込まれました!」

大嶋(斎藤さん…あんたは俺をどん底から救済してくれた…)





96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:52:54.37 id:FYdo3irZ0

清水(ボール球は良い、このままインコースのカットボールで仕留めよう)

藤浪「…」

スッ

ビシュッ

大嶋「…そんなあんたを負け投手にする訳にはいかねぇんだよ…!!!!」

カキーーーンッ!!!

藤浪「…!?」

清水「あのカットボールを捉えた…!?」

ベンチにいた斎藤も思わずベンチから飛び出た

大嶋の打球は高く、高く舞い上がり

センター大和の頭上を襲った

実況「センター大和、バック…!バック!風はあります!!」





97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:55:58.08 id:wxCyKQSU0

はいれえええええええええ





99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:56:55.35 id:F2COimk+I

いけぇぇぇ





101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:58:00.64 id:FYdo3irZ0

斎藤「…いけ…!頼む……!!」

清水「だ、大丈夫だ…!風のせいで押し戻されるはずだ…!!」

実況「大和まだバックします!!まだバックします!!」

大嶋「行けェェェェーーーー!!!俺の打球ーーーーー!!!!!」

ガシャンッ

実況「…せ、センターのフェンスに直撃!!!!」

大嶋は慌ててバッターボックスを飛び出した

大嶋「クソッタレ…!!!」

センターの大和はフェンスに直撃し転々としているボールの処理に急ぐ





102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:59:10.77 id:wxCyKQSU0

大嶋走っとれよオンドリャwwwwww





104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:00:07.67 id:snt6rIG00

走れよwwww





105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:01:56.35 id:FYdo3irZ0

ダッタダッタ

巨体を揺らしながら大嶋は1塁を蹴って2塁へ

斎藤「お、大嶋ーー!!無理するな!!」

稲葉「センターの大和くんの守備力を考えるとギリギリのプレーになるぞ…!」

俊足大和がすぐさまボールを処理し大嶋が目的地としている

2塁にへと返球

シュッ

大嶋「うがああああああああああああ!!!!!」

大嶋は2塁ベースの手前から身を投げ出し頭から2塁ベースに滑り込ませた

セカンドの西岡がボールを受け取りすぐさま大嶋にタッチを狙う

ズサァァァァァッ





111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:08:24.18 id:FYdo3irZ0

審判は両手を広げ

審判「セーーーーーフッ!!!!!!」

ワァァァァァァ!!!!

斎藤「よっしゃー!よくやった大嶋ァ!!」

実況「大嶋の気迫溢れる打撃と走塁に甲子園球場が魅せられました!!!」

2塁ベース上で大嶋は大きく両手でガッツポーズ

大嶋「斎藤さーーーん!あんたに黒星なんかつけさせないっすよ!!」

斎藤「あの野郎…俺が失点したってのに…」

西岡(けっ、俺と似たような走塁しやがって)

大嶋(はぁはぁ……腰が割れそうなぐらいいてぇけど…これぐらい…)





117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:13:44.32 id:FYdo3irZ0

栗山「代打」

実況「ここで栗山監督動きました!!6番アブレイユに代打です!」

解説「アブレイユは今日、藤浪くんにノーヒットに抑えられてますからね」

稲葉がネクストバッターサークルで素振りを2~3度繰り返した

ブンッ ブンッ ブンッ

稲葉「斎藤、俺もお前達みたいな若手の活躍を目の当たりにしたら…ベテランとして居ても立っても居られなくなってな…!」

斎藤「稲葉さん…大嶋のためにも繋いでください…」

稲葉「ああ、ベテランを信じろ」

斎藤にそう言い伝えると稲葉は静かに打席にへと向かう

この時の稲葉の後ろ姿がとても印象的だった





121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:18:14.45 id:FYdo3irZ0

実況「代打…稲葉です!!」

ワァァァァァァァ

小学生「ああ、稲葉選手だ!」

小学生B「なんで稲葉なん…今シーズン打率2割切りそうやん」

小学生「稲葉選手はきっと打ってくれるよ!」

小学生B「うるさい!打たへんわ!」

ボコッ

小学生「うわああああああんん」


栗山「2割を切りそうな打率だが、私はあえて稲葉をこの場面で起用したい」

黒木「なぜです…アブレイユで良かったはずじゃ…」

栗山「ベテランの力を信じてみたくなったのさ」

黒木「監督……」

栗山「賭けてみようじゃないか、ベテランの意地に」

藤浪(稲葉選手…去年以来の対決ですね……)





127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:25:26.02 id:FYdo3irZ0

実況「今シーズンは開幕当初、スタメンで固定されていたのですが」

実況「打率の低迷により最近は代打専門での出場が多い稲葉!」

解説「ベテラン対若手の藤浪くん、楽しみですよ」

藤浪「…」

清水(初球は様子を見てアウトコースに1球外そう)

藤浪は頷きセットポジションに入った

ビシュッ

稲葉は藤浪のストレートを待ち呼び込む

稲葉「俺は……稲葉だ……!」

パァーーーンッ

ストライクかボールの判定が際どいコースの球を

バットの先端でセンター前に弾き返した稲葉

ワァァァァァ!!!

大嶋は2塁を蹴り3塁に到達





129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:29:37.62 id:FYdo3irZ0

稲葉もゆっくりと1塁ベースに到達し

レガースを外した

そして、3塁の大嶋に向かって親指を突き立てた

グッ

大嶋「…稲葉さん!!ナイスバッティングです!」

初めてこの試合で藤浪を攻めたてノーアウト1、3塁とした

実況「若手とベテランの連続ヒットでチャンスを広げました!!」

和田「久保の準備は?」

中西「はい、いつでもいけるみたいです」

和田「よし…2点取られたらリリーフで久保を投入だ」





133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:31:52.80 id:F2COimk+I

栗山の采配ぱねぇ





135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:34:06.99 ID:4QFkeD6Y0

和田はやっぱりアカン





136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:38:16.51 id:FYdo3irZ0

実況「……藤浪!!7番鶴岡にタイムリーツーベースを打たれ2点を返されました!!」

藤浪「…」

マウンドで汗を拭い首を傾げる藤浪

6回にきて思ったコースに自分の球が投げれないようだ

斎藤(球数が多かったし、さすがに疲れが出て来たか)

8番の中島、9番の斎藤が打席に入る準備をしていた

未だノーアウト2塁

新井「よく投げた藤浪」

藤浪「すいません、思った所にコントロール出来なくて」

実況「藤浪…ここで降板ですかねぇ?」

解説「和田監督の口元を見たら久保って審判に伝えてましたね」

「タイガース、ピッチャーの交代をお知らせします…藤浪に代わりまして…久保」





137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:42:10.91 id:tUtcNg2V0

なんだろうこのドキドキ感





138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:43:28.46 id:FYdo3irZ0

中島「久保…か」

斎藤(昨シーズンはストッパーに転向したらしいけど中々良い成績は出せなかったみたいだな)

久保「うぃっす、サクッと抑えましょうかw」

西岡「頼みますよ」

久保「俺の投球術で抑え込めれるって(ニッ」

新井「…」

……



実況「ああーっと、久保!8番中島にフォアボール!」

久保「…入ってないのかよ」

実況「審判の判定に笑みを浮かべながら首を傾げます」

解説「際どいコースなんですけどねぇ」





140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:48:41.71 id:FYdo3irZ0

実況「久保!9番斎藤に6球目を投げた!」

カーンッ

ボテボテ

斎藤「…チッ!!」

実況「ああー!斎藤の打った打球はボテボテのサードゴロ!」

解説「ノーアウト1、2塁ならば送っておくべきでしたね」

新井弟「…!!やば!きた!」

新井弟は全力疾走でサードゴロに向かう

実況「新井良!ぼてぼてのゴロを捕球しそのままお兄ちゃんの立つ1塁へ投げました!」

ビシュッ

新井「……あっーー」

新井弟の送球は兄の頭上の遥か上をいった





146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:54:07.52 id:FYdo3irZ0

実況「な、なんと!!新井良!!大暴投です!!」

解説「これはいけませんねぇ」

新井弟「お兄ちゃんごめん!」

実況「新井兄が急いで転がったボールを拾いに行きます!」

実況「その間にランナーそれぞれ進塁!ノーアウト満塁です!!」

久保「…イライラ」

新井弟「ご、ごめんなさい久保さん」

新井「すまん…俺達兄弟のミスでピンチを広げて」

久保「……フフフ…気にしない気にしなーい♪」

新井弟(く、久保さん怒ってる…)





148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:00:01.55 id:FYdo3irZ0

結局、新井の暴投からリズムを崩した久保は

日ハム打線に捕まり3点を失った

日ハム5 阪神3

実況「試合はファイターズがひっくり返しました!!」

斎藤はその後も続投で

6,7,8回と順調に阪神打線を0に抑えゲームを作る

「9回の裏……タイガースの攻撃は…5番ファースト新井」

実況「いよいよタイガース最終回の攻撃です!2点を追いかける状況に!」

大嶋「斎藤さん、あとこの回だけっすよ」

斎藤「ああ、これで阪神戦も制することが出来る」





160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:11:43.10 id:FYdo3irZ0

新井「…俺達兄弟のミスで始まったことだ」

斎藤(今日、新井選手を完璧に抑えれてる…気を緩めなければこの回も…!)

ビシュッ

新井「ピクッ」

審判「ストライクーーーーー!!!」

実況「新井!ど真ん中ストレートに手を出しませんでした!」

解説「あれを振らないと厳しいですよねぇ」

大嶋(まだ9回だけど十分球威はある、いけるっすよ斎藤さん!)

斎藤(次はインコース高めに直球だ)

大嶋(うっす)

ビシュッ

新井はその球を待ってたかのようにフルスイング振り抜く

パキーンンッ!!





161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:15:59.01 id:FYdo3irZ0

新井は打球の行方を見届け

まるでホームランを確信したかのようにバットを高く放り投げた

実況「入ったァァァァーーーー!!!新井兄弟のお兄ちゃんが9回!斎藤の球を捉えソロホームラン!!!」

新井「…(グッ」

実況「新井!片手で拳を突き上げながら1塁ベースをゆっくり回ります!!」

解説「ほぼボールに近いんですが、上手くたたんで振り切りましたよね」

大嶋「…い、1点差…」

斎藤「大丈夫だ…まだ1点差だ……」

「6番今成代りまして…福留」

実況「おおおおーーーっと!!ここで代打福留です!!」

福留「一日一善…!」

和田「この采配がゲームを動かす」





166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:23:04.59 id:FYdo3irZ0

稲葉「斎藤くん、あと3人抑えれば良いだけだ」

大嶋「そうっす!まだ1点差なんですから!」

西川「俺達も全力でお前の後ろを守るから、頼んだぞ」

斎藤「……ありがとうございます、必ず抑えます」

実況「福留が今バッターボックス入りました!」

西岡「年棒相応の活躍してもらわんと」

斎藤(斎藤の身体に入って分かったことがあった)

斎藤(あいつは落ちぶれたりなんかしちゃいない…こんなに素晴らしいチームにいるんだ)

斎藤(甲子園で俺に投げ勝ったのも、あいつの努力と実力のお陰だ…マグレなんかじゃない)

ビシュッ

ズバンッ

審判「ストライクーーーーー!!!」

福留「くっ…今のには手が出ない」





167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:24:12.52 id:wxCyKQSU0

頑張れ斎藤佑樹(田中将大ver)





173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:28:21.26 id:FYdo3irZ0

パァーーンッ

実況「福留!!斎藤のチェンジアップを引っ張ったァ!!!」

斎藤「しまっ……」

バシィッ!!

稲葉「この塁は踏ませんぞ…」

審判「アウット!」

実況「…!!1塁稲葉の横を強烈なヒット性のライナーが襲いましたがガッチリ捕球!!」

解説「ヒットでもおかしくない当たりでしたけど、稲葉くんがよく捕りましたねぇ」

福留「くーっ、まぁヒットに近いから良いだろう」

実況「1アウトを取りました斎藤!次は7番の清水です!!」

斎藤(あとアウト2つ……)





174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:29:38.86 ID:7sjmRBiv0

福留wwwwwwwww
仕事しろよwwwwwwwwwww





176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:31:00.76 id:mHo1r/xT0

よくねェよwww





177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:31:41.66 id:Nh5mxiLV0

福留www





182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:36:29.36 id:FYdo3irZ0

ズバンッ!!

審判「ストライーーーーック!!!バッターアウト!!」

実況「斎藤!!清水を三振に切って取りました!今日7個目の三振!」

実況「勝利まであとアウト1つです!!」

小学生「うわああー!斎藤選手あと1人だー!」

小学生B「クソッ…なんで斎藤が…!」

スコーンッ カコーンッ

4本のマスコットバットをネクストバッターサークルで振り回す

斎藤「いよいよ、後1人……」

「バッターは8番…サード新井良…」

ワアアアアアアアア!!!

実況「再び甲子園のタイガースファンが地響きのような歓声を起こします!」

新井弟「…お兄ちゃんの仇を俺が討つ」

実況「新井ブラザーズ!今日は何かをやってくれそうな気がします!!」

実況「お兄ちゃんがホームランを打った日には弟も黙ってはいられません!」





186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:42:41.44 id:FYdo3irZ0

兄がホームランを打った日の新井弟の打率は6割超

実際この試合も打点には絡まなかったが3打数3安打(うち2塁打1つ)

実況「そうです…!タイガースにはまだこの人がいます!!」

大嶋「あとアウト1つっすけど…1発のある怖いバッターが残ってましたね…」

斎藤「投げる球は変えるつもりはない、キッチリと抑えるぞ」

大嶋「はいっす!」

新井弟「…」

新井弟が打席に入った

キャッチャーの大嶋はいち早く何やら嫌な予感を感じた

斎藤(初球は外のスライダー…)

大嶋(…なんだ……なんだろう…いや、そのコースはマズイ気が…)

大嶋(いやいや!なにを言ってるんだ!俺は斎藤さんの考えを信じるんだ!)

斎藤が新井弟に対して投げた初球スライダー

新井弟はそれを無理に引っ張ることなくライト方向へ弾き返す

パァーーーンッ





191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:46:20.62 id:FYdo3irZ0

角度は十分だった

打球はライトのポール際にグングン伸びていく

大嶋「……!!あのコースをライト方向に!?」

実況「アアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!打球はポール際に伸びていくーーーー!!!」

斎藤「……!」

実況「大谷バック!!大谷下がる!!大谷もう1歩下がった!!大谷バック!!」

審判はライト方向へ飛んだ打球の行方を見届け





202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 22:55:06.26 id:FYdo3irZ0

審判は片手を回した

実況「ホーーームラーーーン!!!大谷頭上を越えて行きました新井弟の打球!!!」

実況「新井ブラザーズ!2人で試合を振り出しに戻しましたァァ!!!」

斎藤「……フゥ」

実況「斎藤!思わず天を仰ぎます!」


新井「ナイスナイス!よくやった!!」

福留「グラティッーーーー!!」

実況「そしてホームランパフォーマンスをベンチ前で行います!」

福留「良太、お前ちょっとは使えるじゃねーか」

新井弟「ありがとうございます」

解説「これで同点に追いつきましたねぇ、延長戦も考えられますよ」

実況「斎藤の球数も既に100球を超えてますから交代も有り得ますよ…!……ん?」

ライトの大谷が駆け足でマウンドの斎藤の下にへと向かった





228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:19:55.79 id:FYdo3irZ0

栗山「じゃあ、それでいこうか」

黒木「ええ…斎藤はよく9回まで投げてくれましたよ」

実況「栗山監督が出てきました、ああ…これはどうやら交代ですかね」

解説「大谷くんがマウンドに向かったということは」

「ファイターズ守備位置の変更をお知らせします」

「ライト大谷がピッチャーに」

ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!

今日一番の歓声が甲子園球場に響き渡る

斎藤のリリーフとしてライトの大谷がそのまま投入された

実況「大谷がマウンドに上がりました!!ライトには斎藤の代わりに佐藤が入ります!」

マウンドの斎藤に大谷が詰め寄った

大谷「斎藤さん、お疲れ様です。今日のピッチング胸を打たれました。」

斎藤「…若いお前に負担をかけてすまない。あとは任せたぞ。」

大谷「はい、斎藤さんを負け投手なんかにはさせませんよ」





230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:22:09.55 id:wxCyKQSU0

現実の斎藤と大谷もこんな絆で結ばれて欲しい

てか、このssを斎藤佑樹本人が書いている可能性wwwwww





236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:24:52.38 id:A4GvYy/u0

>>230
斎藤野球やれ





240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:29:56.83 id:FYdo3irZ0

斎藤は手に持っていたボールを大谷に手渡し

バシッと背中を叩いた

斎藤は小走りでベンチにへと向かう

観客席からは惜しみない拍手が送られた

栗山「斎藤、よくやった。俺の見込み通りだ。」

斎藤「後は大谷に任せます」

大嶋「ようし、大谷!初球なに投げたい?」

大谷「…そうですね、160kmのストレートです」

大嶋「お、おいおい!そんな球投げれんのかよ!?」

大谷「投げてみませます、斎藤さんが守り抜いたここを汚す訳にはいきませんから」

大嶋(頼もしい奴だな…)

「タイガース、9番安藤に代わりまして…桧山…桧山」

実況「ここで代打の神様桧山登場です!!阪神の裏方にはまだこの男が残っていたァ!!」

解説「昨シーズンギリギリで引退を撤回されたんですよね、桧山選手は」





244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:32:34.64 id:snt6rIG00

なにやってんだ桧山





245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:33:23.18 id:qbdRxcA80

撤回すんなwwwww





247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:36:34.02 id:FYdo3irZ0

「この一打に賭けろ~」

「誰もお前を止められぬ~」

実況「地響きのような歓声が打席に向かう桧山に送られます!!」

実況「これが甲子園の怖いところです!」

桧山「まだこのユニフォームを着ていたい」

スッ

実況「打席に入った桧山!」

大谷(いきますよ、大嶋さん)

大谷、渾身の力を込め第1球を振りかぶって投げた

ビシュッ

桧山「…っ!」

ズバンッ

「159km」

実況「出ました159km!!これが怪物若手大谷です!」

大嶋(160は出なかったが…これだけ速いストレートを投げ込めれば…)





249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:38:45.21 id:FYdo3irZ0

シュッ

スパンッ

審判「ボールッ!」

実況「2球目の緩いカーブは外に外れましたボール!」

解説「良い緩急だったんですけどねぇ」

大谷「…」

大嶋(力み過ぎだな…もうちょい肩の力抜け)

斎藤「大谷…」

ビシュッ

審判「ボール!」

実況「2球続けてボール!カウントワンストライクツーボール!」





253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:45:08.29 id:FYdo3irZ0

カァーンッ
実況「桧山バックネット裏にファール!」

大嶋(うおお、155kmのストレートファールにしやがった)

福留「タイミングは合ってきてるな」

ビシュッ

カァーンッ

実況「ファール!桧山!粘ります」

その後も大谷の球をことごとくファールにし

徐々に大谷の桧山に投じた球数が増えていくことに

大谷「…っふう」

大嶋(ダメだ…投げる球とコースが思いつかねぇ…どうするべきか)

解説「桧山選手もタイミング合ってきてますから、怖いですねぇ」

実況「ええ、ホームランで阪神のサヨナラ勝ちです」

大嶋(…カーブ…)

大谷(フルフル)

大谷は大嶋のサインに首を振った





256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:51:22.79 id:FYdo3irZ0

大嶋(じゃあ…スライダー…?)

大谷(…)

大嶋(違うのか…じゃあチェンジアップか?)

大谷(フルフル)

大嶋(……ど真ん中ストレート?)

大谷はそのサインにようやく笑みを浮かべ頷いた

実況「ようやくサインに頷きました大谷!」

大嶋(あーもう!お前に託したよ大谷!)

大谷は振りかぶり代打の神、桧山に今日1番となる直球をぶち込む

ビシュッ

桧山(……!!微妙に低い……見送るべきか……!)

バシッ





261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:53:31.26 id:FYdo3irZ0

真ん中より少し低めに決まった大谷のストレート

桧山はボールと思い見送った

審判の判定は……

審判「ストライクーーーーッ!!!バッター――アウト!!」

大谷「うおおおおああああああ!!!!!」

右手でガッツポーズをし雄たけびを上げる大谷

「160km」

スピードガンには160kmと計測されていた

実況「大谷!!160kmのストレートで代打の神様桧山を三振に取りました!!」

実況「延長戦突入です!!」





268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 23:59:27.21 id:FYdo3irZ0

スパァンッ

10回の表、先頭打者の大谷が阪神ボイヤーの球を捉え

貴重な勝ち越しソロホームランを放ち

その1点を大谷自身が守りきり1点差でタイガースを下した

藤浪「完敗です、調子自体は悪くはなかったんですけど」

藤浪「斎藤さん…いやファイターズの皆さんにやられてしまったっていう感じです」

藤浪「次回までには修正して、チームを勝利に導くピッチングをしたいと思います」


黒木「勝ち負けは斎藤にはつきませんでしたが…」

栗山「まぁ、よくこの試合に勝てたものだな」

黒木「本当に斎藤の雰囲気が見違えたみたいで……」

栗山「なにかに取り憑かれてしまったのかもしれんな」





275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 00:05:36.67 id:FYdo3irZ0

一方…神宮での田中(斎藤)は

ズバンッ

実況「試合終了ーーーーー!!田中!!執念の完投勝利!!」

実況「打線が試合をひっくり返し田中が奮闘!」

実況「小川選手のアクシデントもあり途中でリリーフ登板した由規も見事なピッチングでした」

田中(僕は…この身体で満足しちゃいけないんだ)

田中(元の身体に戻って、自分の力で試合に投げ勝ちたいんだ……!)

身体の入れ替わった斎藤(田中)の活躍を極力

新聞やテレビで見ないようにしていたが

どうしても気になり、彼の現状を知り田中(斎藤)は自身の考えを改めた

田中(元の身体に戻れば…田中ともまた投げ合える…)





280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 00:11:45.66 id:FYdo3irZ0

斎藤「今日はもうホテルに戻ってゆっくりするか…」

甲子園を出てバスに乗り込もうとすると

スッ

里田「あ…ナイスピッチングです」

斎藤「…!!」

斎藤(田中)の前に現れたのは里田であった

里田「今日ずっとスタンドから見てましたよ」

里田「チームみんなで勝てて良かったですね…!」

斎藤(どうして、甲子園なんかに…?)

里田「斎藤くん……じゃなくて………あの……そのなんて言えばいいか…」

斎藤「え…?」





281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 00:12:22.31 ID:q/NVox+T0

え・・・?





283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 00:13:40.66 ID:/ltmAGz80

ついにきたか





293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 00:21:22.44 id:FYdo3irZ0

里田「………」

斎藤「…」

斎藤(田中)の心臓が高鳴る

すると、里田は笑顔になりこう言い放った

里田「今は言いません…!」

斎藤「……え?」

里田の発言まだ理解出来なかった

思わず真実を伝えようとしたが、踏みとどまった

里田「私は知ってますから…薄々気づいてもいました」

里田「だから……帰ってきたら、おかえりって言ってあげる…それまで私は待ちます」

斎藤は里田のその一言で全てを察する

里田のさっき自分に見せた笑顔が涙を隠しているようにも見えた

里田「それじゃあ…また」

里田はそう言い残し立ち去っていた

斎藤「……あああああああああああああああ!!!!」





302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 00:28:58.84 id:FYdo3irZ0

……



「菅野!ソフトバンク打線を無失点!今季早くも2度目の完封勝利!」

「藤浪、オリックス打線から10奪三振で7勝目!」

「ライアン小川!完投勝利!防御率ランキング現在セリーグ1位!」


パサッ

栗山「いやまったく、セリーグの若手投手達は本当に素晴らしい」

黒木「ええ…やはりいずれは球界を代表するような投手になると思います」

栗山「この3人…いやもっと出て来るかもしれないな」

コンコンッ

栗山「入れ」

ガチャッ

大嶋「…どうも」

栗山「大嶋か、どうしたんだ」





314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 00:36:35.58 id:FYdo3irZ0

大嶋「実は……」

……



栗山「……腰の怪我…」

黒木「あの時のヘッドスラィディングの?」

大嶋「そうっす…思ったより痛みが引かなくて…」

大嶋「担当医からはこれ以上野球を続けるとスポーツ自体が出来なくなる身体になるって言われたっす」

栗山「……どうして黙ってたんだ?」

大嶋「捕手から外されるのが嫌で……黙っていましたっす…」

黒木「隠しておいた所為で腰が悪化したんだぞ…!」

大嶋「…斎藤さんの球は俺がずっと受け続けていたいんです」

黒木「大嶋…」

栗山「お前が斎藤にどれだけの信頼を寄せているかは分かっている」

栗山「だが、俺はチームを指揮する人間だ。無茶をさせる訳にはいかん。」

大嶋「……」





316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 00:37:59.91 id:yOocdcJv0

さすがに故障者ですぎじゃないか?





317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 00:38:55.30 ID:8p5tUYc30

>>316
今年のヤクルトを舐めてはいけない





321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 00:45:54.78 id:FYdo3irZ0

栗山「けどな、そんな情熱的な願いに俺は弱いんだよ」

大嶋「…じゃ、じゃあ……」

栗山「斎藤の登板時にだけお前にマスクを被らせる」

栗山「それと、打席に立ってもフルスイングするな」

栗山「お前斎藤の最高の恋女房役として試合に出てあいつを支えてやれ」

大嶋「……はいッス!!!!あ、ありがとうございます!!!!」

大嶋は大きな声を上げ監督に頭を下げた


斎藤は休日を返上しチームのブルペンで投げ込みをしている

斎藤「…はぁ……はぁ」

同じく田中(斎藤)も楽天の練習場でハードな練習をこなしていた

田中(シーズンの後半に…必ず……)

斎藤「元の身体に戻って斎藤と投げ合ってみせる……!」

ズバンッ!!


完